IKKO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
IKKO
生誕 1962年1月20日(54歳)
福岡県田川郡福智町
職業 美容家
公式サイト
http://ikko.cc/

IKKO(いっこー、1962年1月20日 - )は、日本タレント、芸人。本名:豊田 一幸(とよだ かずゆき)美容家になる前はヘアメイクアーティストとして活動していた。

IKKO」は本名の音読み「いっこう」に由来する。

雅冬炎(みやび とうえん)の名前で書家としても活動している。

来歴[編集]

福岡県田川郡福智町(旧方城町)出身。福岡県立西田川高等学校を経て、北九州美容専門学院(現福岡美容専門学校 北九州校)卒業。

高級美容室「髪結処 サワイイ」で8年間美容師としての修行を経て、ヘアメイクアップアーティストを目指して独立。1992年に30代で「アトリエIKKO」を設立・主宰し、雑誌の表紙をはじめ、テレビCM、舞台等でヘアメイクとして活動。特に和装ヘアメイクを通じ多くの女優の支持を受け、IKKO流「女優メイク」を確立する。また、司会者でフリーになった直後の逸見政孝の専属ヘアメイクを務める。逸見が亡くなった際の死化粧も行った。月命日には欠かさず花を贈るなど、現在でも逸見の家族とは親交がある[1]。女性誌の表紙・ファッションページや、テレビ・CM・舞台・バラエティに出演するほか、トークショーも行う。

常に数誌の女性誌の連載を抱えており、現在は『non-no』、『MORE』、『美人百花』など。ディナーショー、トークショーではメイクデモンストレーションを行うなどして、本業美容家としての活動をしながら、自身の持ち歌や山本リンダの「どうにもとまらない」を歌うなど、エンターテイナーとしての顔も持っている。2009年には全国30ヶ所ツアーも開催された。

2006年7月10日、全国各地で行われている美容&ファッション&エンターテインメントの集大成的イベント、初の「IKKO WORLD」が地元福岡のホテルニューオータニ博多で開催される。進行、音響照明、舞台、出演モデルオーディションなどすべて自身で手掛け、モデル10名の衣装、メイクもすべて自身のプロデュース。昼夜あわせて1,800名の動員数であった。

同年7月には初エッセイ『超オンナ磨き〜美のカリスマIKKOの幸せを呼ぶゴールデンルール』を出版し、「コンプレックスこそオンナ磨きの原点」として、自分の体験から得た誰でもすぐできる実践的なノウハウを伝授、「新・美のカリスマ」と呼ばれる。世界文化社から出版された、『IKKO 女の法則』、『IKKO キレイの魔法』の合計販売数は30万部を突破している。

韓国観光名誉広報大使の他、同国の化粧品会社「Etude House」のキャンペーンキャラクターも務める等、活躍の場を海外にまで広げている。また、2007年12月には『どんだけ〜の法則』でavexより歌手デビュー。自身が紹介したBBクリーム、コロコロローラーが人気を博す。

2005年より、IKKOプロデュースの振袖ブランドを展開、販売が開始される。

2006年10月より始まった『おネエ★MANS』(日本テレビ)に出演。一般人にも解かり易くスキンケアやメイク指導をしたり、芸能人の変身を行うコーナーを主に担当。エマニュエルウンガロやグッチなどのハイブランドを身につけて出演。

2007年の流行語大賞にノミネートされた自身の「どんだけ〜!」は現在も健在。関西にある大学の国文科の授業でとりあげられたり(2009年、2010年)、教材に掲載されたりした。

2009年5月から9月まで行われた全国30箇所ツアーでは、本業であるメイクの部と、語り、エンターテイメントの歌、踊りの部があった。「メイクの部」では、モデルへのメイクアップと共に、客席の中から選んだ一般人へのメイクが行われた。「語り」では自身の半生を振り返り、「積もる雪」というテーマで語られた。30箇所全て同じ話ではなく、その時の観客を見て内容は変えられていた。「エンターテイメント」は、自身の持ち歌「どんだけ〜!の法則」や「ウルトラアゲアゲDancing」などがダンスと共に披露された。その模様は、『今日感テレビ(RKB毎日放送)』や、『カウントダウン・ドキュメント 秒ヨミ!(中京テレビ日本テレビ)』でも放映された。

