葉祥明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
葉 祥明
生誕 葉山 祥明
(1946-07-07) 1946年7月7日(72歳)
日本の旗 日本 熊本県熊本市
国籍 日本の旗 日本
教育 立教大学経済学部セツ・モードセミナー、ニューヨーク アート・スチューデンツ・リーグ
受賞 イタリア・ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞
造本装幀コンクール展入賞
日本絵本賞読者賞
けんぶち絵本の里大賞・びばからす賞
平和協同ジャーナリスト基金賞奨励賞
公式サイト https://www.yohshomei.com/

葉 祥明(よう しょうめい、1946年7月7日 - )は、日本の絵本作家、画家、詩人。本名、葉山祥明[1]。祖父の代に日本へ渡来した中国人の家系に出自を持つ。自身は30代で日本国籍となった[2]

熊本県熊本市出身。九州学院高等学校[3]立教大学経済学部、セツ・モードセミナー卒業後、ニューヨークのアート・スチューデンツ・リーグに留学、油絵を学ぶ[4]

多くの絵本の作者として知られ、2014年の時点で、絵本・詩集など書籍の出版数は300点に上る[5]

7人兄弟(男4人、女3人)の6番目として育つ[2]。次兄の葉祥栄は建築家[6][7]、実弟の葉山祥鼎は童話作家・エッセイスト・写真家、葉祥明 阿蘇高原絵本美術館の館長[7][8]

年譜[編集]

※参照[4][9][1]

スタイル[編集]

美しい自然の風景画で知られる。広々とした草原と透明感あふれる青空に、家や木、人や動物などが点在している風景が特徴[52]。鮮やかな色彩によって、広々とした風景をシンプルに描く[53]。画材は不透明水彩絵の具を使っている[26]

絵本を作る時のこだわりは「しっかり考えられた構図、柔らかいタッチ、きちんとしたデッサン、豊かなイメージの世界、そして深い主題をシンプルに描くこと」[26]

彼の絵に特徴的などこまでも広がる地平線は、彼の原風景である故郷の熊本・阿蘇から来ており[54]、阿蘇は彼の絵の核・コアになる部分、スピリットの場所だと語っている[53](6分18秒~)

人物[編集]

信条など[編集]

絵本を通じて伝えたいことは「この世界の美しさ、人生の深さ、いのちの輝き、そして生きる歓び」[26]

自身の作品について、「作品のテーマは、人間の心を含む地球上のあらゆる問題。とりわけ、女性や子供、動物など弱い立場の人たちにとっての“街の小さな公園”、安らぎを必要としている人々が集う公園であり続けたい。絵本も、そのような存在でありたい」。[55]

「『動物』『子ども』『女性』。ずっとこの世の中で弱者として抑圧されてきた存在を、自身の人生、絵本、絵画のなかでは大切にしている」[56][57]

社会問題・環境問題への関心[編集]

社会問題・環境問題等にも大きな関心を持ち、それらを扱った本も多数出版している[58][59]

絵本「地雷ではなく花をください」シリーズ(難民支援NGO「AAR Japan」と共同で作成)はシリーズ65万部を突破[5]。収益は世界各地の地雷撤去活動に使われている[60]

自身が40歳の時に起こったチェルノブイリ原発事故が、人生を変える大きな転機になったという[58]

主な作品の詳細は「葉祥明#社会問題・環境問題に関する作品とその貢献」を参照。

その他[編集]

趣味は「ファッション、インテリア、トラベル、自然に関する海外の雑誌を眺めること、スクラップすること。映画を観ること、旅すること、考えること」。好きな言葉は「優しさ、綺麗、幸せ、思いやり、静けさ、平安」(2012年インタビューより)[26]

作品[編集]

「白い犬のジェイク」シリーズ[編集]

※分類は主に葉祥明ネットショップに拠る

  • ぼくのべんちにしろいとり(1981/6/1初版、2016/7/11新装改訂版)至光社 出版の10年以上前、葉祥明がある日公園を散歩している時に飛べない鳩を見つけ、これは大変、とその鳩を抱きかかえ公園中をかけずり回り、やっと管理人に手渡すことができた。この絵本はこの時のことが元になっているという[61]
  • ぼくのゆきんこ(1989/1)至光社
  • くんくんきみだあれ(1991/1)至光社
  • ジェイクそらをとぶ(1993年)JALブランドコミュニケーション
  • ジェイクのむぎわらぼうし(1997年)自由国民社
  • ジェイクのクリスマス(1997年)自由国民社
  • 森が海をつくる ジェイクのメッセージ(1997年)自由国民社
  • 空気はだれのもの?(1997年)自由国民社 ※2008/06/10に「空気さん ありがとう!」として改題・再出版[62]
  • ジェイクと海のなかまたち(1998年)自由国民社
  • しあわせってなあに?(2001年)自由国民社
  • ジェイクからの10のおねがい(2017/12/18、絵本)[63]戎光祥出版株式会社 ※英文詩「犬の十戒」(原題:10 Commandments of Dog Ownership)をオリジナル訳で絵本化。

子育て絵本[編集]

※分類は主に葉祥明ネットショップに拠る

  • こどもの日[64](2014年)人形のウエダ
  • ありがとう 愛を![65](2012年)中央法規出版
  • おたんじょう おめでとう~いのちの出会いが教えてくれること~[66][67](2012年)中央法規出版 ※シンガーソングライター橋本昌彦とのコラボレーション。橋本昌彦・さやか夫妻の書いた詩に、葉祥明の絵が添えられた詩画集。
  • ひなまつり[68][69](2014年)人形のウエダ

「おなかの赤ちゃんとお話しようよ」シリーズ [編集]

※シリーズ累計27万部突破[70]

  • おなかの赤ちゃんとお話ししようよ(2000年)サンマーク出版 出版のいきさつ(株式会社サンマーク出版 常務取締役 高橋 朋宏) ※出産を間近に控えた女性たちのあいだで静かなブームを呼び、3万部を突破、およそ40人に1人の妊婦がこの絵本を読んだことになるという。(2000年12月現在)[70]
  • 生まれた赤ちゃんとお話ししようよ(2000年)サンマーク出版
  • 生んでくれて、ありがとう(2001年)サンマーク出版
  • 子どものこころを感じてみようよ(2002年)サンマーク出版
  • 育ててくれて、ありがとう(2002年)サンマーク出版

「はちぞう」シリーズ[編集]

  • ぼくははちぞう(2000年)[71] 愛育社
  • ほしにいのりを(2001年)[71] 愛育社
  • はちぞうのぼうけん(2010年、室生あゆみと共著朝日学生新聞社

心をみつめる絵本[編集]

※分類は主に葉祥明ネットショップに拠る

  • いつか・あるとき…(1987年初版、2004年第2版)[72]至光社※この絵本は、葉祥明が「自分の心象風景を表している」と表する、お気に入り作品だという[73]
  • いまも どこかで…(1988/6/1)[74]至光社
  • リトルブッダ(1996年)[75]佼成出版社
  • 宇宙からの声(1997年)[76]佼成出版社
  • ひかりの世界(1997年)[77]佼成出版社 ※第32回造本装幀コンクール展 入賞(1996)[1] 愛する者をなくした人、命の永遠性を信じる人、人生の意味や目的を考えるすべての人の心に「癒し」と「希望」をもたらしてくれるハートウォーミングな一冊 ※愛する人との死別の悲しみを癒す本[78]
  • クジラの海(2000年)[79][80]佼成出版社
  • 美しの里(2001年)[81][82]自由国民社 疲れ切った一人の男性が安らぎと、美を通して成長する現代の桃源郷伝説的絵本。 ※滋賀県MIHO美術館からの依頼で制作
  • オレンジいろのペンギン[83](2003年)佼成出版社 
  • ヒーリング・キャット[84](2004年)晶文社
  • クレストンの青い鳥 ~やすらぎの大地~[85][86](2004年)自由国民社 アメリカ・コロラド州南にあるクレストンを葉祥明が実際に訪れて、感じたことを風景画絵本として作品化。
  • リトル・ツリー[87](2005年)晶文社
  • ASO ~阿蘇、ぼくの心のふるさと~[88](2005年、詩画集)佼成出版社
  • 水平線の向こうから(2009年)[89]明月堂書店
  • 海からの風(2011年)[90]晶文社
  • ドルフィンメッセージ(2014年)[91]自由国民社 ※映画「グラン・ブルー」の主人公のモデルになった、ジャック・マイヨールに捧げた作品。マイヨールとの親交は、葉祥明がかつて東京・銀座にあったイエナ洋書店内で、彼と偶然出会ったことから始まったという。[92][93]
  • にじいろのみち(2015年)[94]自由国民社 ※KAB熊本朝日放送開局25周年記念特別番組<きっとある虹色の道プロジェクト>の一環で行われた葉祥明密着取材。その時に訪れた熊本の数々の場所を未来へのメッセージとして描いた。
  • ひろい かわの きしべ(2015年)[95]国土社 ※スコットランド民謡『広い河の岸辺~The Water Is Wide~』の絵本

死別の悲しみを癒す本(グリーフケア)[編集]

環境や動物を考える絵本[編集]

※分類は主に葉祥明ネットショップに拠る

  • 森のささやき(1990/8、ISBN 4883382346出版文化社
  • そらのむこうに(1995年)[96]瑞雲舎
  • イルカの星(1996年)[97]佼成出版社 ※第7回北海道けんぶち絵本の里大賞(1997)[13]、第31回造本装幀コンクール展日本印刷産業連合会会長賞(1996)[98][1]
  • ジョンのふしぎなたび[99](1999年)国土社 
  • あおいしか―The Story of Holy Bluebuck(2000年)[100][101]佼成出版社 
  • 実験犬シロのねがい 捨てないで!傷つけないで!殺さないで! (2001年、井上夕香と共著ハート出版
  • ホタルのくる町[102][103](2002年)自由国民社 2001年に葉祥明氏が滋賀県の新旭町に訪れたのがきっかけで描いた作品。
  • しろいおおかみ[104][105](2002年)佼成出版社 ぼくは、一体何のために走りつづけるのか?雪原を走りつづける白い狼は、自らに問います。一日に百キロも走り回ると言われる狼が「走る」という命題を通して、自分の存在の意味を探りあてるまでを描いた、壮大な命の物語。
  • 虹の橋(2007年)[106]佼成出版社 インターネット上で世界中の人に読まれている詩”虹の橋(Rainbow Bridge)”を葉祥明が絵本化。ペットを愛するすべての人に捧げる1冊。 ※死別の悲しみを癒す本
  • しろくまのピナーク[107][108](2009年)佼成出版社
  • 渡り鳥からのメッセージ[109](2012年)自由国民社 「蕪栗沼・ふゆみずたんぼプロジェクト」(2011年度、総務省「緑の分権改革調査事業」)の一環として葉祥明が取り組んだ絵本。

