薄化粧の男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

薄化粧の男』(うすげしょうのおとこ)は、松本清張短編小説。『婦人公論1961年3月号に、『影の車』第3話として掲載され、1961年8月に短編集『影の車』収録の一作として、中央公論社から刊行された。

1982年1998年にテレビドラマ化されている。

あらすじ[編集]

3月3日の午前5時半頃、練馬区春日町の路上に止まっているルノーの車内から、ゴム会社の課長・草村卓三の死体が発見された。ルノーの前方には、その場所に存在しないはずの「工事中・通行止」の標識が出されていた。草村はすでに54歳になっていたが、自己の美貌に未だ自信を持っており、淡い色の眼鏡をかけ、顔に薄化粧を施したりする男であった。捜査本部は事件を様々な角度から検討したが、可能性はことごとく潰えてしまう。

テレビドラマ[編集]

1982年版[編集]

松本清張の薄化粧の男
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:00 - 21:54
放送期間 1982年3月18日
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
監督 田中登
原作 松本清張『薄化粧の男』
脚本 吉田剛
プロデューサー 佐々木孟
白崎英介
川田方寿
出演者 岡田茉莉子ほか
テンプレートを表示

松本清張の薄化粧の男」。1982年3月18日テレビ朝日系列の「春の傑作推理劇場」(21:00-21:54)にて放映。

キャスト
スタッフ
テレビ朝日系列 春の傑作推理劇場
前番組 番組名 次番組
嫉妬
(原作:藤本義一
(1982.3.4)
松本清張の薄化粧の男
(1982.3.18)
妻よ安らかに眠れ
(原作:菊村到
(1982.3.25)

1998年版[編集]

松本清張七回忌特別企画
薄化粧の男
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:00 - 22:52
放送期間 1998年6月26日
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
企画 清水賢治(フジテレビ)
瀧山麻土香(フジテレビ)
監督 松原信吾
原作 松本清張『薄化粧の男』
脚本 田中晶子
プロデューサー 小坂一雄(レオナ)
出演者 大谷直子
斉藤由貴ほか
エンディング 工藤静香雪・月・花
テンプレートを表示

松本清張七回忌特別企画・薄化粧の男」。1998年6月26日フジテレビ系列の「金曜エンタテイメント」枠(21:00-22:52)にて放映。視聴率17.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

キャスト
スタッフ
フジテレビ系列 金曜エンタテイメント
前番組 番組名 次番組
松本清張七回忌特別企画
薄化粧の男
(1998.6.26)