2009年夏には、大塚製薬主催の「ポカリスエット みんなの全力応援CP」[2] のIKKO賞の講師として、全国6ヶ所をメイク指導に訪れた。2009年8月、「IKKOの女アゲアゲツア〜!」(goomo)というwebサイト上の番組が配信された。

世界文化社から出版された『IKKO女の法則』『IKKOキレイの魔法』両著書が併せて30万部を突破した記念として、2009年8月にBEST HIT賞を受賞する。記念品として、IKKOをイメージしたという妖精をモチーフにした、ラリックのグリザリードというクリスタルのオーナメントが贈られる。お祝いとして各3千部限定で、金帯のつけられた両著書も店頭に並んだ。

2009年9月、著書『IKKOのキレイを磨くin韓国』が、ガイドブックとしては異例の販売15ヶ月で6万部を突破した。達筆で、著作や連載誌には自筆で格言を載せる。2009年9月2日から9月7日まで名古屋栄三越デパートで行われた「IKKO WORLD 美の扉」でも書のみのブースが存在した。また、自身がキャラクターを務めたSchick Quattro4 for womenの商品やロッテレモビタのど飴の包装ひとつひとつにIKKO格言がついている。2009年格言付きカレンダーも発売した。

韓国観光名誉広報大使の任命、ソウル観光大賞受賞や、ETUDE HOUSEのプロデュースに携わるなど、韓国コスメを日本に広め、日韓交流の橋渡しをした民間外交官としての活躍が認められた。2009年ソウルにSTAR AVENUE LOTTE TOWNがオープンすると、並み居る韓流スターと肩を並べ、STAR AVENUEに単独ブースIKKOメイクルームが出来たり、等身大のパネルの展示や手型が飾られている。2009年10月には、韓国ETUDE HOUSE店内に、「ドリーミングハウス」というIKKOの軽井沢の別荘をイメージしたミニチュアハウスも完成。

2009年10月1日より開局したDATVのオープニングセレモニーに、2009年10月8日には釜山で行われたアジア最大級の映画の祭典、国際映画祭のオープニングセレモニーに出席。また、2009年10月より2010年3月まで、『IKKO’SセキララTV』という自身の単独番組が放映された。

2010年3月19日に福岡パルコ4階に「Pink by IKKO」というセレクトショップをオープン。一部商品を使ってのデモンストレーションがあり、IKKO本人が来店することもある。この店の制服には、IKKOが幼い頃より憧れていた日本航空(JAL)の制服の一部を改良したスチュワーデス姿が採用されている。

2010年4月28日 「GORGEOUS」という香水をプロデュースし発表する。キャッチフレーズは「忘れられない、離れられない。」。地域限定ではあるがCMも放送された。

2010年5月からはトヨタ・パッソのwebサイト上の「ハナ女子大」にて講義を開講。乙女達の悩み解決のために特別講師として出演。

本業のみならずモデルにも挑戦。2007年「神戸コレクション」にオオトリとして出演。2009年「神戸コレクションプリュス」「福岡アジアコレクション」に出演。「神戸コレクションin神戸」の第2回目のシークレットゲストとして出演。2010年「GirlsAward」に出演。

2010年9月に表参道・青山で行われた「VOGUE」主催のFASHION'S NIGHT OUTのオープニングセレモニー内ファッションショーにてオオトリを務める。

2010年10月、自身の経験からも魅力的な自分であるために、『輝く瞳』推進委員会から「瞳の黄金比率」親善大使に任命される。

2011年11月、出身地である福岡県福智町より、観光大使に任命された[3]