社会に向きあう絵本[編集]

※分類は主に葉祥明ネットショップに拠る

  • ぼくのあおいほし(1989/4)偕成社 1986年のチェルノブイリ原発事故にショックを受け、原発によって死滅する地球を描いた絵本[110][111]
  • 夢につばさを 世界中の子どもたちに(1997年)[112][113]金の星社 遊びたい、勉強がしたい! それがベトナムの少女トゥイの願い。でも、大事な働き手でもあるトゥイに、そんな時間はありません。世界最大の開発援助団体の一つである、フォスタープラン60周年記念協力出版絵本(収益金の一部によって、フォスタープランを通じて途上国にきれいで安全な水が送られます)。
  • あの夏の日(2000/7/23)[114][115]自由国民社 長崎に原爆が投下された「あの夏の一日」を、長崎市の協力のもと、葉祥明が平和への祈りを込め、壮烈なタッチで描く。※第6回平和協同ジャーナリスト基金賞奨励賞[1]
  • じゆうのつばさ(2001年)[116][117]国土社 現代のおとなの幼児犯罪・性的虐待へ警鐘を鳴らす一冊。
  • ゴンダールのやさしい光(2001/10/23)自由国民社 みなみ ななみ:著、葉祥明:イラスト、日本国際飢餓対策機構(翻訳) アフリカ・エチオピアで食糧配布ボランティアに参加した青年のエピソードを絵本化。
  • アンネのバラ(2002年)[118][119][120]出版文化社 アンネの日記」で知られている少女アンネ・フランクの平和への願いがこめられたバラ(アンネのバラ)を主人公にした話。平和と自由への願いを葉祥明が黄色い美しいバラとともに描いた。収益の一部はホロコースト記念館の平和活動に使われる。
  • 世界の子どもたちに今おきていること(2006年)[121][122]きこ書房 世界の子どもたちにおきている現実を数字と葉氏の絵を使って表現。ユニセフ60周年記念企画出版。
  • 美しい朝に(2011/8/10)[123][124][110] 自由国民社 2011年3月の福島原発事故を受けて出版された。事故前(1986年チェルノブイリ原発事故当時)に描いていた絵に、福島原子力発電所の建屋そっくりの黒い建物が描かれていることに気づき驚かされたという[125]
  • あのひのこと(2012年)[126][127] 佼成出版社 「2011年3月11日午後2時46分…。私たちに日本人にとって忘れられない日となったあの日から1年…。一人の少年の姿を通して葉祥明が“あのひのこと”を描きました。」葉祥明が描く東日本大震災
  • パヤタスに降る星~A starry night in payatas~(2016/2/14)[128][129]中央法規出版 フィリピンパヤタスのごみ廃棄場で、ごみを拾い生計を立てる子どもたちを描く。この本の収益の一部は、SYD(公益財団法人修養団)を通じて、世界の貧困の中で暮らす子供達のために使われる[130]
  • きみに聞いてほしい~広島に来た大統領~(2016年)[131][132] 徳間書店 2016年5月27日、オバマ大統領(当時)が被爆地である広島で行ったスピーチを葉祥明が絵本に。大統領のスピーチの訳は池上彰

「地雷ではなく花をください(サニー)」シリーズ[編集]

※分類は葉祥明ネットショップに拠る ※シリーズ65万部突破[5] ※サニーちゃんとは、AAR Japan(難民を助ける会)のメインキャラクターで、当シリーズの主人公のうさぎ[133]

  • 地雷ではなく花をください(1996年)自由国民社 日本絵本賞 読者賞(1997)[1]
  • 続・地雷ではなく花をください(1997年)自由国民社
  • 続々・地雷ではなく花をください(1998年)自由国民社
  • ありがとう 地雷ではなく花をください(1999年)自由国民社
  • 心をこめて 地雷ではなく花をください(2002年)自由国民社
  • サニーちゃん、シリアへ行く[134](2016年)自由国民社

ことば&詩集[編集]

※分類は主に葉祥明ネットショップに拠る

  • 風にきいてごらん(1999/12、ISBN 978-4479670278[135]大和書房 
  • もういちど会える(2001/9、ISBN 978-4479670414[136]大和書房 あの日思いがけなく、とつぜんの別れがやって来た。そして気持ちも時間も、そのときから止まったまま…。愛する子どもをなくした人へ、ふかい悲しみを癒すグリーフ・ブック。英文併記 ※愛する人との死別の悲しみを癒す本[78]
  • WORDS AND VERSE - 自分をみつけたい人へ(2006年)葉山産業  「希望とは、必ず良くなる。夢は叶う。奇跡だって起こる。そう信じること。」
  • しあわせことばのレシピ(2005/12)日本標準 一人一人の女性が「もっとしあわせになるために」。葉祥明が贈る言葉の世界。
  • 母親というものは(2006/4/19)[137][138][139]学習研究社 近すぎていえない母への言葉…。それぞれに思っている“ありがとう”の気持ちが込められた1冊。※リリー・フランキー著の小説「東京タワー」に、本書に収録の詩《母親というものは》が引用されている。※「母親というものは」の詩が、歌手橋本昌彦により、「母親というものは 父親というものは」という曲になっている(詩「母親というものは」葉祥明、詩「父親の気持ち」葉山祥鼎、編詩・作曲・歌:橋本昌彦、2015年1月発表)[140][141]
  • ホワイトウルフの教え(2009/8/8)[142][143]ハート出版 アメリカ・インディアンのスピリットである”ホワイトウルフ”からもたらされたメッセージを、葉祥明が編纂。使用されている写真は 葉祥明の撮影によるもの。
  • しあわせの法則(2011/4/1)[144][145]日本標準 
  • 怒らない~幸せな人生のために~(2015/9/1)[146][147]日本標準 人間として誰もが持っている“怒り”を“生命エネルギー”と解釈した葉祥明。 どう怒りと向き合い、より幸せに生きる方向に持って行くのか。※タイトルから、これまでの「無理しない」「気にしない」の“ないシリーズ”と同様の印象だが、 「幸せに生きる100の智恵」と同じ判型で、コンセプトとしてもそちらに近い内容、という。
  • 幸せに生きる100の智恵(2014/9/10)[148][149]日本標準 1~100番までナンバリングされた、葉祥明書き下ろしの”珠玉の智恵”。
  • 17歳に贈る人生哲学(2015/5/22)[150][151][152]PHP研究所 葉祥明が、特に10代の若い人たちに向けて「人生という大海へ船出する時に持っていってほしい本」として、書き下ろした。
  • 幸せは日々の中に(2016/10/25)[153][154]日本標準 「幸せは、なんでもないこの日常。幸せは、変わりないこの日々。」葉祥明
  • 許そう。(2018/11)[155]日本標準 許せないとの気持ちを持ち続けているあなたへ。あなたに苦しみや悲しみをもたらした相手であっても許そう。許すことはあなた自身のためなんだ。こだわりから自由になって、許しておしまいにし、新しい人生を歩み出そう。

「~ない」シリーズ[編集]

  • 無理しない(2008/08/10)[156]日本標準 「無理をしない」というテーマにしぼって、書き下ろした<言葉>の数々。
  • 気にしない(2009/09/10)[157]日本標準 「気にしない。誰かのひと言。気にしない。その人だって、何気なくふと言っただけ。」言葉や行間に託された、優しくも力強いメッセージ。
  • 急がない(2010/02/20)[158]日本標準 急ぐのではなく、“待つ”ということの意味を教えてくれるユニークな本。
  • 比べない(2010/05/10)[159]日本標準 何かと“比べる”ことで、自分の立ち位置を見出し、安心を求めてしまう現代人へのメッセージ。「比べない生き方」のススメ。
  • いのちあきらめない(2010/10/15)[160]日本標準 生きることをあきらめない、生きることだけはあきらめない。絵本作家、葉祥明からの’いのち’のメッセージ。
  • こだわらない(2017/12/15)[161]日本標準 こだわりを捨てて 自由になろう!晴れ晴れとした気分でこの日々を生きよう!

「三行の智恵」シリーズ[編集]

  • 三行の智恵-生き方について(2009/12/10)[162][163]日本標準 葉祥明が、「生き方について」わずか「三行」という新しい表現方法で、智恵を書き下ろす。
  • 三行の智恵-人との関わり方(2010/1/1)[164]日本標準 「誠実さや正直さは 時として不利益をもたらすが、それでもその価値は揺るがない。」「どんな人であれ 必ずどこかで誰かが見守ってくれている。」 三行の知恵-心の平和のために(2010/6/20)[165]日本標準 気にしない。苦にしない。悩まない-。社会の中で人とどう接するか。そして、自分自身の心が平和であるにはどうしたらいいか。
  • 三行の智恵-人として生きる(2010/8/5)[166][167]日本標準 許しなさい。受け容れなさい。自分のためにも。あなたが真に敬うべきはあなた自身。

「ことばの花束」シリーズ[編集]

  • ことばの花束(2003/10/1)[168]日本標準 絵本作家 葉祥明が女性に向けて贈るはじめてのことば集
  • ことばの花束2 幸せになるために(2003/12/1)[169][168]日本標準 
  • ことばの花束3 この気持ち、なんだろう…(2003/12/1)[168]日本標準 
  • ことばの花束(3巻セット)―3つのブーケ(2004/1)[168]日本標準 ※ことばの花束1~3の3巻セット、ケース付き。

詩画集[編集]

