菅孝行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

菅 孝行(かん たかゆき 1939年7月17日 - )は、日本の評論家劇作家。『変革のアソシエ』運営委員・編集長、公益財団法人舞台芸術財団演劇人会議評議員、ルネサンス研究所運営委員、河合文化教育研究所研究員。元桐朋学園短期大学演劇専攻科非常勤講師(2004年まで)、元財団法人静岡県舞台芸術センター文芸部(2010年まで)、元河合塾小論文科講師(2016年まで)、元梅光学院大学特任教授(2017年まで)。

概要[編集]

略歴[編集]

1939年東京都に生まれる。 学習院初、中、高等科を経て、1962年東京大学文学部卒業。同年、東映に入社、京都撮影所で演出助手となる。1964年、労働組合支部書記長となる。争議の後、1965年、CM/PR映画制作部門(東映京都製作所、TV制作会社 太秦映像の前身)に配転。1967年、退社、上京。以後、文筆業、予備校講師、公共劇場スタッフ、大学特任教授などを生業としてきた。

人物[編集]

著書[編集]

社会思想評論[編集]

  • 吉本隆明論」(第三文明社、1974年)
  • 「騒乱のフォークロア」(大和書房、1974年)
  • 「天皇論ノート」(田畑書店、1975年、1986年、明石書店から再刊)
  • 竹内好論」(三一書房、1976年)
  • 「反昭和思想論」(れんが書房新社、1977年)
  • 鶴見俊輔論」(第三文明社、1980年)
  • 「全学連」(現代書館 For beginnersシリーズ イラスト版オリジナル12、1982年)
  • 「感性からの自由を求めて」(毎日新聞社、1982年)
  • マルクスと現代」(未来社、1982年)
  • 天皇制」(現代書館 For beginnersシリーズ イラスト版オリジナル20、1983年)
  • 「賎民文化と天皇制」(明石書店、1984年)
  • 「女の自立・男の自由 性別役割分業の解体を求めて」(毎日新聞社、1984年)
  • 戦後民主主義の決算書」(農山漁村文化協会、1985年)
  • 差別」(現代書館 For beginnersシリーズ イラスト版オリジナル38,1986年)
  • 「高度成長の社会史 暮らしの破壊40年」(農山漁村文化協会、1987年)
  • 天皇制国家と部落差別 現代日本の統合と排除」(明石書店、1987年)
  • 9・11以後 丸山真男をどう読むか」(河合文化教育研究所、河合ブックレット、2004年)
  • 「菅孝行『天皇制論集』 第1巻 天皇制問題と日本精神史」(御茶の水書房、2014年)

演劇評論[編集]

  • 「死せる『芸術』=『新劇』に寄す」(書肆深夜叢書、1967年)
  • 「解体する演劇」(アディン書房、1974年、1981年、れんが書房新社から再刊)
  • 「続 解体する演劇」(れんが書房新社、1981年)
  • 「戦後演劇 新劇は乗り越えられたか」(朝日新聞社、1982年、2003年、社会評論社から増補版刊行)
  • 「想像力の社会史」(未來社、1983年)
  • 「戦う演劇人 戦後演劇の思想 鈴木忠志浅利慶太千田是也」(而立書房、2007年)

身体論[編集]

  • 「関係としての身体」(れんが書房新社、1981年)
  • 「身体論:関係を内視する」(れんが書房新社、1983年)

戯曲[編集]

  • 「ヴァカンス/ブルースをうたえ」(戯曲集、三一書房、1969年)
  • 「はんらん狂騒曲」(『現代日本戯曲体系 8』所収、三一書房、1972年)
  • 「いえろうあんちごうね」(アディン書房、1978年)

シナリオ[編集]

  • 「北村透谷 わが冬の歌」(「アートシアター129」1977年、「シナリオ代表選1977」所収、1978年)

大学受験参考書[編集]

共編著[編集]

  • 『近代日本の国家権力と天皇制』安丸良夫対談. 御茶の水書房 2014
  • 佐野碩 人と仕事」編(藤原書店、2014年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「グローカル」684号(2005/09/12) -「昭和天皇記念館いらない宣言」大集会 [1]
  2. ^ 『情況』2017年春季号 「生前退位と敗戦七十一年の軌跡」 [2]