2012年、よかよかエアラインズのCAに抜擢され、就任した。同年7月31日羽田空港第一ターミナルでプロジェクトの発足記念式典が開催され、 九州各県の代表者、航空各社CA及び九州各地のゆるキャラと共に、自らデザインを手がけたCAの制服に身を包み、大規模な観光キャンペーンのキックオフを通じて空港利用者に地元九州の活性化を願い、アピールした。

2012年9月、福岡キャナルシティ博多に自らがプロデュースした「PEACH DOLL」という店をオープンした。店名「PEACH DOLL」の由来は、「まるでお人形さんのような透き通る桃色の肌」をイメージし、「永遠のGirlish」という2つのテーマに沿うようなモノをと、つけられたとのことである。

2012年10月11月には、NHKの『趣味DO楽』番組内の中で全8回に渡り広瀬香美より歌唱指導を受け、喉だけではなく身体全体で歌うことの大切さを学び、広瀬の母校である福岡女学院で最終お披露目を観客の前で行った。

2012年11月、自慢の書道の腕前を活かして、「道 IKKOの字語りエッセイ」が芸術新聞社より発刊される。

2012年12月に行われた岡崎ニューグランドホテル、立川グランドホテルでのディナーショー時、久々に口上を述べた。

2013年1月、DFS沖縄新春トークショーが行われ、毎年DFSではIKKOをトークショーに招いている。空港免税店には、毎年ショー前になるとIKKOの大きなポスターが飾られる。

東北大震災後チャリティーコンサートを行ったのを機に、毎年地元福智町にて復興を願いボランティア活動を継続している。2013年2月2日、方城和太鼓の演奏とともに地元の炭坑節を歌った。

50歳になる年から、書道を本格的に教わるために書家の金敷駸房に師事。現在では、数々の書道展で賞を受賞するなど本格化している。

人物[編集]

  • 毎日のウォーキングは日課。1日2回、1回あたり7.5Km程でトータル15Km程。余程のことがない限り休まない。「朝のウォーキングでは発想とエネルギーを貰い、夜は一日の反省」と発言。
  • 「きものは心の宝」と表現する程のきもの好き。師と仰ぐ池田重子より手ほどきを受け、着物、長襦袢、半襟、帯から帯揚げ、帯留に至るまでこだわる。
  • 宝飾品はダイヤモンドを好む。
  • 料理の腕はプロ並みで、夕食をスタッフにふるまったりする。自身のwebサイト上やTV番組でも披露する手際の良さや、豊富なアイデア、味つけは評価が高い。その腕前を買われて番組内料理コーナーを担当したりゲストに呼ばれることも多い。
  • 「美と健康のために」と、出来るだけ自炊をしている。手作りの弁当を持って仕事場へ出かけることもある。冷蔵庫内は時間のある時に刻んでおいた野菜等が整然とタッパーに入れて並べられている。
  • 冷え性で、その対策のため湯たんぽやストールで躰を保護したり、根生姜を刻んだモノをバッグに入れて持ち歩き、食事の時に調理し食べている。
  • 2009年に行われた全国30箇所ツアー時には、会場の至る場所に手書きの書を貼った。自身のwebサイトでも全ての公演に対してお礼の自筆の書を発表した。
  • 越路吹雪杉村春子を敬愛している。越路の写真をお守りのようにいつも楽屋に飾っている。杉村の話は「語り」によくでてくる。
  • 愛犬家。現在は2匹の犬を飼っている。
  • 口癖は「どんだけ〜?」である。流行語となり若者の間でも使われていた。「どんだけ〜?」はIKKOの口癖が起源であると思われがちだが、芸能人で最初に使い始めたのはFUJIWARA藤本敏史で、藤本がバラエティ番組(TBS『リンカーン』)の仕事で行ったゲイバーでその店のママ、ヤス子が使っていた口癖にまず藤本が食いつき面白がって使っていたのをIKKOも使い始め、使用する局面を徐々に拡大&変化させたものである。また、IKKOが手を前に出し人差し指を横に振る動作であるのに対し、元祖であるヤス子ママの動きは下から上に腕を振り上げる動作である。以上により、今日確認できる史料では、「どんだけ〜?」の生みの親は、新宿2丁目のゲイバー「プラチナ」の「やすこママ」であると定義されている。そのためか流行語大賞に選ばれた時にはIKKO本人の口から「このギャグは自分がつくったものではない」と公表している。また「まぼろし〜!」や「おごと〜!」もよくつぶやく。「まぼろし〜!」は、主に現実だと思われたくないコトを言われた時に「それは、まぼろしなのよ!」という意味合いで用い、「おごと〜!」は、元々は福岡の方言で、「おおごと」「大変」「凄い」などの、スペシャルな、最上級の意味を表す。
  • 2009年6月4日に、観光活性化に寄与したとして、韓国のソウル市から「2009ソウル観光大賞」を贈られた[4]
  • 2009年2月27日、韓国の魅力を韓国外へ拡め、また今後も文化体験や広報を同時に行い、益々の発展に貢献してほしいとして、韓国観光名誉広報大使に任命された。
  • 2008年5月、韓国の旅行案内書「IKKOのキレイを磨くin韓国」(文藝春秋)を出版。韓国の観光地や食べ物、ショッピング、美容等を日本に紹介した。
  • 女性誌では、IKKOが紹介、案内する韓国観光ガイドが別冊付録につけられたり、特集頁として組まれることがある。(MISS、美人百花)
  • 韓流好き。きっかけは『冬のソナタ』。以後『私の名前はキム・サムスン』や『エデンの東』など多くの韓国ドラマを見続けている。
  • カラオケの十八番は「どうにもとまらない」(山本リンダ)、「愛の讃歌」(越地吹雪)、「お富さん」(春日八郎)、「旅の夜風」(霧島昇)、「蘇州夜曲」(渡邉はま子、李香蘭)、「あゝモンテンルパの夜は明けて」(渡邉はま子)などがある。