※分類は主に葉祥明ネットショップに拠る

  • 遠い日の夢(1979/3、ASIN B000J8IXE8サンリオ ミニ詩画集。
  • 朝の光の中で―St.FRANCIS OF ASSISI (1999/3/1、ISBN 978-4750000473[170][71]愛育社 12世紀のイタリア・アッシジに生きた聖フランチェスコ。彼の故郷アッシジへの旅を通して、心に響いた言葉と、中世の面影を残すイタリア・ウンブリア地方の美しい田園風景を描いた詩画集。※葉祥明がNHK「世界わが心の旅」の取材で2000年に訪れたイタリアの風景を描く。(参考: #TV(199202)世界わが心の旅
  • Luna ルナ (1999/12月)[171][172]英治出版 絵:葉祥明 文:日木流奈。脳障害というハンディキャップを持つ日木流奈君からの暖かい励ましや癒しに溢れた、「大丈夫エネルギー」を伝えるメッセ―ジ本。
  • Furano Holy Hill(2001/8)[173][174] Office Furano  富良野を舞台にした詩画集。関連するポストカードやCD(音楽:浜田均)も作られた。
  • LYRICS 永遠の童心(2002/6)[71]愛育社 絵:葉祥明、詩:住吉慶子
  • 世界の名詩を読みかえす(2002/12/10)[175][176]いそっぷ社 ヘッセ、ハイネ、ケストナー、ボードレール、ホイットマン等の名詩45編を収録。訳・解説:飯吉 光夫、絵:葉祥明ほか。
  • 日本の名詩を読みかえす(2004/10/15)[177]いそっぷ社 北原白秋、中原中也、草野心平、八木重吉…今なお輝きを失わない、みずみずしい詩の数々。表紙絵と挿絵の一部に葉祥明の作品を使用。
  • 私の、甘く悲しい一日(2006/08)新風舎 絵:葉祥明 文:前しおん くるくると表情が変わる海。波音が、きもちが伝わってくる。湘南発の五行歌。
  • LIFE―生きる…(2007/7/1)[71]愛育社 「人生って何でしょう? 生きるってどういうことでしょう、そして生命とは……?」葉祥明撮影による写真も掲載した、心ふるえるスピリチュアル・メッセージ集。
  • 雲のゆくおるがん(2012/5/28)[178][179]鎌倉春秋社 今道友信:詩、葉祥明:絵 前著「人生の贈り物-四つの物語-」で、今道友信氏の著作に挿絵を描いた葉祥明が、今作では、その今道友信氏が長年温めていた詩の数々に葉祥明が感動し「是非、多くの人に読んでもらいたい!」と詩画集を作成。
  • Life is......人生を彩る幸福のエッセンス(2018/9/10、ISBN 978-4805857489[180][181] 中央法規出版 ※介護専門誌「おはよう21」で連載中の「Life is……」を、愛、幸福、命の3章で再編成。 ※AR技術を活用した朗読音声が付属(朗読は声優・細谷佳正[182] ※ラジハピ 動画「Life is…… 人生を彩る幸福のエッセンス」葉祥明・・・葉祥明美術館 館長 堀内さんによる解説(2018/9/29)

Words & verseシリーズ[編集]

  • 心に響く声(Words & verse) (1997/9/1)[71][183]愛育社 胸を打つ言葉と心あたたまる絵で綴る、葉祥明からのハートフルメッセージ。
  • 心に響く言葉 (Words & verse) (1998/11/1)[71]愛育社
  • 心に響く祈り (Words & verse) (2000/4)[71]愛育社
  • 再び会う日のために(Words & verse) (2005/6、ISBN 978-4750002279[184][71]愛育社 愛する人へ…よろこびを、幸せを、やさしさをありがとう。死とは、人生とは、生きるとは…。懸命に生きるあなたへ葉祥明の温かいまなざしで綴られる祈りの詩(うた)。 ※愛する人との死別の悲しみを癒す本[78]

画集[編集]

※分類は主に葉祥明ネットショップに拠る

  • 風の旅人―葉祥明画集 (1980/5、ASIN B000J88JGUサンリオ
  • 少年 : 故郷の風の詩 葉祥明画集(1980/12、ASIN B000J88JGUサンリオ
  • コンセルトー風の協奏曲 葉祥明メルヘン画集(1981/12、ASIN B000J7MXJK)学習研究社
  • セゾン―季節のなかで 葉祥明メルヘン画集(1981/12、ISBN 978-4050044962)学習研究社
  • 星の招待状 葉祥明画集(1982/11、ASIN B000J7ELKOサンリオ
  • De-Ja-Vu 風の追憶 葉祥明画集(1985/10、ISBN 978-4387851479サンリオ
  • Compass point : poetical scenery of imagination 葉祥明画集(1988/8、ISBN 4387881364サンリオ
  • 蒼い地平線 葉祥明自選複製画集(1988/12、ISBN 978-4387883302サンリオ
  • One day ワンディ 葉祥明CD画集(1990/5、ISBN 4387900652サンリオ ギターの詩人吉川忠英のアコースティックサウンドと葉祥明のニューランドスケープが奏でるロマンティックシンフォニー。
  • ノスタルジア 葉祥明自選複製画集(1990/9、ISBN 4387901977サンリオ
  • Heart&Art―葉祥明作品集(1998/6、ISBN 978-4750000312)愛育社 世界・地球、広大な自然の中の命のいとなみをやさしく描く葉祥明の世界を堪能できる作品集。その基盤となる貴重なデッサンも併せて収録。
  • 野のしらべ―世界の自然詩人のうた 葉祥明画集(1999/4/1、ISBN 4387981016サンリオ シュトルム、ヘッセ、パステルナーク、ゲーテなど、古典的な詩人の作品の中から、書かれた情景や気分が豊かにイメージできるものを選び、葉祥明が詩情あふれる風景画を添える。1989年刊の再刊。
  • 風の音―世界の自然詩人のうた 葉祥明画集(1999/4、ISBN 978-4387981008サンリオ E・ディキンスン、ハーディ、タゴール、アポリネールなど、自然を愛した世界の詩人の古典的作品に、葉祥明がやさしい風景画をのせる。1992年刊の再刊
  • 世界でいちばん美しい島-Prince Edward Island 葉祥明画集(1999/11、ISBN 978-4387981022サンリオ  葉祥明が「赤毛のアン」の島を描く。
  • トスカーナの祈り―イタリア、光と風の旅 葉祥明画集(2000/12/1、ISBN 978-4387001256[170]サンリオ  葉祥明が描くきらめくイタリア―待望の描き下ろし画集!1998年「世界わが心の旅」(NHK)で辿った風景を描く。(参考: #TV(199202)世界わが心の旅
  • 葉祥明美術館(2002/3/1、ISBN 978-4878934490)作品社 画業30年の集大成となる、絵本作家・葉祥明、初の本格画集。大空と大地が織り成す悠久の美、深遠なる精神世界へのアーティフィシャルな旅。多くの油絵作品とデッサンを収録。著者自身による解説を付す。
  • ソナチネ 立原道造によせて―葉祥明画集(2002/11、ISBN 978-4387021179サンリオ
  • The art of Shomei Yoh(2010/09/24)[185][186] アートプリントジャパン 2012年には“画業40周年”を迎える“画家 葉祥明”が描いてきた作品をジャンル分けし、 それぞれのカテゴリーにおける代表的な作品を掲載。

エッセイ[編集]

※分類は主に葉祥明ネットショップに拠る

  • 地平線の素描帖(1982/4、ASIN B000J7Q43QPHP研究所 ※1997年に「地平線の彼方」として復刻。
  • 地平線の彼方(1997/8/1、ISBN 978-4750000145[187] 愛育社 葉祥明が30代に一気に書き上げたエッセイ。精神的根源をつづった1冊。 ※「地平線の素描帖」(1982年刊)の新装復刻版。
  • 僕と風との対話(2005/09、ISBN 978-4333021604佼成出版社 少年期と創作のエピソード、そして自然・平和・いのち…透明な世界を通して、優しさを描いてきた創作絵本作家・葉祥明の軌跡がここに。書き下ろし自伝エッセイ。

読み聞かせ英語絵本[編集]

※分類は主に葉祥明ネットショップに拠る

  • 夢みるジェイク~JAKE'S DREAM~(2015/12/10)Jリサーチ出版 ※大判、ミニ本(朗読CD付き)の2種類あり
  • 海辺のジェイク~JAKE'S BEACH~(2016/1/10)Jリサーチ出版 ※大判、ミニ本(朗読CD付き)の2種類あり
  • 星空のジェイク~JAKE'S STAR~(2016/3/10)Jリサーチ出版 ※大判、ミニ本(朗読CD付き)の2種類あり
  • いっしょにうたおう♪マザーグースのうた①(2018/8/10、えいごのうた絵本)Jリサーチ出版

その他の絵本[編集]

  • おばあちゃんだいすき(1975/6/1、ISBN 978-4-7834-0071-4[188]至光社
  • すずをならすのはだれ(1978/3、ASIN B000J8QNLS)PHP研究所 安房直子・作、葉祥明・絵。※2008年に復刻改訂版が発刊[189][190]
  • 「こぐまのトムトム」シリーズ 葉祥明の作人には珍しく、彩ではなく色鉛筆を使用して描かれている。また、”トムトム”は葉祥明のキャラクターの中では珍しく二本足で立ち、擬人化された姿で描かれている[191]
    • こぐまのトムトム ぼくの あき(1987/10、ISBN 978-4323012643金の星社 2012年に絵本塾出版から再販[191]
    • こぐまのトムトム ぼくのいちにち(2012/2/1、ISBN 978-4904716540[192]絵本塾出版 全国学校図書館協議会 選定図書。
    • こぐまのトムトム ぼくのなつやすみ(2012/4/6、ISBN 978-4904716557[193]絵本塾出版 全国学校図書館協議会 選定図書 
    • こぐまのトムトム ぼくのあき(2014/10/17、ISBN 978-4904716564[194]絵本塾出版 全国学校図書館協議会 選定図書。
    • こぐまのトムトム ぼくのふゆやすみ(2014/10/17、ISBN 978-4904716571[195]絵本塾出版 全国学校図書館協議会 選定図書。
  • 風とひょう(1989/11・ウオカーズカンパニー、1998/6・愛育社) ※ ※イタリア・ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞受賞(1990)[10][11] ※「ベドウィンの少年が一人で何かを求めて砂漠をさ迷う物語。僕を含め人生を考える全ての人にとっての成長の物語。砂漠という過酷なシチュエーションで、苦しみに耐えて先へ先へ進む人生の通過儀礼、イニシエーションを描いた」[196]
  • ほしの ひかった よる(1991/6/1)至光社
  • てんしって いるよ(1994/6/1)至光社
  • ちいさなサンタさん(1995年)佼成出版社
  • 窓をあけよう(1995/4)大和書房
  • 心に響く声(1997年)愛育社
  • 静けさの中で―Letter to Mother(1998/4/1)[71]愛育社 葉祥明が敬愛する天国のマザー・テレサへ贈る心の手紙集。「あなたの存在のおかげで、私の生き方は少し、正しくなりましたよ。」ということを伝えたくて、手紙という形で書いた本を作りました。」「マザー・テレサが、毎朝20分ひとりで静かに祈る時間をとても大切にしているということを知り、その時間こそマザー・テレサ自身を表すと思い、タイトルにしました」[58]
  • 聖フランシスコ アッシジの光(1999/12、ISBN 978-4426883027[170][197]自由国民社 葉祥明がNHK「世界わが心の旅」の取材で2000年に訪れたイタリアの風景を描く。「マリアの宣教者フランシスコ修道会」が4人のフランス人と1人のカナダ人のシスターを熊本に派遣して100年がたったことを記念して創作された絵本。(参考: #TV(199202)世界わが心の旅
  • おつきさま(2001/9/1)フレーベル館 やすい すえこ:著、葉祥明:イラスト
  • 本なんて大っきらい(2001/10/1)[71][198]愛育社 本が大っきらいだった少年が、ようやく本を友とするようになった理由をユーモラスに描いたイタリア発の愉快な物語。 厚生労働省社会保障審議会推薦作品。
  • 奇跡の贈り物(2001/12/1)[71][199]愛育社
  • 大切なともだち Remember me(2001/12)大和出版 かんのゆうこ:著、葉祥明:イラスト
  • もっと好きになるために(2002年、西村由紀江とのコラボレーションCDブックケイ・アイ・エム
  • 奇跡をさがして~Poppy's Gift~(2003/10)鳥影社 吉武祥子:著、葉祥明:絵
  • 世界は1つの生命からはじまった サムシング・グレートからの贈り物(2004年、村上和雄と共著きこ書房
  • 地球へのたからもの(2006年)明窓出版
  • おひさま(2007/8)フレーベル館 やすい すえこ:著、葉祥明:イラスト

feel the Beautyシリーズ[編集]

