寺島尚彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

寺島 尚彦(てらしま なおひこ、1930年7月4日 - 2004年3月23日)は、日本の作詞家作曲家洗足学園音楽大学教授。娘はソプラノ歌手の寺島夕紗子

経歴と人物[編集]

栃木県出身。開成学園在学中、大学受験を翌年に控えた年の暮れに開成出身の東京芸術大学教授池内友次郎と出会う。

池内から芸大受験を後押しされ、翌1949年に東京芸術大学音楽学部作曲科入学を果たす。

卒業後もシャンソン音楽活動を継続し、1967年には、初めて訪れた沖縄に心を揺さぶられ、沖縄戦の悲劇を歌った代表作『さとうきび畑』を作詞・作曲したことで知られる。

また、ピー・プロダクション製作の特撮テレビ映画スペクトルマン』の劇伴音楽も手掛けている。

2004年3月23日、肺腫瘍のため73歳で逝去した。

さとうきび畑[編集]

この曲は「ざわわ ざわわ ざわわ」というフレーズで知られ、寺島尚彦が田代美代子のために作った曲である。その後森山良子上条恒彦寺島夕紗子雨宮麻世鮫島有美子堀江美都子郡愛子錦織健新垣勉岡村喬生ちあきなおみ宮沢和史夏川りみ松浦亜弥といった幅広い年代、分野の幾多の音楽家によって歌い継がれてきたことで知られる。

ちなみに、NHKみんなのうたは森山良子バージョン(新旧2回ある)が有名だが、最初の放送時はちあきなおみが歌った。

また2003年9月28日には、この曲をモチーフにしたドラマ『さとうきび畑の唄』(TBS系、出演:明石家さんま黒木瞳上戸彩ら)が放映された。

作品[編集]

童謡[編集]

器楽曲[編集]

  • ピアノ連弾のための組曲「14ひきのあさごはん」
  • 連弾曲集「黒い森と白い森」

歌曲[編集]

  • 歌曲集「忘れた秋」

合唱曲[編集]

映画劇伴音楽[編集]

テレビドラマ劇伴音楽[編集]

編曲[編集]