片山杜秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
片山 杜秀
人物情報
全名 片山 杜秀
(かたやま もりひで)
生誕 (1963-08-29) 1963年8月29日(55歳)
日本の旗 日本宮城県仙台市
出身校 慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学
学問
時代 20世紀
21世紀
活動地域 日本の旗 日本
研究分野 政治学政治思想
歴史学
音楽
研究機関 慶應義塾大学
博士課程
指導教員
蔭山宏
指導教員 橋川文三
主な受賞歴 吉田秀和賞(2008年)
サントリー学芸賞(2008年)
司馬遼太郎賞(2012年)
テンプレートを表示

片山 杜秀かたやま もりひで、1963年8月29日 - )は、日本政治学者音楽評論家

経歴[編集]

専門は政治思想史慶應義塾大学法学部教授。かつては本名の片山素秀名義で執筆していた。宮城県仙台市生まれ。育ちは東京で、小学校から高校まで暁星小学校中学校・高等学校に通う。慶應義塾大学法学部政治学科卒、同大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学。慶應では蔭山宏に師事。ただし大学院修士課程は慶應ではなく、橋川文三を慕って明治大学[1]に行っている。専攻は政治思想史。学部時代は許光俊宮崎哲弥と親しく、共に三田レコード鑑賞会に所属。クラシック音楽の話題に興じ、山本薩夫監督の映画『戦争と人間』ごっこなどをして遊んだという。その後、宮崎とは2000年にクラシック音楽専門誌『グラモフォン・ジャパン』(新潮社)の9月号巻頭で「僕らの時代のフルトヴェングラー」という対談をおこなっている。また、弁論部にも所属した。また後年に、零の会同人[2][3]

大学院時代からライター生活に入り、『週刊SPA!』のライター[4]、『産経新聞』のクラシック音楽演奏会批評家、月刊誌『レコード芸術[5]のレギュラー執筆者などを務めた。特に『週刊SPA!』で1994年から2002年まで続いたコラム「ヤブを睨む」は、政治、歴史、右翼、演劇、映画、音楽、文学、スポーツなど、幅広い内容で一部でカルト的人気を得た。この400回以上のコラムは2010年に単行本化された。同時期には、ビジネス誌『ベンチャークラブ』に日本近代珍商売紹介、アニメ誌『MEGU』に新作洋画レヴュー、映画誌『プレミア』に「幻の日本映画探検隊」、『CDジャーナル』に「世紀末現代音楽講釈」など、10本以上の連載を抱えた。現在は『朝日新聞』の文芸時評とクラシック音楽評を担当する。また、吉田秀和賞[6]大宅壮一ノンフィクション賞サントリー音楽賞の選考委員を務める。2009年から2010年には読売新聞の読書委員を務めた。

思想史研究者としては、中今という概念、安岡正篤三井甲之などを取り上げ、原理日本社を再検討する一部学界の動向に影響を与えた。音楽評論家としては、伊福部昭の再評価、大澤壽人の楽譜発掘、ナクソス・レーベル日本作曲家選輯の企画構成などを行い、日本近代音楽史の読み直しをはかっている。またローム・ミュージック・ファンデーションによる戦前・戦中の日本のSPレコード復刻CD化に際して膨大な量の研究解説を執筆している。

受賞歴[編集]

2006年京都大学人文科学研究所より「戦前日本の作曲界の研究」で人文科学研究協会賞を授与される。2008年『音盤考現学』『音盤博物誌』で吉田秀和賞およびサントリー学芸賞受賞。2012年『未完のファシズム―「持たざる国」日本の運命』で司馬遼太郎賞受賞[7]

職歴[編集]

2008年慶大法学部政治学科准教授(有期)。2011年、指導教授蔭山宏の定年退職と同時に、有期から専任となり三田キャンパスから日吉キャンパスに異動[8]。2013年教授。2009年から2011年まで国際日本文化研究センター客員准教授。

プライベート[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『近代日本の右翼思想』(講談社選書メチエ、2007年)
  • 『音盤考現学―片山杜秀の本1』(アルテスパブリッシング、2008年)
  • 『音盤博物誌―片山杜秀の本2』(アルテスパブリッシング、2008年)
  • 『クラシック迷宮図書館―片山杜秀の本3』(アルテスパブリッシング、2010年)
  • 『続クラシック迷宮図書館―片山杜秀の本4』(アルテスパブリッシング、2010年)
  • 『ゴジラと日の丸―片山杜秀の「ヤブを睨む」コラム大全』(文藝春秋、2010年)
  • 『未完のファシズム―「持たざる国」日本の運命』(新潮社〈新潮選書〉、2012年)
  • 『片山杜秀の本5 線量計と機関銃―ラジオ・カタヤマ【震災篇】』(アルテスパブリッシング、2012年)
  • 『国の死に方』(新潮社〈新潮新書〉、2012年) 
  • 『片山杜秀の本6 現代音楽と現代政治―ラジオ・カタヤマ【予兆篇】』(アルテスパブリッシング、2013年)
  • 『クラシックの核心』(河出書房新社、2014年)
  • 『片山杜秀の本7 大東亜共栄圏とTPP―ラジオ・カタヤマ【存亡篇】』(アルテスパブリッシング、2015年)
  • 『見果てぬ日本―司馬遼太郎小津安二郎小松左京の挑戦』(新潮社、2015年)
  • 大学入試問題で読み解く 「超」世界史・日本史』(文藝春秋〈文春新書〉、2016年)
  • 『「五箇条の誓文」で解く日本史』(NHK出版新書、2018年)

監修[編集]

出演[編集]

ラジオ番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ keio.ac.jp
  2. ^ 青春の音楽 - 原田力男の仕事 (非売品)
  3. ^ 東京都内のいくつかの図書館に所蔵されている。
  4. ^ tower
  5. ^ artes
  6. ^ arttowermito
  7. ^ shibazaidan
  8. ^ 䕃山宏教授退職記念号 序
  9. ^ nhk

外部リンク[編集]