  • 美しいものを見なさい(2006/11/29、ISBN 9784839359133[200]木耳社 小山美秀子 著、葉祥明 画
  • feel the Beauty 美しいものを見なさい(2007/3/1、ISBN 978-4839359188[201]木耳社 小山美秀子 著、葉祥明 画
  • Feel the beauty 幸せになるのよ!(2007/5/9、ISBN 9784839359195[202]木耳社 小山美秀子 著、葉祥明 画
  • Feel the beauty 大丈夫、無理しないでね(2007/8/10、ISBN 9784839359201[203]木耳社 小山美秀子 著、葉祥明 画
  • Feel the beauty 美しいものを見なさい diary(2007/11/29、ISBN 978-4839369224[204]木耳社 小山美秀子 著、葉祥明 画
  • Feel the beauty この家を、救いの家に(2007/11/29、ISBN 9784839359218[204]木耳社 小山美秀子 著、葉祥明 画

連載[編集]

連載中[編集]

休刊[編集]

  • 詩とメルヘン サンリオ 1973年創刊、2003年休刊の月刊誌(2007年に「詩とファンタジー」として復刊)。葉祥明がデビューまもなく、イラストレーションの仕事がようやく舞い込んでいたころ、やなせたかしから直接に執筆の依頼を受けたことで掲載を決める[208][209]。葉祥明の絵がより多くの人に知られるようになったきっかけとして欠かせない雑誌という。1977年2月号に挿画を寄稿して以降、同誌の常連の一人となる[210]

海外での出版[編集]

※出版情報は主に、WorldCatまたは葉祥明美術館発信の情報(ブログ等)に拠る。

  • イギリス
    • ぼくのべんちにしろいとり(Jake)[1] (1973/10、ISBN 0713614021)出版:A & C Black Publishers Ltd.(英ロンドン)
  • フランス
    • ぼくのべんちにしろいとり(Le chien et son oiseau)[1](1973年、ASIN B06Y4VGXLV)出版:Éditions du Cerf(仏パリ)
    • おばあちゃんだいすき(Une Fleur pour ma grand-mère)(1975年、ASIN B008RLTIXE)出版:Éditions du Cerf(仏パリ)
    • くんくんきみだあれ(Domino et le phoque)(1991年、ISBN 2204043591)出版:Éditions du Cerf(仏パリ)
    • いまも どこかで…(Maintenant encore, quelque part ...)(1991年、ISBN 9782904292507)出版:Grandir (グランディール)社(仏)
    • ほしの ひかった よる(La nuit de l'étoile filante)(1992年、ISBN 2201013591)出版:Éditions du Cerf(仏パリ)
  • スウェーデン
    • ぼくのべんちにしろいとり(En liten fågel och en stor hund)[1](1973年、ISBN 9789171281388)出版:International Publishing Company(スウェーデン・エレブルー)
  • イタリア ※参考[211]
    • イルカの星(Il pianeta dei delfini)(1997年、ISBN 8880930605)出版:il punto d'incontro(伊ビチェンツァ)
    • リトルブッダ(Piccolo Buddha)(1997年、ISBN 8880930729)出版:il punto d'incontro(伊ビチェンツァ)
    • 宇宙からの声(Messaggio cosmico)(1998年、ISBN 8880931253)出版:il punto d'incontro(伊ビチェンツァ)
    • ひかりの世界(Il mondo luminoso)(2000年、ISBN 8880931318)出版:il punto d'incontro(伊ビチェンツァ)
    • ジェイクと海のなかまたち(Amico oceano)(2000年、ISBN 8880931857)出版:il punto d'incontro(伊ビチェンツァ)
    • クジラの海(Balene)(2000年、ISBN 8880932187)出版:il punto d'incontro(伊ビチェンツァ)
  • ドイツ
    • いつか あるとき…(Himmelsboot)(1988年、ISBN 9783804843448)出版:Friedrich Wittig Verlag(独ハンブルク)
    • いまも どこかで…(Drachen fliegen)(1989年、ISBN 9783804843653)出版:Friedrich Wittig Verlag(独ハンブルク)
    • ほしの ひかった よる(Mein Weihnachtstraum)(1992年、ISBN 9783804844087)出版:Friedrich Wittig Verlag(独ハンブルク)
    • くんくんきみだあれ(Und wer bist du?)(1992年、ISBN 9783804844025)出版:Friedrich Wittig Verlag(独ハンブルク)
    • 空気はだれのもの?(Wem gehört die Luft?)(1992、ISBN 9783804844025)出版:Lappan Verlag(独)
  • スロベニア
    • くんくんきみだあれ(Domino in tjulenj)(2000年、ISBN 9789616018869)出版:Epta(スロベニア・リュブリャナ)
  • 中国
    • 大切なともだち Remember me(藏在角落的玩伴)(2001年、ISBN 9789576774560)出版:旗品文化(中国) かんのゆうこ:著、葉祥明:イラスト
    • おつきさま(圆圆的月亮)(2007年、ISBN 9787508349503)出版:中国电力出版社(中国) やすい すえこ:著、葉祥明:イラスト
    • 「おなかの赤ちゃんとお話しようよ」シリーズ(妈妈の爱系列绘本) 
      • おなかの赤ちゃんとお話ししようよ(与肚子里的宝宝说说话)(2010/4/1、ISBN 9787543863064)出版:湖南人民出版社(中国)
      • 生まれた赤ちゃんとお話ししようよ(与刚出生的宝宝说说话)(2010年、ISBN 9787543863118)出版:湖南人民出版社(中国)
      • 生んでくれて、ありがとう(謝妳生下我)2010年、ISBN 9787543863088)出版:湖南人民出版社(中国)
      • 子どものこころを感じてみようよ(听, 孩子的心声)(2010/4、ISBN 9787543863057)出版:湖南人民出版社(中国)
      • 育ててくれて、ありがとう(谢谢您养育我)(2010年、ISBN 9787543863125)出版:湖南人民出版社(中国)
    • おひさま(太阳公公)(2011年、ISBN 9787508396767)出版:中国电力出版社(中国) やすい すえこ:著、葉祥明:イラスト
    • すずをならすのはだれ(是谁在摇铃)(2015年、ISBN 9787221126528)出版:贵州人民出版社(中国)[212] 安房直子・作、葉祥明・絵。
    • 読み聞かせ英語絵本「ジェイク」シリーズ[213]
      • 夢みるジェイク(小狗杰克梦中冒险)(2018年)出版:南海出版公司(中国)
      • 海辺のジェイク(小狗杰克海边漫步)(2018年)出版:南海出版公司(中国)
      • 星空のジェイク(小狗杰克星空旅行)(2018年)出版:南海出版公司(中国)
  • 台湾

※台湾と中国の書籍はいずれも中国語版だが、出版社が台湾の場合、台湾に分類した。

  • 「地雷ではなく花をください(サニー)」シリーズ
    • 地雷ではなく花をください(小桑尼的心願:不要地雷, 只要花)(1998/4、ISBN 9789573234784)出版:遠流出版(台湾)
    • 続・地雷ではなく花をください(小桑尼去柬埔寨:不要地雷, 只要花(二) )(1998/4、ISBN 9789573234791)出版:遠流出版(台湾)
  • 窓をあけよう(抬頭看看天空)(2001年、ISBN 9789578158054)出版:維京國際出版(台湾)
  • 風にきいてごらん(詩集)(聽聽風怎麼說)[135](2001年、ISBN 9789578158061)出版:維京國際出版(台湾)
  • 「おなかの赤ちゃんとお話しようよ」シリーズ
    • おなかの赤ちゃんとお話ししようよ(聽天使在唱歌)[213](2001年、ISBN 9789570451436)出版:臺灣廣廈出版(台湾)
    • 子どものこころを感じてみようよ(听听孩子的心声)(2005/9、ISBN 9789868146709)出版:巨河文化出版(台湾)
  • ゴンダールのやさしい光(剛達爾溫柔的光)(2004/7、ISBN 9867819845)出版:玉山社出版(台湾)
  • 韓国
    • イルカの星(돌고래 별)(2004年、ISBN 9788956030432)出版:한국 프라임(韓)
    • おなかの赤ちゃんとお話ししようよ[214]
    • 生まれた赤ちゃんとお話ししようよ[214]
    • 子どものこころを感じてみようよ[214]

DVD・ビデオ[編集]

  • 葉祥明の世界Vol.1(※VHSビデオ)(1991/2/25、ASIN B00005EKFYファンハウス 1本 27分。
  • ジェイクの贈り物(※VHSビデオ)(1997/11/21、ASIN B00005GZ7Iビクターエンタテインメント 1本 18分。
  • LANDSCAPE FANTASY ~葉祥明の世界~(2003/8/5、ASIN B0000A4HZ6)メーカーオリジナル DVD1枚、40分。
    • 葉祥明のイラストレーションの世界を最新CG技術で演出[215]
  • ぼくは はちぞう(2005/4/20、ASIN B0007VLWFOポニーキャニオン DVD1枚、35分。
    • “はちぞう”の心暖まる物語をアニメ化。全7話に加え、特典として葉祥明のインタビューなども収録。
  • 白い犬のジェイク(2005/5/18、ASIN B0008JH4ZCポニーキャニオン DVD1枚、45分。
    • 「白い犬のジェイク」をCGアニメーション化、物語全6編を収録。
  • 天使のこえをきかせてよ(2005/12/21、ASIN B000BV7VE6)asu-one entertainment DVD1枚、35分。[216]
    • お母さん、お父さんへお腹の赤ちゃんとのコミュニケーションを提案する胎教DVD。
  • 画ニメ 葉祥明美術館 LINE(2006/8/1、ASIN B000GYHQW0)ビデオメーカー DVD1枚、24分。[217]
    • 葉祥明の油絵作品を、映像作家・中井庸友が「画ニメ」として映像化。
  • 白い犬のジェイク~ジェイク空へ!~(2006/11/15、ASIN B000HOL8H8)ポニーキャニオン DVD1枚、35分。
    • 葉祥明の幻想的な世界観をアニメ化したファンタジー。オリジナルショートストーリー7話を収録。
  • 奇跡をさがして~Poppy's Gift~(2011/9/23、ASIN B000HOL8H8)ポニーキャニオン DVD1枚、76分。[218][219]
    • 2003年の同タイトルの絵本の映像化。葉祥明の絵に、著者の吉武祥子の朗読、あらい舞の音楽。
    • 特典映像として、2009年に大阪ドーンセンターで行われた講演会の対談映像、および葉祥明の詩の朗読が付属。
  • 地球のみんな・Walking Tour(2013/5/31、ASIN B00ECD8YEA)Eyes Project CD1枚、32分。DVD1枚、約5分。[220][221]
    • 「地球のみんな」は、東日本大震災で被害を受けた東北の養護施設の子供達とのふれあいを通して生み出された曲。
    • DVD「WALKING TOUR」は、2002年8月にネット上で公開され200万以上のアクセスを記録した“sapara”制作の“死別”をテーマにしたFlashアニメ作品。
    • 音楽:黒石ひとみ、ムービー:sapara、イラスト:葉祥明
  • Healing Heart ~心の風景を求めて~(2014年)北鎌倉葉祥明美術館 DVD1枚、32分。
    • 葉祥明の代表的な作品58点を映像作家“小川翔平”がビジュアル化、音楽は“MASAYA”。特典映像として熊本市現代美術館での原画展に出品された映像「COSMIC MESSAGE」も収録 。※葉祥明美術館店頭とNETSHOPのみでの発売。[222][223] 