エピソード[編集]

  • ヴォーグ (雑誌)主催の『FASHION'S NIGHT OUTファッションショー』には、土屋アンナ板井麻衣子らも出演したが、表参道ヒルズ内の大階段を降りるショーで足元を見ずにウォーキングをしたのは、本職のモデル以外では冨永愛とIKKOだけと言われている。
  • イベント『VOGUE NIPPON & SEX AND THE CITY2 Premium Night with SKYY VODKA』にて冨永愛に「日本のナオミ・キャンベルだよね」と評される[5]
  • 東日本大震災時、マスコミ等に公表せずに赤十字を通じ募金している他、母校福岡美容専門学校でのチャリティー活動や地元田川福智町でのチャリティーコンサートを行い、収益金全てを観客全員の前で募金箱毎福智町町長に渡し、赤十字に寄付していた。また、GUAM DFSで行われる予定のイベントが震災翌日であったため中止にはなったが、コスメフロアーの2日間の売上の10%を赤十字に寄付すると共に、集まった観客に詫びを入れ、自身の想いを語った。

テレビ[編集]

2008年以前

2014年 香西かおり 細川たかしの応援

2009年

2010年

  • エデンの東(TBSテレビ) 第53話 吹き替え
  • いただきナハ〜レ 祝!レギュラー決定 生スペシャル(読売テレビ)
  • 福岡FACo特番(RKB毎日放送)

2011年

  • 恋する★コリア!(テレビ東京、2011年5月1日 - 9月25日)
  • バラ色の聖戦(テレビ朝日、2011年9月 - 10月) - YUKIKO 役

2012年

2013年

2014年

  • 24時間テレビ(日本テレビ)
  • 2時っチャオ!(TBS)※コーナーレギュラー
  • ジャスト(TBS)
    • 「IKKOの幸せメイク」コーナーレギュラー
    • 「メイク界の最高峰その華麗なる美学と超豪邸」密着出演
ドラマ

ラジオ[編集]

CM[編集]

