火と汐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

火と汐』(ひとしお)は松本清張推理小説。『オール讀物1967年11月号に掲載され(掲載時の挿絵は生沢朗)、1968年7月に中編集『火と汐』収録の表題作として、文藝春秋(ポケット文春)から刊行された。

1996年2009年にテレビドラマ化されている。

あらすじ[編集]

目黒に住む33歳の劇作家・曾根晋吉は、芝村美弥子と、秘密で京都に宿泊していた。金属会社に勤める美弥子の夫は、神奈川県油壺三宅島を往復するヨットレースに参戦しており、8月17日の夫の油壺到着までに、美弥子は京都から油壺に戻る算段になっていた。8月16日の夜、晋吉は美弥子と、ホテルの屋上から、大文字焼を見物していたが、その最中、晋吉の気づかぬ間に、人混みの中で美弥子が消失する。彼女のスーツケースは部屋に残されたままであった。

秘密の旅行ゆえ、事情を告げるわけにもいかず、困惑したまま晋吉は東京へ戻った。8月18日の新聞記事に晋吉は驚く。美弥子の夫・芝村の乗るヨットが、油壺に帰着する途中、三浦半島沖合で、ワイルドジャイブを起こし、同乗者の上田伍郎が死亡したという。美弥子のことを言えぬまま、入院した芝村に見舞いの電話をかける晋吉。ところが、美弥子の死体が晋吉の自宅近くで発見され、芝村と顔見知りだった晋吉は、警察に参考人として呼ばれてしまう……。

テレビドラマ[編集]

1996年版[編集]

松本清張スペシャル
火と汐
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:00 - 22:52
放送期間 1996年9月13日
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
企画 遠藤龍之介(フジテレビ)
監督 松尾昭典
原作 松本清張『火と汐』
脚本 金子成人
プロデューサー 名島徹(レオナ)
小坂一雄(レオナ)
林悦子(霧企画)
出演者 神田正輝ほか
テンプレートを表示

松本清張スペシャル・火と汐」。1996年9月13日フジテレビ系列の「金曜エンタテイメント」枠にて放映されたスペシャルドラマ。視聴率19.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

キャスト
スタッフ
フジテレビ系列 金曜エンタテイメント
前番組 番組名 次番組
怖い女シリーズ4
愛という名の牢獄
(1996.8.23)
松本清張スペシャル
火と汐
(1996.9.13)

2009年版[編集]

松本清張生誕100年記念スペシャルドラマ
火と汐
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:00 - 23:04
放送期間 2009年12月21日
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 竹之下寛次
原作 松本清張『火と汐』
脚本 田中晶子
プロデューサー 浅野敦也(ドリマックス・テレビジョン)
出演者 寺尾聰
渡部篤郎ほか
テンプレートを表示

松本清張生誕100年記念スペシャルドラマ・火と汐」。2009年12月21日(松本清張の生誕日)、TBS系列にて放映されたスペシャルドラマ。視聴率は15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。原作と異なり、前半から、刑事側の視点を中心としたストーリー構成となっている。

キャスト
スタッフ

外部リンク[編集]