社会問題・環境問題に関する作品とその貢献[編集]

  • 「地雷ではなく花をください」シリーズ
    • (リンク:葉祥明#地雷ではなく花をください1996年開始の、対人地雷について考える絵本シリーズ(葉祥明がボランティア活動として描く[133])。絵本では異例の、シリーズ65万部突破[224]。本シリーズは、難民支援NGO「AAR Japan」と共同で作成され、純益はAARを通じて地雷・不発弾除去活動に利用される。このシリーズにより、これまでにカンボジア・アフガニスタンなど世界各地の約2,652平方メートル(東京ドーム567個分)の土地の安全確保と、100万を超える人々に地雷や不発弾を回避する教育活動ができ、活動は今なお継続中という[60][225][226]。葉祥明が描く本シリーズの主人公、うさぎのサニーちゃんのイラストは、AARのチャリティーグッズ[227]、チャリティーチョコレート(六花亭[228][229]にも使用されている。参考:AAR「地雷ではなく花をください」
  • 森のささやき
    • (リンク:葉祥明#森のささやき 1990/8月出版の絵本。無垢な心を持った少年が森からのささやきを聞く…。世代を越えた植林活動の必要性を子供たちに向けてわかりやすく説明した本。この絵本の収益と著者印税の一部は、環境保護団体を通じて植林事業に役立てられる[232][233]。本書は1冊売れると売上金の一部が30本の木の苗に変わり、毎年インドネシアに送られるという[234]。本書は富士ゼロックスオフィスサプライの創立20周年の節目に「よりよい環境を未来の子供たちへ」というコンセプトの元、企画された[233]
  • ゴンダールのやさしい光
    • (リンク:葉祥明#ゴンダールのやさしい光2001/10/23出版の絵本。アフリカ・エチオピアで食糧配布ボランティアに参加した青年のエピソードを描く。貧困と飢餓に苦しむ子供たちにわたしたちは何ができるのか?全国図書館協議会選定絵本。本書の収益の一部は当機構の活動を通じて、世界の飢餓をなくすために使われる[235]

受賞歴[編集]

TV出演[編集]

  • いのちの響(第90回 絵本作家 葉祥明)
    • 1997/7/6放送、TBS[14]。著名人出演のテレビ・トークドキュメンタリー番組。[15]
  • 世界・わが心の旅 -イタリア 聖なる光の中で- 旅人:絵本作家 葉祥明
    • 1999/2/6放送、NHK-BS 衛星第二テレビ。北イタリアにアッシジ聖フランチェスコの足跡を訪ねる。[241]
    • 聖フランチェスコを敬愛する葉祥明にとって、イタリア・アッシジは是非訪れたい場所だったという。[242]帰国後、この旅で訪れたイタリア・トスカーナ地方の風景を元に、詩画集「朝の光の中で―St.FRANCIS OF ASSISI」(1999/3/1)、絵本「聖フランシスコ アッシジの光」(1999/12)、画集「トスカーナの祈り―イタリア、光と風の旅 葉祥明画集」(2000/12/1)が発表された。[170][243] 
  • 徹子の部屋 ゲスト:葉祥明 世界で活躍 なごみの絵本作家・葉祥明
    • 2001/7/6放送、テレビ朝日系列 13:20~13:55。[244]
  • 東京色「きれいなそら」
    • 2003/7/16放送、テレビ東京系列 19:55~20:00[244]
  • テレビ寺子屋 「地雷ではなく花をください」
    • 2004/3/27放送、フジテレビ系列 05:00~05:30[244]
  • くまもと大好き(くまもと大好きスペシャル(後編))
    • 2011/4/15、NHK熊本放送局 22:00~22:50(熊本県単独放送)[247][248]

Webインタビュー記事[編集]

美術館[編集]

北鎌倉 葉祥明美術館[編集]

1991年に北鎌倉に開館。JR横須賀線・北鎌倉駅徒歩5分。

葉祥明がイメージした設計案を元にした、ジョージアン様式の派生型の洋館[255]。”画家で詩人の父親と夫人、10歳のリラちゃんと5歳のクロードくんの一家がかつて住んでいた洋館”というコンセプトで作られた[256]

葉祥明の原画を約80点常時展示し、1階では年に6回の常設展示、2階の各部屋では四季折々の作品を展示している。1階のミュージアムショップは入館料不要で利用でき、キャラクターグッズやポストカード、絵本、絵画などを販売している[256]。美術館では葉祥明のミュージアムトーク等のイベントが随時行われている[257]

展示室には来館者の声を書く「感想ノート」が備えられており、開館当時から150冊を超えている(葉祥明も来館する度に目を通している)[258]

付記[編集]

SNS[編集]

葉祥明 阿蘇高原絵本美術館[編集]

2002年に熊本県阿蘇郡南阿蘇村に開館。JR赤水駅からタクシー13分[261]。車で熊本市内より約1時間30分、熊本空港より約45分[262]

葉祥明の絵の故郷である阿蘇の丘の上に開館した[262]。葉祥明の実弟である葉山祥鼎が館長を務める[263]

絵本の主人公・犬のジェイク、絵本の原画や詩の言葉を展示しており、季節ごとに原画を入れ替えている。同時に葉祥明の実弟でもあり館長の葉山祥鼎の阿蘇の写真や幸せを呼ぶハチ“ブルー・ビー”の絵本シリーズの原画も展示している。館内にはショップの他、カフェテリアもある[262]

絵だけでなく、美術館の敷地の、広々とした草原の散歩コースを楽しむこともできる[262]。美術館の庭に、”幸せを呼ぶ”とされる「ブルー・ビー(ルリモンハナバチ)」が訪れることでも有名[264][265][263]

熊本地震[編集]

  • 2016年4月の熊本地震では、美術館の敷地に地割れが走るなど大きな被害を受け一時休館、2016年8月に116日ぶりに再開した。建屋や展示していた絵本の原画などは無事だったという[266]