  • ロッテ「レモビタのど飴」CM出演
  • シック「クアトロ4フォーウーマン」CM出演
  • エチュードハウス「リップパフューム」CM出演(韓国国内)
  • トヨタ・パッソ「ハナ女子大」WEB出演
  • 「GORGEOUS」CM出演
  • 韓国国内コスメブランド「ETUDE HOUSE」広告出演
  • 韓国国内「ロッテ免税店」広告出演
  • 「フラグレ」(コイケヤ)菓子広告出演
  • フレッツ光」(NTT東日本)CM出演
  • 「Schickサファイヤ」 広告出演
  • 松竹映画『おくりびと』TVスポットCM
  • 福岡「博多屋」明太子CM(九州地区のみ)出演
  • Bigen|美禅」トリートメントリップグロッシーCM出演
  • オルビス化粧品」広告
  • 大分「株式会社 NIKKO」企業CM出演
  • カネボウ化粧品『うるり』CM出演

プロデュース[編集]

  • パウダールームプロデュース(PARCO福岡店)
  • Pink by IKKO OPEN(PARCO福岡店)
  • GORGEOUS(IKKOプロデュース香水)
  • 「IKKO×TRAIN」コラボ商品 (ワイヤーコサージュ) 制作/販売
  • 「IKKO×下鳥養蜂園×MORE」 コラボ商品 下鳥の女王乳塩byIKKO MORE限定販売
  • マリ・クレール」IKKOオリジナルハンカチ&シグボトル 制作/販売
  • 「IKKO×白鳳堂」コラボ商品 (牡丹筆)、(メイク5本筆) 制作/販売
  • 「IKKO×福助」コラボ商品 (アゲアゲストッキング) 製作/販売
  • 「IKKO×クリネックスRローションティシューX(エックス)」IKKOプロデュース 制作/販売
  • 「IKKO×pride glide×Miss」コラボ商品 製作/販売
  • 「IKKO×2時っチャオ!×ARTISAN&ARTIST」コラボメイクポーチ 制作/販売
  • 「IKKO×BABY-G」コラボIKKOモデル時計(CASIO) 製作/販売
  • 「IKKO×キティ」コラボIKKO HELLO KITTY 製作/販売
  • IKKO×二条丸八 コラボ商品 打掛け
  • IKKO振り袖 ブランド

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. どんだけ〜!の法則(2007年12月5日、CDのみ/DVD付(エンハンストCD仕様))オリコン119位
  2. ウルトラアゲアゲDancing(2009年4月15日、DVD)
  3. ゴージャスゥ〜!(2010年4月28日、DVD付、つんく♂作詞)オリコン89位、CDTV96位、M-ON! Countdown 31位。

DVD[編集]

  1. 「美脚革命」DVDBOX(マガジンハウス)

連載雑誌[編集]

  • non-no集英社
  • MORE集英社
  • 美人百花(角川春樹事務所
  • 月刊 Ocappa(髪書房)
  • WWD Beauty(INFASパブリケーションズ)
  • PHP Special(PHP研究所)
  • L'ala Pado(ラーラぱど)(月刊フリーマガジン)

主な著作[編集]

  1. 「IKKOの振袖ロマンティック」(主婦と生活社)2004/11
  2. 「IKKOウェディング――永遠のガーリッシュウェディング」(主婦と生活社)2005/7
  3. 「超オンナ磨き〜美のカリスマIKKOの幸せを呼ぶゴールデンルール」(アスコム)2006/7/13
  4. 「IKKO女の法則」(世界文化社)2007/6/16
  5. 「ミラクルビューティ シェイプアップ 美脚革命」(マガジンハウス)2008/2/29
  6. 「IKKOキレイを磨くin韓国」(文藝春秋)2008/5/27
  7. 「IKKO キレイの魔法」(世界文化社)2008/8/9
  8. 「IKKO 美人道」(集英社)2009/9/19
  9. 「脱・コンプレックス」IKKO流 美のゴールデンルール(世界文化社)2009/11/9
  10. 「男にも読んでもらいたい オンナ塾」(PHP研究所)2011/9/13
  11. 「愛のオネエ飯―男をトリコにする! 」2011/9
  12. 「IKKOのソウル大好き―24時間楽しんじゃう~♥」(主婦の友生活シリーズ)2011/11/9
  13. 「IKKOのキレイになるハワイ-PRECIOUS HAWAII-」(GLITTER特別編集)2012/4/23
  14. 「IKKOの新大久保に行きた~い!」 (主婦の友生活シリーズ)2012/7/20
  15. 「IKKOの字語りエッセイ—道」(芸術新聞社)2012/11/21
  16. 「IKKO心の格言200」(エムオンエンタテインメント)2014/11/29
  17. 「IKKOのちょっと開運」(リンダパブリッシャーズ)2015/10/24

