清水賢治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

清水 賢治(しみず けんじ、1961年1月3日 - )は、フジテレビジョン執行役員総合開発局長。元フジテレビプロデューサー。

略歴[編集]

1983年慶應義塾大学法学部を卒業し、フジテレビに入社。

入社以来編成畑を歩み、テレビプロデューサー映画プロデューサー、編成部副部長、スカパー・ウェルシンクの取締役部長、フジテレビジョン映画事業局映画制作部長などを歴任。

Dr.スランプ アラレちゃん』『ドラゴンボール』『ちびまる子ちゃん』など多数の大ヒットアニメをプロデュースしドラマでも『世にも奇妙な物語』などを手がけ成功を収めた。他にもJOCX-TV2枠での深夜番組の企画にも多く参加していた。

出向先であったスカパー・ウェルシンクでも数々のアニメ番組やドラマの企画に携わり特に『地獄少女』のテレビ局の垣根を越えた製作手法は高く評価された。こうしたことから、1970年代の別所孝治、1980年代の岡正と並んで日本のアニメを牽引してきたフジテレビ・アニメ史を語る上では外せない人物である。

2009年6月26日よりフジテレビジョン(フジ・メディア・ホールディングス)経営企画局経営企画室長に着任。

2012年6月28日よりフジテレビジョン総合メディア開発 メディア推進局長に着任。

2013年6月27日よりフジテレビジョン総合開発局長に着任。

2014年6月27日よりフジテレビジョン執行役員総合開発局長(現職)。

担当番組[編集]

プロデュース[編集]

アニメ[編集]

ドラマ[編集]

企画[編集]

製作[編集]

脚注[編集]

フジテレビ採用 - トップが求める人材像 清水賢治

関連項目[編集]