SNS[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 葉祥明について | 葉祥明美術館”. www.yohshomei.com. 2018年12月6日閲覧。
  2. ^ a b 第1回「CAFE JAKE」”. www.yohshomei.com. 2018年12月6日閲覧。
  3. ^ 葉祥明氏が母校で中学生に特別公演(九州学院HP)
  4. ^ a b 葉祥明 | |正光画廊”. seikougarou.co.jp. 2018年12月6日閲覧。
  5. ^ a b c d e きっとある虹色の道 ~葉祥明から未来へのメッセージ~ 開局25周年特別番組(2015/2/21放送)” (日本語). www.kab.co.jp. 熊本朝日放送. 2018年12月8日閲覧。
  6. ^ 掲載されました!:葉祥栄「西日本文化賞」受賞記事!” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月6日閲覧。
  7. ^ a b 葉山祥鼎氏(S19回)のブルービーの絵本が静かなブーム | 九州学院ホームページ”. kyugaku.ed.jp. 2018年12月6日閲覧。
  8. ^ 著者・イラストレーターインタビュー”. www.shuppanbunka.com. 出版文化社. 2018年12月9日閲覧。
  9. ^ a b c 葉 祥明 - 株式会社 木耳社”. www.mokujisha.co.jp. 2018年12月6日閲覧。
  10. ^ a b c 絵本” (日本語). 愛育社. 2018年12月7日閲覧。
  11. ^ a b c Ragazzi, Biblioteca Salaborsa (2007年10月15日). “1990年の受賞者 - ボローニャ国際児童図書展” (イタリア語). Biblioteca salaborsa. 2018年12月8日閲覧。
  12. ^ 日本絵本賞公式サイト(97日本絵本賞 受賞作品)”. www.dokusyokansoubun.jp. 2018年12月8日閲覧。
  13. ^ a b c 第7回(平成9年度)  けんぶち絵本の里大賞 過去の受賞作品”. ehon-yakata.com. 2018年12月8日閲覧。
  14. ^ a b 出演者一覧 - テレビ・トークドキュメンタリー番組 いのちの響”. www.otrfilm.com. 株式会社オンザロード. 2018年12月8日閲覧。
  15. ^ a b いのちの響 テレビ・トークドキュメンタリー番組”. www.otrfilm.com. 株式会社オンザロード(TV番組製作会社). 2018年12月9日閲覧。
  16. ^ 平成10年特殊切手「わたしの愛唱歌シリーズ第6集郵便切手」”. www.post.japanpost.jp. 2018年12月8日閲覧。
  17. ^ 第6回平和・協同ジャーナリスト基金賞の決定と選考経過”. vpress.la.coocan.jp. 2000年12月8日 平和・協同ジャーナリスト基金(PCJF). 2018年12月8日閲覧。
  18. ^ 葉祥明 原画展 | 織田廣喜美術館”. www.city.kama.lg.jp. 織田廣喜美術館. 2018年12月9日閲覧。
  19. ^ a b 詩集「母親というものは」” (日本語). YOH SHOMEI NETSHOP. 2018年12月8日閲覧。
  20. ^ 過去の展覧会(企画展)”. s-bihaku.jugem.jp. 周南市美術博物館. 2018年12月9日閲覧。
  21. ^ NHK「みんなのうた」にジェイクが出演… !?” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月8日閲覧。
  22. ^ ルー大柴『葉祥明美術館へお邪魔しました!』” (日本語). ルー大柴オフィシャルブログ『TOGETHER』. 2018年12月8日閲覧。
  23. ^ 過去の展覧会2000~2009年”. 米子市美術館. 2018年12月9日閲覧。
  24. ^ 葉祥明 HEART & ART展 || 筆の里工房”. fude.or.jp. 筆の里工房. 2018年12月9日閲覧。
  25. ^ 画業40周年記念 葉祥明展―地平線の彼方へ―”. www.camk.jp. 熊本市現代美術館. 2018年12月9日閲覧。
  26. ^ a b c d e こころ育てる絵本との出会い マグちゃん通信 vol.15(2012/8/9)”. www.ehonkan.or.jp. 公益財団法人 富山県射水市 絵本文化振興財団. 2018年12月8日閲覧。
  27. ^ 原画展<射水市大島絵本館>:展示の様子をご紹介します!-その1” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月9日閲覧。
  28. ^ 原画展<おかざき世界子ども美術博物館>:展示室のご紹介!_その1” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月9日閲覧。
  29. ^ やなせたかしと「詩とメルヘン」のなかまたち”. 香美市立やなせたかし記念館|アンパンマンミュージアム&詩とメルヘン絵本館. 2018年12月9日閲覧。
  30. ^ 原画展<詩とメルヘン絵本館&別館>:やなせたかしと「詩とメルヘン」のなかまたち” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月9日閲覧。
  31. ^ 原画展<詩とメルヘン絵本館&別館>:やなせたかしと「詩とメルヘン」のなかまたち” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月9日閲覧。
  32. ^ 掲載されました!:『やなせたかしと「詩とメルヘン」のなかまたち』” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月9日閲覧。
  33. ^ 葉祥明『ありがとう 愛を!』出版記念原画展” (日本語). 教文館 (2013年6月10日). 2018年12月9日閲覧。
  34. ^ 原画展<教文館>:『ありがとう 愛を!』出版記念原画展_展示の様子” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月9日閲覧。
  35. ^ 葉祥明の世界展~Feel the Happiness~”. www.nagasaki-museum.jp. 長崎県美術館. 2018年12月9日閲覧。
  36. ^ 原画展<長崎県美術館>:展示会場のご紹介!-その1/3” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月9日閲覧。
  37. ^ 原画展<長崎県美術館>:ご当地新作原画3点のご紹介!” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月9日閲覧。
  38. ^ 葉祥明展 水平線の向こうから/可児市文化創造センター”. www.kpac.or.jp. 可児市文化創造センター. 2018年12月9日閲覧。
  39. ^ 原画展<可児市文化創造センター>:展示の様子!” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月9日閲覧。
  40. ^ 葉祥明の世界展 ~ジェイクと一緒に心の旅へ~|主催公演のご案内|所沢市民文化センター ミューズ”. www.muse-tokorozawa.or.jp. 2018年12月9日閲覧。
  41. ^ 原画展<所沢ミューズ>:会場の様子!_その2” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月9日閲覧。
  42. ^ 原画展<熊本平和美術展>:原画展示のお知らせ!” (日本語). 2018年12月9日閲覧。
  43. ^ これまでの特別企画展 リアス・アーク美術館”. リアス・アーク美術館. 2018年12月9日閲覧。
  44. ^ 原画展<リアス・アーク美術館>:葉祥明来館の様子_1/2” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月9日閲覧。
  45. ^ 原画展<ジュンク堂書店池袋店>:絵本『ひろい かわの きしべ』出版記念原画展_展示の様子!” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月9日閲覧。
  46. ^ 平成28年度特別企画展 葉祥明アート展 | 佐久市ホームページ”. www.city.saku.nagano.jp. 佐久市立近代美術館. 2018年12月9日閲覧。
  47. ^ 原画展<佐久市立近代美術館>:『葉祥明アート展 ~絵本と絵画と言葉の世界~』_展示の様子” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月9日閲覧。
  48. ^ 原画展<佐久市立近代美術館>:『葉祥明アート展 ~絵本と絵画と言葉の世界~』_チラシのご紹介!” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月9日閲覧。
  49. ^ 「絵本文学の世界へ 葉 祥明 展」開催のお知らせ | 花巻市”. www.city.hanamaki.iwate.jp. 萬鉄五郎記念美術館. 2018年12月9日閲覧。
  50. ^ 原画展<萬鉄五郎記念美術館>:『葉祥明展 ~絵本文学の世界へ~』_展示の様子_1/2” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月9日閲覧。
  51. ^ 原画展<萬鉄五郎記念美術館>:『葉祥明展 ~絵本文学の世界へ~』_展示の様子_2/2” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月9日閲覧。
  52. ^ 北鎌倉 葉祥明美術館, 北鎌倉 葉祥明美術館 〜オフィシャル紹介映像〜, https://www.youtube.com/watch?v=W0nKby-MvyM 2018年12月8日閲覧。 
  53. ^ a b 熊本朝日放送動画, 絵本プロジェクトVTR(2014年7月9日放送分), https://www.youtube.com/watch?v=6UtP62nq3Oo 2018年12月8日閲覧。 
  54. ^ 絵本作家 葉祥明さん 絵本作家インタビュー(前編)|mi:te[ミーテ]” (日本語). mi:te[ミーテ]. 2018年12月8日閲覧。
  55. ^ 掲載されました!:雑誌<サライ>定番・朝めし自慢-3” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月9日閲覧。
  56. ^ 人生の先輩からあなたへ 第10回 葉 祥明さん(絵本作家・画家・詩人)-「東京ウーマン」”. 東京ウーマン. 2018年12月9日閲覧。
  57. ^ ひと図鑑 葉祥明さん(創作絵本作家)※2014年9月に「東京ウーマン」に寄稿した記事を転載” (日本語). ひと図鑑たび図鑑. インタビューライター・たなかみえ (2015年10月9日). 2018年12月7日閲覧。
  58. ^ a b c マザー・テレサへの想い” (日本語). 70seeds. 2018年12月9日閲覧。
  59. ^ #068 学校に行きたくない人は、行かなくたっていいんだよ。 - 葉 祥明 さん(絵本作家) | mammo.tv”. www.mammo.tv. 2018年12月9日閲覧。
  60. ^ a b 地雷ではなく花をください||絵本・児童書|自由国民社”. www.jiyu.co.jp. 2018年12月9日閲覧。
  61. ^ 新商品のご紹介:絵本『ぼくの ベンチに しろいとり』_改訂版” (日本語). 2018年12月11日閲覧。
  62. ^ 再販のご紹介:絵本「空気さん ありがとう!」” (日本語). 2018年12月12日閲覧。
  63. ^ 絵本『ジェイクからの10のおねがい』” (日本語). YOH SHOMEI NETSHOP. 2018年12月9日閲覧。
  64. ^ ギフト絵本『こどもの日』” (日本語). 2018年12月9日閲覧。
  65. ^ 絵本『ありがとう 愛を!』” (日本語). 2018年12月9日閲覧。
  66. ^ 絵本『おたんじょう おめでとう』” (日本語). 2018年12月9日閲覧。
  67. ^ 新刊のご紹介:詩画集『おたんじょう おめでとう』いのちの出会いが教えてくれること” (日本語). 2018年12月9日閲覧。
  68. ^ 新刊のご紹介:ギフト絵本「ひなまつり」” (日本語). 2018年12月9日閲覧。
  69. ^ ギフト絵本『ひなまつり』” (日本語). 2018年12月9日閲覧。
  70. ^ a b 絵本「おなかの赤ちゃんとお話ししようよ」” (日本語). 葉祥明ネットショップ. 2018年12月7日閲覧。
  71. ^ a b c d e f g h i j k l 葉 祥明” (日本語). 愛育社. 2018年12月10日閲覧。
  72. ^ 絵本「いつか・あるとき…」” (日本語). YOH SHOMEI NETSHOP. 2018年12月9日閲覧。
  73. ^ オススメ Vol.20「いつか・あるとき…」 | 葉祥明美術館”. www.yohshomei.com. 2018年12月9日閲覧。
  74. ^ 「いまも どこかで…」絵本・アートブックの至光社”. www.ehon-artbook.com. 2018年12月12日閲覧。
  75. ^ 絵本「リトルブッダ」” (日本語). YOH SHOMEI NETSHOP. 2018年12月9日閲覧。
  76. ^ 絵本「宇宙からの声」” (日本語). YOH SHOMEI NETSHOP. 2018年12月9日閲覧。
  77. ^ 絵本「ひかりの世界」” (日本語). YOH SHOMEI NETSHOP. 2018年12月9日閲覧。
  78. ^ a b c 葉祥明講演会《心に響くいのちの言葉》のご案内です。” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  79. ^ 絵本「クジラの海」” (日本語). YOH SHOMEI NETSHOP. 2018年12月9日閲覧。
  80. ^ クジラの海 Ocean of Whales - 佼成出版社. http://www.kosei-shuppan.co.jp/book/b274699.html. 
  81. ^ 絵本「美しの里」” (日本語). YOH SHOMEI NETSHOP. 2018年12月9日閲覧。
  82. ^ 美しの里|その他のメッセージ絵本|絵本・児童書|自由国民社”. www.jiyu.co.jp. 2018年12月9日閲覧。
  83. ^ 絵本「オレンジいろのペンギン」” (日本語). YOH SHOMEI NETSHOP. 2018年12月9日閲覧。
  84. ^ 絵本「ヒーリング・キャット」” (日本語). YOH SHOMEI NETSHOP. 2018年12月9日閲覧。
  85. ^ クレストンの青い鳥|その他のメッセージ絵本|絵本・児童書|自由国民社”. www.jiyu.co.jp. 2018年12月9日閲覧。
  86. ^ 絵本「クレストンの青い鳥 ~やすらぎの大地~」” (日本語). YOH SHOMEI NETSHOP. 2018年12月9日閲覧。
