おだまりコンビシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おだまりコンビシリーズ
ジャンル テレビドラマ
脚本 南千尋
監督 鶴巻日出雄
合月勇
出演者 美川憲一
加賀まりこ
オープニング 主題歌を参照
エンディング 主題歌を参照
製作
プロデューサー 挟間忠行
川上秀次郎
制作 フジテレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1999年6月18日 - 2002年2月15日
放送時間 変遷を参照
回数 4

おだまりコンビシリーズ』は、1999年から2002年までフジテレビ系「金曜エンタテイメント」で放送されたテレビドラマシリーズ。全4回。主演は美川憲一加賀まりこ

2013年には舞台版も上演された。2016年11月6日BSフジで設定を大幅に変更した「黒蠍」(くろさそり)が放送された。

ストーリー[編集]

昔は売れていたスター演歌歌手の岬倫太郎(演:美川憲一)と元女優でうるさ型マネージャーの大城菜々子(演:加賀まりこ)の「おだまり!コンビ」が、毎回毎回、若手プロデューサーの多岐川直人をこき使って、テレビ芸能界が絡んだ複雑な殺人事件に挑戦し、解決していく。

かつてはスターの演歌歌手だったが、今は売れない歌手の岬倫太郎。それでも現在のマネージャーの大城菜々子がついた当初は、トーク番組のレギュラーを数本持っていた。岬はいやいやながらも出演を続けていたが、自身の毒舌がもとで番組を降ろされてしまった。第4作では、レギュラー番組もまったくなくなり、向こう1年間のスケジュールが空白となっていた。

劇中で岬はマネージャーの大城のことを「菜々子」もしくは「あんた」と言い、大城は岬のことを、「倫ちゃん」もしくは「あんた」、「おたく」と呼び合い、若手プロデューサーの多岐川直人に対しては、二人とも「多岐川くん」、「多岐川」、「あんた」と呼び、そのほかの人物に対してはほとんどにおいて「あんた」や名前で呼んでいる。また、岬も演じる美川と同様にオカマ口調で話す。

各作ともオープニングの冒頭は岬が自身のヒット曲「雪の海峡」(楽曲の歌詞は美川の持ち歌の「さそり座の女」と同じ)を歌っている営業のシーンから始まる。また、エンディングは、岬倫太郎と大城菜々子が口喧嘩をしながら帰るシーンである。

キャスト[編集]

レギュラー[編集]

岬倫太郎
演 - 美川憲一
「ゼブラプロダクション」所属の売れないスター演歌歌手。
大城菜々子
演 - 加賀まりこ
「ゼブラプロダクション」の社員で岬のマネージャー。元女優。
多岐川直人
演 - 細川茂樹
度々登場する「ワールドテレビ」若手プロデューサー。
津川広明
演 - ベンガル
岬の所属する「ゼブラプロダクション」の社長。
毎回登場するオカマ
演 - 吉野ママ

ゲスト[編集]

第1作「芸能界殺しのパズル」(1999年)
第2作「芸能界殺しのシナリオ」(2000年)
第3作「芸能界殺しのオルゴール」(2000年)
第4作「芸能界殺しの輪舞(ロンド)」(2002年)

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル ラテ欄 脚本 監督 視聴率
1 1999年6月18日 芸能界殺しのパズル 業界一うるさい売れない演歌歌手と
元女優の勘違い熟女マネージャーが連続殺人に突入!
血の復讐! 真実は人形だけが知っている…
南千尋 鶴巻日出雄 22.1%
2 2000年2月25日 芸能界殺しのシナリオ あの最強コンビが帰ってきた
売れない演歌歌手と勘違いマネージャーが今夜も大暴れ・
四国巡礼殺人行・祭りばやしに美女が死ぬ。
20.0%
3 10月06日 芸能界殺しのオルゴール 念願の紅白めざして、
あの業界超最悪の勘違いコンビが今夜もまた大暴れ!
売れない歌手が再起を夢見た時戦慄の殺人が始まる。
14.4%
4 2002年2月15日 芸能界殺しの輪舞(ロンド) あの売れない歌手と勘違いマネージャーが帰って来た!
童謡「赤い靴」に秘められた、母娘の宿命が殺人を招く!
合月勇 14.0%

舞台版[編集]

2013年5月9日から16日にかけて名古屋中日劇場で「美川憲一のおだまり!劇場」第一部『岬倫太郎事件簿〜黒い未亡人』として上演された。

キャスト
スタッフ

黒蠍[編集]

テレビシリーズ終了後、同じく美川主演でシリーズ新作「黒蠍」(くろさそり)が撮影され、「金曜プレミアム」枠での放送を予定していたが、諸般の事情から同放送枠での放送はお蔵入りとなり、2016年11月6日BSフジで初放送が行われた。

売れない演歌歌手・岬倫太郎が主人公であることはそのままだが、「闇の仕置人の、正義の暗躍」がストーリーの軸となり、各種設定が大幅に変更されている。

キャスト
スタッフ

脚注[編集]

  1. ^ プロフィール - 劇団東俳(アーカイブ)
  2. ^ プロフィール - ビッグアップル(アーカイブ)
  3. ^ プロフィール - ラッシュアップ
  4. ^ プロフィール - テアトル・エコー(アーカイブ)
  5. ^ プロフィール - フレッシュハーツ
  6. ^ プロフィール - NEWSエンターテインメント
  7. ^ IKKO - Twitter 2016年11月5日
  8. ^ プロフィール - NEWSエンターテインメント
  9. ^ プロフィール - BLUE LABEL
  10. ^ プロフィール - ぷろじぇくと大和

関連項目[編集]

外部リンク[編集]