過去の受賞歴[編集]

  • 2009年11月 全国の理容美容学生が選んだBEST芸能人
  • 2009年6月 2009年ソウル観光大賞(人気ソウル観光芸能人海外部門受賞)
  • 2009年8月 BEST HIT賞
  • 2009年2月 韓国観光名誉広報大使 任命
  • 2008年2月 マリ・クレール日本版「プラネット・ミューズ賞」第1号受賞
  • 2007年 「どんだけぇ〜」が2007ユーキャン新語・流行語大賞ノミネート
  • 2007年 NAIL QUEEN文化部門受賞

書道の受賞歴[編集]

  • 第22回佐賀県書道展 一科調和体部門佳作受賞
  • 第50回 2014 創玄展にて 準二科賞受賞
  • 第65回毎日書道展 漢字部入選
  • 第51回 2015 創玄展にて 準二科賞受賞
  • 第23回佐賀県書道展 漢字部門秀作受賞
  • 第66回毎日書道展 漢詩の隷書作品が漢字部の佳作賞受賞
  • 第52回 2016 創玄展にて 準二科賞受賞
  • 第67回毎日書道展 漢字部入選
  • 第24回佐賀県書道展 二科-漢字部門 特別賞 佐賀県芸術文化協会賞
  • 第68回毎日書道展 漢字部Ⅱ部 入賞 佳作

SHOW[編集]

  • おとめ在月 SPECIAL TALK SHOW 松江イングリッシュガーデン
  • FACo FUKUOKA ASIA COLLECTION 2010(AUTUMN/WINTER、SPRING/SUMMER)
  • DFS GALLERIA トークショー (ワイキキ、グアム、沖縄)
  • FASHION'S NIGHT OUT 2010
  • Girls Award 2010
  • KOBE COLLECTION (2010 SPRING/SUMMER、2009 SPRING/SUMMER、PLUS 2009 SPRING/SUMMER)
  • 癒しフェア IKKO SPECIAL TALK SHOW
  • PINKY CELEB NIGHT
  • トーク&ライブディナーショー 戸田家
  • スプリングディナーショー ホテルニューオータニ博多
  • 全国30か所「IKKO 09 愛をこめて」ツアー

クリスマスディナーショー[編集]

  • 2008年 5箇所(名古屋、大阪、神戸、幕張、山口)
  • 2009年 4箇所(名古屋、大阪、神戸、沼津)

メイクデモンストレーションディナーショー[編集]

  • 2009年 4箇所(春日井、札幌、姫路、小倉、福山)

ディナーショー[編集]

  • 2008年 20箇所(久留米、大磯、那覇、勝川、芸西、熊本、那珂、大津、岩国、姫路、岡山、長岡、高山、岡崎、荒尾、博多、川越、大阪、神戸、堺)

イベント[編集]

  • 「IKKOも行く!キレイを磨く!美の宝庫 韓国ツアー」(2010年3月 H.I.S)
  • 「a-nation」(2010年8月 avex主催) シークレットゲストとして登場。
  • 「おとめ在月」スペシャルイベント「IKKO SPECIAL TALK SHOW」(2010年10月 島根県松江市イングリッシュガーデン)

脚注[編集]

外部リンク[編集]