  87. ^ 絵本「リトル・ツリー」~The great story of Little Tree~” (日本語). YOH SHOMEI NETSHOP. 2018年12月9日閲覧。
  88. ^ 詩画集「ASO ~阿蘇、ぼくの心のふるさと~」” (日本語). YOH SHOMEI NETSHOP. 2018年12月9日閲覧。
  89. ^ 絵本「水平線の向こうから」” (日本語). YOH SHOMEI NETSHOP. 2018年12月9日閲覧。
  90. ^ 絵本「海からの風」” (日本語). YOH SHOMEI NETSHOP. 2018年12月9日閲覧。
  91. ^ 絵本『ドルフィンメッセージ』” (日本語). YOH SHOMEI NETSHOP. 2018年12月9日閲覧。
  92. ^ 新刊のご紹介:「ドルフィンメッセージ」” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月7日閲覧。
  93. ^ オススメ Vol.68 葉祥明が描く深く青い海の世界へ 「ドルフィン・メッセージ」展 | 葉祥明美術館”. www.yohshomei.com. 2018年12月7日閲覧。
  94. ^ 絵本「にじいろのみち」” (日本語). YOH SHOMEI NETSHOP. 2018年12月9日閲覧。
  95. ^ 絵本「ひろい かわの きしべ」” (日本語). YOH SHOMEI NETSHOP. 2018年12月9日閲覧。
  96. ^ 絵本「そらのむこうに」” (日本語). 2018年12月9日閲覧。
  97. ^ 絵本「イルカの星」” (日本語). YOH SHOMEI NETSHOP. 2018年12月9日閲覧。
  98. ^ a b 絵本「イルカの星」” (日本語). YOH SHOMEI NETSHOP. 2018年12月7日閲覧。
  99. ^ 絵本「ジョンのふしぎなたび」” (日本語). 2018年12月9日閲覧。
  100. ^ オススメ Vol.65「あおいしか」 | 葉祥明美術館”. www.yohshomei.com. 2018年12月9日閲覧。
  101. ^ 絵本「あおいしか」” (日本語). 2018年12月9日閲覧。
  102. ^ オススメ Vol.27「ホタルのくる町」 | 葉祥明美術館”. www.yohshomei.com. 2018年12月9日閲覧。
  103. ^ 絵本「ホタルのくる町」” (日本語). 2018年12月9日閲覧。
  104. ^ しろいおおかみ White Wolf - 佼成出版社. http://www.kosei-shuppan.co.jp/book/b274747.html. 
  105. ^ 絵本「しろいおおかみ」” (日本語). 2018年12月9日閲覧。
  106. ^ 絵本「虹の橋」” (日本語). YOH SHOMEI NETSHOP. 2018年12月9日閲覧。
  107. ^ しろくまのピナーク Polar Bear Pinak - 佼成出版社. http://www.kosei-shuppan.co.jp/book/b274748.html. 
  108. ^ 絵本「しろくまのピナーク」” (日本語). 2018年12月9日閲覧。
  109. ^ 絵本「渡り鳥からのメッセージ」” (日本語). YOH SHOMEI NETSHOP. 2018年12月9日閲覧。
  110. ^ a b オススメ Vol.48「美しい朝に」 | 葉祥明美術館”. www.yohshomei.com. 2018年12月10日閲覧。
  111. ^ 葉祥明美術館から「チェルノブイリ通信2007年No.70」のご案内” (日本語). 2018年12月11日閲覧。
  112. ^ 夢につばさを 世界中の子どもたちに :こやま峰子/葉祥明” (日本語). 金の星社. 2018年12月10日閲覧。
  113. ^ 絵本「夢につばさを」” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  114. ^ 絵本「あの夏の日」” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  115. ^ あの夏の日|絵本論・読みきかせ|絵本・児童書|自由国民社”. www.jiyu.co.jp. 2018年12月10日閲覧。
  116. ^ じゆうのつばさ (みんなで考える絵本セレクション) :葉祥明” (日本語). 子どもの本の国土社. 2018年12月10日閲覧。
  117. ^ 絵本「じゆうのつばさ」” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  118. ^ アンネのバラ”. www.shuppanbunka.com. 出版文化社. 2018年12月10日閲覧。
  119. ^ 絵本「アンネのバラ」” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  120. ^ オススメ Vol.26「アンネのバラ」 | 葉祥明美術館”. www.yohshomei.com. 2018年12月10日閲覧。
  121. ^ 絵本「世界の子どもたちに今おきていること」” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  122. ^ 世界の子どもたちに今おきていること | きこ書房” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  123. ^ a b 絵本「美しい朝に」” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  124. ^ a b 新刊のご紹介:絵本『美しい朝に』” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  125. ^ a b メルヘンで世界の蛇口になる 絵本作家 葉祥明さん インタビュー ②” (日本語). 70seeds. 2018年12月10日閲覧。
  126. ^ 絵本「あのひのこと」” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  127. ^ 新刊のご紹介:絵本『あのひのこと』” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  128. ^ a b 『パヤタスに降る星~A starry night in payatas~』” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  129. ^ a b 新刊の紹介:パヤタスに降る星~A starry night in payatas~” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  130. ^ パヤタスに降る星 中央法規出版”. www.chuohoki.co.jp. 2018年12月10日閲覧。
  131. ^ 絵本『きみに聞いてほしい~広島に来た大統領~』” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  132. ^ 新刊のご紹介:絵本『きみに聞いてほしい~広島に来た大統領~』” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  133. ^ a b サニーちゃんとは|日本生まれの国際NGO AAR Japan[難民を助ける会]”. www.aarjapan.gr.jp. 2018年12月11日閲覧。
  134. ^ a b 絵本『サニーちゃん、シリアへ行く』” (日本語). 2018年12月9日閲覧。
  135. ^ a b 葉祥明 詩集「風にきいてごらん」絶版の危機?” (日本語). 2018年12月11日閲覧。
  136. ^ もういちど会える - 大和書房”. www.daiwashobo.co.jp. 2018年12月10日閲覧。
  137. ^ 詩集「母親というものは」” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  138. ^ お客様からのお便りシリーズ:詩集「母親というものは」感想文” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  139. ^ テレビドラマ「東京タワー」最終回に、葉祥明の詩が登場します!” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  140. ^ 新作「母親というものは 父親というものは」発表しました! 2015/1/1”. 橋本昌彦website. 2018年12月10日閲覧。
  141. ^ 母親というものは 父親というものは | 橋本昌彦 online shop on the BASE” (日本語). 橋本昌彦 online shop. 2018年12月10日閲覧。
  142. ^ ことば写真集「ホワイトウルフの教え」” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  143. ^ 新刊のご紹介:ことば写真集「ホワイトウルフの教え」” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  144. ^ 詩集「しあわせの法則」” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  145. ^ 新刊のご紹介:ことばの本「しあわせの法則」”. 2018年12月10日閲覧。
  146. ^ 言葉の本「怒らない~幸せな人生のために~」” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  147. ^ 新刊のご紹介:言葉の本『怒らない~幸せな人生のために~』” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  148. ^ 言葉の本「幸せに生きる100の智恵」” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  149. ^ 新刊のご紹介:詩集『幸せに生きる100の智恵』” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  150. ^ メッセージブック「17歳に贈る人生哲学」” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  151. ^ 新刊のご紹介:メッセージブック『17歳に贈る人生哲学』” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  152. ^ 17歳に贈る人生哲学 | 葉祥明著 | 書籍 | PHP研究所” (日本語). PHP研究所 / PHP INTERFACE. 2018年12月11日閲覧。
  153. ^ 言葉の本「幸せは日々の中に」” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  154. ^ 新刊のご紹介:言葉の本『幸せは日々の中に』” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  155. ^ 葉祥明 許そう。”. www.nipponhyojun.co.jp. 2018年12月10日閲覧。
  156. ^ 言葉の本「無理しない」” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  157. ^ 言葉の本「気にしない」” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  158. ^ 言葉の本「急がない」” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  159. ^ 言葉の本「比べない」” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  160. ^ 言葉の本「いのちあきらめない」” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  161. ^ 言葉の本「こだわらない」” (日本語). YOH SHOMEI NETSHOP. 2018年12月9日閲覧。
  162. ^ 言葉の本「三行の智恵-生き方について」” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  163. ^ 新刊のご紹介:ことばの本「三行の智恵-生き方について-」” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  164. ^ 葉祥明 三行の智恵 人との関わり方”. www.nipponhyojun.co.jp. 2018年12月10日閲覧。
  165. ^ 言葉の本「三行の知恵-心の平和のために」” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  166. ^ 言葉の本「三行の智恵-人として生きる」” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  167. ^ 新刊のご紹介:ことばの本「三行の智恵-人として生きる-」” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  168. ^ a b c d 葉祥明「ことばの花束」”. www.nipponhyojun.co.jp. 2018年12月10日閲覧。
  169. ^ 詩画集「ことばの花束2」” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  170. ^ a b c d 葉祥明美術館メールマガジンvol.39が配信されました!” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  171. ^ Luna(ルナ)|書籍|英治出版”. www.eijipress.co.jp. 2018年12月10日閲覧。
  172. ^ 詩画集「Luna ルナ」” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  173. ^ 詩画集「Holy Hill」” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  174. ^ 葉祥明 丘の詩画集『Furano Holy Hill』” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  175. ^ 世界の名詩を読みかえす” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  176. ^ 世界の名詩を読みかえす”. isopsha.com. 2018年12月10日閲覧。
  177. ^ 日本の名詩を読みかえす” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  178. ^ 雲のゆくおるがん” (日本語). かまくら春秋社. 2018年12月13日閲覧。
