西山繭子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
にしやま まゆこ
西山 繭子
本名 同じ
生年月日 (1978-01-21) 1978年1月21日(39歳)
出生地 東京都
国籍 日本の旗 日本
血液型 A型
職業 女優
作家
ジャンル 映画
テレビドラマ
活動期間 1997年 -
著名な家族 伊集院静(父)
公式サイト FLaMme official website - 西山繭子
主な作品
テレビドラマ
愛なんていらねえよ、夏
瑠璃の島

西山 繭子(にしやま まゆこ、1978年1月21日 - )は、日本女優作家。所属事務所はフラーム東京都出身。大妻中学校・高等学校大妻女子大学文学部英文学科卒[要出典]。身長165cm。スリーサイズはB82cm/W59cm/H84cm、靴のサイズ24cm。趣味は裁縫、掃除。特技はバトントワリング。実父は作家の伊集院静

来歴[編集]

作家の伊集院静とその最初の妻との間に生まれた2人姉妹の次女。出生前に父親が家を出[1]1980年(当時2歳)に両親が離婚しており、本人いわく「父と一度も一緒に暮らした記憶がない」。母親は保険外交員となって姉妹を育てた[1]。幼稚園のときに父親の存在を知ったが、初めて会ったのは私立中学に合格した13歳のとき[1]。小学校の時からクラシックバレエを始め、中学・高校時代はチアリーディングに熱中。

芸能界に入れば父親に会えると考え[1]、大学在学中の1997年UHA味覚糖「おさつどきっ」のCMでデビュー。以後は女優として活動。テレビドラマを始め、小説執筆など、さまざまな分野で活動中。

人物[編集]

  • 近視のため眼鏡も使用する。
  • 見た目は清楚で大人しいイメージだが、素顔は「闘志を内に秘めたタイプ」と共演した松嶋尚美インリン・オブ・ジョイトイに評された。本人は自らを「口ベタ」と思っているという[2]
  • 休日にはクラブ、またショッピングや旅行にも一人で行く[2]
  • 酒好き。またロックが好きでライブにも通う。ギターも弾ける[2]
  • 積極的な性格で、自分から告白などもする。以前、好きな人に気持ちを伝えるために小さな池に飛び込んだ。しかし彼はその様子に呆気に取られ、その恋は実らなかったという。本人も反省しているらしく「そりゃあ、引きますよね…」と出演時に述べた[2]
  • サッカーフリーク。1998年のフランスでのワールドカップは観戦のために一人で渡仏した。ゲーム観戦時には、選手の彼女目線、母親目線になると言う。[3]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

  • フォーティンブラス(2003年2月24日 - 3月23日)
  • きみがいた時間 ぼくのいく時間(2008年2月28日 - 4月28日、演劇集団キャラメルボックス)
  • 御用牙(2009年3月20日 - 29日)
  • LOVE LETTERS(2009年12月12日)
  • ゴールデンアワー(2010年2月5日 - 14日)

ドキュメンタリー[編集]

出版[編集]

著作[編集]

  • 『色鉛筆専門店』(2007年、アクセス・パブリッシング)
  • 『しょーとほーぷ』(2008年、マガジンハウス/2012年、PHP文芸文庫)
  • 『ワクちん』(2010年、PHP研究所
  • 『未来のわたしたち』(2012年、ソニー・デジタルエンタテイメント)
  • 『Dr.ルナの不思議なカルテ』(2013年、PHP文芸文庫)※『ワクちん』改題
  • バンクーバーの朝日』(2014年、マガジンハウス文庫)※映画のノベライズ

連載[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 2010年2月28日毎日新聞日曜版 親子インタビュー「伊集院静×西山繭子」
  2. ^ a b c d グータンヌーボ出演時(CX、2008年7月9日放送分)に話したエピソード。
  3. ^ FOOT×BRAINスペシャル〜W杯まで25日!日本代表応援SP〜(テレビ東京、2014年5月18日放映)出演時に本人談。
  4. ^ 西山繭子の「女子力って何ですか?」”. 全く新しい大人のwebマガジン TV&smile (2016年4月18日). 2016年4月19日閲覧。
  5. ^ 西山繭子”. Grapps (2016年4月18日). 2016年4月18日閲覧。
  6. ^ 西山繭子のウェブ短編小説東京23話”. 東京新聞ほっとWeb (2016年4月18日). 2016年4月19日閲覧。

外部リンク[編集]