風の視線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

風の視線』(かぜのしせん)は、松本清張長編小説。『女性自身1961年1月3日号から12月18日号に連載され、1962年8月に光文社カッパ・ノベルス)から刊行された。都会に暮らす孤独な男女の、さまざまな愛の交錯を綴る、ロマンチック・ラブストーリー。

1963年松竹で映画化、また2度テレビドラマ化されている。

あらすじ[編集]

結婚式をあげて間もない若手カメラマン・奈津井久夫は、新妻に構わないまま、雑誌の取材旅行に出掛ける。同行の作家や編集者は、奈津井の仕事熱心に驚くが、彼の行動には理由があった。奈津井は人妻・竜崎亜矢子のセッティングに基づき見合いをし、気持ちの整理もつかないうちに、野々村千佳子と結婚する運びとなった。仕事を終えた奈津井は、千佳子とむなしさの漂う新婚初夜を迎える。千佳子の心も、奈津井から遠く隔たっていた。彼女は奈津井をまるで他人のように眺めていた。

奈津井たちの参加する写真展を企画していた久世俊介は、空港の玄関を出たあと、古風な顔立ちの女性・竜崎亜矢子と合流する。亜矢子の心は、海外に赴任中の夫・重隆からすでに離れていた。しかし、眼がほとんど見えなくなっていた重隆の母・總子や親戚のことを思うと、夫との離婚は彼女には考えられなかった。そんな折、重隆は突然帰国するが、妻との冷えた会話のあと、自宅に戻らずホテルに滞在する。寂寥のなかで、久世からの電話に胸騒ぎを覚える亜矢子。他方、重隆の帰国に気持ちの落ち着かない自分に気づき、うろたえる久世。

葛藤の末に、それぞれが選んだ愛の決断は…。

主な登場人物[編集]

原作における設定を記述。

奈津井久夫
写真界から期待されつつある新進のカメラマン。若い写真仲間で結成したグループ「杉の会」のメンバー。
野々村千佳子
奈津井と結婚することになった女性。その過去は…。
竜崎亜矢子
古風な家庭環境で育ち、青山の元華族に嫁いだ人妻。
久世俊介
R新聞社事業部次長。大型企画を次々に成功させ、現在は一目置かれる存在。杉の会の理解者。
竜崎重隆
亜矢子の夫で元華族。M物産シンガポール支社長。
竜崎聡子
亜矢子の姑。視力を失っている。
久世英子
久世の妻。
山岡ミチ
銀座裏のバー「クラウゼン」のマダム。
長沖保
杉の会メンバーで奈津井の写真仲間の一人。

関連項目[編集]

映画[編集]

風の視線
The Hidden Profile
監督 川頭義郎
脚本 楠田芳子
製作 脇田茂
出演者 新珠三千代
岩下志麻
佐田啓二
園井啓介
音楽 木下忠司
撮影 荒野諒一
編集 杉原よ志
配給 松竹
公開 日本の旗 1963年2月17日
上映時間 105分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1963年2月17日公開。製作・配給は松竹。原作者の松本清張が作家・富永弘吉役として出演している。DVD化されている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

テレビドラマ[編集]

1962年版[編集]

1962年4月2日から7月30日まで、NETテレビ(現:テレビ朝日)系列の『黒龍劇場』(黒龍堂一社提供)にて全18回の連続ドラマとして放送。同枠はそれまで月曜22:00 - 22:45で放送されていたが、本作より22:00 - 22:30に短縮された。東海地区では、4月3日から7月31日まで(13:20-13:50)放映された。

キャスト(1962年版)[編集]

スタッフ(1962年版)[編集]

NET系列 黒龍劇場
前番組 番組名 次番組
山麓
(22:00 - 22:45)
風の視線
(1962年版)
劇場中継

女 あざらしの女

1970年版[編集]

1970年4月27日から7月24日まで、フジテレビ系列にて全65回の連続ドラマとして放送。放送時間は平日13:45 - 14:00。

キャスト(1970年版)[編集]

スタッフ(1970年版)[編集]

フジテレビ系列 平日13:45 - 14:00枠
前番組 番組名 次番組
素足の女
(1970.1.26 - 4.24)
風の視線
(1970年版)
星から来た女
(1970.7.27 - 10.23)

外部リンク[編集]