  179. ^ 詩画集「雲のゆくおるがん」” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  180. ^ Life is...... 人生を彩る幸福のエッセンス | 特集 | 中央法規出版”. www.chuohoki.co.jp. 2018年12月9日閲覧。
  181. ^ 詩画集『Life is......人生を彩る幸福のエッセンス』” (日本語). YOH SHOMEI NETSHOP. 2018年12月9日閲覧。
  182. ^ 堀内重見『葉祥明美術館』”. ra-ha.jp. 2018年12月11日閲覧。
  183. ^ 詩画集「心に響く声」” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  184. ^ 葉祥明・詩画集「再び会う日のために」の内容紹介” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  185. ^ 新商品のご紹介:画集<The art of Shomei Yoh>のお知らせ!” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  186. ^ オススメ Vol.40「the art of Shomei Yoh」 | 葉祥明美術館”. www.yohshomei.com. 2018年12月10日閲覧。
  187. ^ エッセイ「地平線の彼方」” (日本語). 2018年12月10日閲覧。
  188. ^ 「おばあちゃんだいすき」絵本・アートブックの至光社”. www.ehon-artbook.com. 2018年12月12日閲覧。
  189. ^ すずをならすのはだれ | 安房直子作 葉祥明絵 | 書籍 | PHP研究所” (日本語). PHP研究所 / PHP INTERFACE. 2018年12月11日閲覧。
  190. ^ 新刊のご紹介:童話「すずをならすのはだれ」が復刻発刊されました!” (日本語). 2018年12月11日閲覧。
  191. ^ a b オススメ Vol.49「こぐまのトムトム」 | 葉祥明美術館”. www.yohshomei.com. 2018年12月13日閲覧。
  192. ^ こぐまのトムトム ぼくのいちにち - 株式会社 絵本塾出版. http://ehonjuku.hondana.jp/book/b94750.html. 
  193. ^ こぐまのトムトム ぼくのなつやすみ - 株式会社 絵本塾出版. http://ehonjuku.hondana.jp/book/b94751.html. 
  194. ^ こぐまのトムトム ぼくのあき - 株式会社 絵本塾出版. http://ehonjuku.hondana.jp/book/b94748.html. 
  195. ^ こぐまのトムトム ぼくのふゆやすみ - 株式会社 絵本塾出版. http://ehonjuku.hondana.jp/book/b94749.html. 
  196. ^ 掲載されました!:マグちゃん通信・2012年8-9月号 Vol.15-その2” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月7日閲覧。
  197. ^ 聖フランシスコ アッシジの光” (日本語). 教文館キリスト教書部 (1999年12月13日). 2018年12月10日閲覧。
  198. ^ 絵本「本なんて大っきらい 」” (日本語). 2018年12月11日閲覧。
  199. ^ クリスマスの夜に…葉祥明から…「奇跡の贈り物」” (日本語). 2018年12月11日閲覧。
  200. ^ 美しいものを見なさい - 株式会社 木耳社”. www.mokujisha.co.jp. 2018年12月10日閲覧。
  201. ^ feel the Beauty 美しいものを見なさい - 株式会社 木耳社”. www.mokujisha.co.jp. 2018年12月10日閲覧。
  202. ^ feel the Beauty 幸せになるのよ! - 株式会社 木耳社”. www.mokujisha.co.jp. 2018年12月10日閲覧。
  203. ^ feel the Beauty 大丈夫、無理しないでね - 株式会社 木耳社”. www.mokujisha.co.jp. 2018年12月10日閲覧。
  204. ^ a b feel the Beauty DIARY - 株式会社 木耳社”. www.mokujisha.co.jp. 2018年12月10日閲覧。
  205. ^ オススメ Vol.47「いちご新聞」 | 葉祥明美術館”. www.yohshomei.com. 2018年12月11日閲覧。
  206. ^ おはよう21 | 雑誌 | 中央法規出版” (日本語). www.chuohoki.co.jp. 2018年12月12日閲覧。
  207. ^ 新刊のご紹介:『Life is ……~人生を彩る幸福のエッセンス~』” (日本語). 2018年12月11日閲覧。
  208. ^ 原画展<北海道立旭川美術館>:やなせたかしと「詩とメルヘン」のなかまたち-その3” (日本語). 2018年12月11日閲覧。
  209. ^ いちご新聞'14年1月号・葉祥明『心のハーブ』vol.79のご紹介です” (日本語). 2018年12月11日閲覧。
  210. ^ 掲載されました!:『やなせたかしと「詩とメルヘン」のなかまたち』” (日本語). 2018年12月11日閲覧。
  211. ^ 「ジェイクと海のなかまたち」イタリア語版のご紹介です!” (日本語). 2018年12月11日閲覧。
  212. ^ 新刊のご紹介:童話「すずをならすのはだれ」_中国語版” (日本語). 2018年12月11日閲覧。
  213. ^ a b 新刊のご紹介:ジェイクの英語絵本が中国で出版されました!” (日本語). 2018年12月11日閲覧。
  214. ^ a b c 翻訳本のご紹介!:韓国語版_絵本『おなかの赤ちゃんとお話ししようよ』シリーズ!” (日本語). 2018年12月11日閲覧。
  215. ^ DVD LANDSCAPE FANTASY ~葉祥明の世界~” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月9日閲覧。
  216. ^ DVD「天使のこえをきかせてよ」絵:葉祥明” (日本語). 2018年12月13日閲覧。
  217. ^ DVD「画ニメ 葉祥明美術館 LINE」” (日本語). 2018年12月13日閲覧。
  218. ^ DVD「奇跡をさがして~Poppy's Gift~」” (日本語). 2018年12月13日閲覧。
  219. ^ 新商品のご紹介:DVD「奇跡をさがして~Poppy's Gift~」” (日本語). 2018年12月13日閲覧。
  220. ^ CD&DVD『地球のみんな・Walking Tour』” (日本語). 2018年12月13日閲覧。
  221. ^ 新商品の紹介:CD&DVD『地球のみんな・Walking Tour』” (日本語). 2018年12月13日閲覧。
  222. ^ 新商品のご紹介:DVD『Healing Heart ~心の風景を求めて~』” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月9日閲覧。
  223. ^ オススメ Vol.62「「Healing Heart 心の風景を求めて」 | 葉祥明美術館”. www.yohshomei.com. 2018年12月13日閲覧。
  224. ^ きっとある虹色の道 ~葉祥明から未来へのメッセージ~ 開局25周年特別番組(2015/2/21放送)” (日本語). www.kab.co.jp. 熊本朝日放送. 2018年12月8日閲覧。
  225. ^ AARオンラインショップ|日本生まれの国際NGO 難民を助ける会 (AAR JAPAN)”. www.aarjapan.gr.jp. 2018年12月11日閲覧。
  226. ^ a b オススメ Vol.78「サニーちゃん、シリアに行く」 | 葉祥明美術館”. www.yohshomei.com. 2018年12月11日閲覧。
  227. ^ サニーちゃんチャリティーグッズ AARオンラインショップ|日本生まれの国際NGO 難民を助ける会 (AAR JAPAN)”. www.aarjapan.gr.jp. 2018年12月11日閲覧。
  228. ^ AARオンラインショップ チョコ|日本生まれの国際NGO 難民を助ける会 (AAR JAPAN)”. www.aarjapan.gr.jp. 2018年12月11日閲覧。
  229. ^ 新商品のご紹介:<サニーちゃんチャリティチョコレート!>六花亭×AAR!” (日本語). 2018年12月11日閲覧。
  230. ^ a b オススメ Vol.48「美しい朝に」 | 葉祥明美術館”. www.yohshomei.com. 2018年12月10日閲覧。
  231. ^ 葉祥明美術館から「チェルノブイリ通信2007年No.70」のご案内” (日本語). 2018年12月11日閲覧。
  232. ^ 森のささやき”. www.shuppanbunka.com. 出版文化社. 2018年12月11日閲覧。
  233. ^ a b 葉祥明の絵本がカンボジアの子供たちのもとへ…” (日本語). 2018年12月11日閲覧。
  234. ^ 提案3:環境関係本:環境をテーマとした書籍の企画”. www.shuppanbunka.com. 出版文化社. 2018年12月11日閲覧。
  235. ^ 「ゴンダールのやさしい光」(全国図書館協議会選定絵本)”. www.keidanren.or.jp. 1%クラブ-経団連. 2018年12月12日閲覧。
  236. ^ メルヘンで世界の蛇口になる 絵本作家 葉祥明さん インタビュー ②” (日本語). 70seeds. 2018年12月10日閲覧。
  237. ^ パヤタスに降る星(pdf)”. www.chuohoki.co.jp. 中法法規出版. 2018年12月11日閲覧。
  238. ^ 新刊のご案内『サニーちゃんシリアへ行く』 | 日本生まれの国際NGO AAR Japan [難民を助ける会]”. www.aarjapan.gr.jp. 2018年12月11日閲覧。
  239. ^ 第8回(平成10年度) |  けんぶち絵本の里大賞 過去の受賞作品”. ehon-yakata.com. 2018年12月9日閲覧。
  240. ^ 第9回(平成11年度) | けんぶち絵本の里大賞 過去の受賞作品”. ehon-yakata.com. 2018年12月9日閲覧。
  241. ^ 世界・わが心の旅 イタリア 聖なる光の中で 旅人:絵本作家 葉祥明 | 保存番組検索結果詳細” (日本語). NHKクロニクル. 2018年12月8日閲覧。
  242. ^ 第24回「葉祥明美術館ミュージアムトーク」が行なわれました!” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月8日閲覧。
  243. ^ 会員誌『Herbaline』:2014年3月号のご紹介!” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月8日閲覧。
  244. ^ a b c d e f 葉祥明のTV出演情報”. ORICON NEWS. オリコン株式会社. 2018年12月8日閲覧。
  245. ^ a b これまでの放送 - 風景芸術家と巡る日本の美 2012年” (日本語). BS-TBS. 2018年12月8日閲覧。
  246. ^ テレビ放映ありました!:BS-TBS「にっぽん百景 ~葉祥明・伊豆大島」” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月8日閲覧。
  247. ^ くまもとの風 バックナンバー 本放送 平成23年4月15日(金)総合”. www.nhk.or.jp. NHKオンライン 熊本放送局. 2018年12月8日閲覧。
  248. ^ テレビ放映:NHK熊本放送局「くまもと大好き」にて!” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月8日閲覧。
  249. ^ a b c 新刊のご紹介:絵本『にじいろのみち』” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月8日閲覧。
  250. ^ 絵本「にじいろのみち」” (日本語). OH SHOMEI NETSHOP. 2018年12月8日閲覧。
  251. ^ 2002 : アーカイブ | mammo.tv”. www.mammo.tv. 2018年12月9日閲覧。
  252. ^ 埼玉県社会福祉協議会 | 本会について”. www.fukushi-saitama.or.jp. 埼玉県社会福祉協議会. 2018年12月9日閲覧。
  253. ^ 広報誌「S・A・I」2011年4月号~2012年3月号”. www.fukushi-saitama.or.jp. 埼玉県社会福祉協議会. 2018年12月9日閲覧。
  254. ^ ひと図鑑 葉祥明さん(創作絵本作家)” (日本語). ひと図鑑たび図鑑 (2015年10月9日). 2018年12月9日閲覧。
  255. ^ 当館について | 葉祥明美術館”. www.yohshomei.com. 2018年12月9日閲覧。
  256. ^ a b 美術館を楽しむ | 葉祥明美術館”. www.yohshomei.com. 2018年12月9日閲覧。
  257. ^ ミュージアムトーク | イベントカテゴリ | 葉祥明美術館”. www.yohshomei.com. 2018年12月9日閲覧。
  258. ^ 美術館を楽しむ | 葉祥明美術館”. www.yohshomei.com. 2018年12月9日閲覧。
  259. ^ 葉祥明美術館 カリスマ猫ドッポ・取材の様子” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月9日閲覧。
  260. ^ 月刊「Cats」最新号に葉祥明美術館のドッポ登場!” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月9日閲覧。
  261. ^ 葉祥明阿蘇高原絵本美術館” (日本語). 【熊本県公式】熊本型教育旅行サイト. 2018年12月9日閲覧。
  262. ^ a b c d 姉妹館 | 葉祥明美術館”. www.yohshomei.com. 2018年12月9日閲覧。
  263. ^ a b 掲載記事のご紹介:『熊本日日新聞』_2017年8月9日(水)” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月9日閲覧。
  264. ^ 熊本)今年もブルービーに幸せ願う 南阿蘇に飛来:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2018年12月9日閲覧。
  265. ^ 幸せを呼ぶ青い蜂 ブルー・ビー”. みなみあそ村観光協会 - Minami Aso Mura. 2018年12月9日閲覧。
  266. ^ 平成28年熊本地震:掲載されました!_熊本日日新聞<2016年8月9日>” (日本語). 葉祥明オフィシャルブログ. 2018年12月9日閲覧。

外部リンク[編集]