岡まゆみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おか まゆみ
岡 まゆみ
本名 五十嵐 まゆみ
生年月日 (1956-03-07) 1956年3月7日(66歳)
出生地 日本の旗 日本石川県金沢市
民族 日本人
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 1975年 - 現在
公式サイト 岡まゆみオフィシャルブログ
主な作品
テレビドラマ
赤い絆
高校聖夫婦
教養番組
まんがはじめて物語
テンプレートを表示

岡 まゆみ(おか - 、本名:五十嵐 まゆみ(いがらし - )[1]1956年3月7日[1] - )は、日本女優歌手。本名でも活動していた。女子美術短大中退。所属事務所はぷろだくしょん「道」[1]劇団四季ホリプロ・ブッキング・エージェンシー。身長158cm[2]

略歴・人物[編集]

石川県金沢市[1]兼六元町出身。新宿区立戸山中学校卒業。女子美術大学付属高校卒業。1974年女子美術短期大学造形科絵画専攻へ進む[2]。同時に劇団四季付属俳優研究所入団。大学は同年7月、研究所は12月で中退。

1974年1月、フジテレビドラマ『春ひらく』を見学した際、岡田太郎ディレクターの目に留まりスカウトされる[2]芸名は岡田太郎・吉永小百合夫妻から付けてもらった[2]。1975年、フジテレビ『歌だ!飛び出せ2万キロ』のリポーター[2]、同局『クイズグランプリ』のアシスタントでテレビに登場。

1976年TBSポーラテレビ小説絹の家』で岡まゆみの名で主演デビュー。以後、大映テレビ制作ドラマに常連出演する。クイズ番組にも出演したため、顔が知られ始める。

1978年から1984年にかけ、『まんがはじめて物語』で病気治療のために降板したうつみ宮土理からお姉さん役を引き継いで最終回まで出演[3]

1983年、劇団四季に再入団し、本名の五十嵐まゆみで活動する。

1989年、劇団四季を退団し、芸名を岡まゆみに戻し現在に至る。ドラマの他、舞台の主演も少なくない。

2014年からは、自身プロデュースによるオリジナルジュエリーブランド Ondine [オンディーヌ] を立ち上げ商品の販売を開始している。女優になるきっかけとなった舞台名から「オンディーヌ」と名付けた。

年齢が近く、同じ頃にデビューし、ポーラテレビ小説にて主演した共通点がある岡江久美子とは45年近くの親交があった[4]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

アニメ[編集]

  • まんがはじめて物語(第20回より、1978年 - 1984年、TBS) - 2代目お姉さん
    • オープニングテーマソング(「?(ハテナ)謎なぞアイランド」)も歌っている。

ラジオドラマ[編集]

その他の番組[編集]

ほか多数

舞台[編集]

映画[編集]

吹き替え[編集]

CM[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

作詞 - 吉岡治 / 作曲・編曲 - 寺島尚彦
TBSテレビ系「まんがはじめて物語」オープニング主題歌。

アルバム[編集]

  • 「愛&I」2016年3月発売
    • あなたとブルース 作詞 - 松本祐子[要曖昧さ回避] / 作曲 - MASA / 編曲 - 大場映岳
    • 乾杯しよう! 作詞 - 岡まゆみ / 作曲 - 堀尾和孝 / 編曲 - 大場映岳
    • 朝が来るから 作詞 - 桑原裕子 / 作曲 - 大場映岳 / 編曲 - 大場映岳
    • 道しるべ 作詞 - 岡まゆみ / 作曲 - 秋山桃花 / 編曲 - 大場映岳
    • 唇に三日月を 作詞 - 笹峯愛 / 作曲 - 谷口崇 / 編曲 - 大場映岳

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 日本タレント名鑑'82』VIPタイムズ社、1981年、263頁。 
  2. ^ a b c d e f “春を彩る 岡まゆみ 心わくわく東へ西へ レポーター役に大張り切り 岡田・吉永夫妻が名付け親”. デイリースポーツ (神戸新聞社): p. 8. (1975年3月28日) 
  3. ^ 『まんがはじめて物語』2代目お姉さん・岡まゆみさんが「とにかく美人」な思い出”. マグミクス (2021年5月6日). 2022年5月24日閲覧。
  4. ^ 岡まゆみ「久美ちゃんなんで?」岡江さん訃報に悲痛”. 日刊スポーツ (2020年4月23日). 2022年5月24日閲覧。
  5. ^ プレミアムドラマ「我らがパラダイス」制作開始のお知らせ”. NHKドラマ. 日本放送協会 (2022年9月27日). 2022年9月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]