島薗進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
島薗 進
人物情報
生誕 (1948-12-10) 1948年12月10日(68歳)
出身校 東京大学文学部宗教学・宗教史学科、同大学院人文科学研究科
学問
研究分野 宗教学
研究機関 上智大学神学部特任教授
グリーフケア研究所所長。
称号 東大名誉教授
公式サイト
http://my.spinavi.net/shimazono/
テンプレートを表示

島薗 進(しまぞの すすむ、1948年12月10日[1] - )は、日本宗教学者東京大学大学院人文社会系研究科名誉教授。上智大学神学部特任教授・グリーフケア研究所所長。世界平和アピール七人委員会委員。

人物[編集]

東京都出身。父方の祖父は東京大学医学部教授等を務めた島薗順次郎[2]。母方の祖父は衛生学者田宮猛雄[2]。父は国立精神・神経センター総長や日本学術会議会員を務めた精神科医島薗安雄[2]。父方の伯母・正子は地球物理学者随筆家坪井忠二に嫁ぎ[2]、坪井忠二・正子夫妻の娘すなわち進の従姉は安川第五郎の四男で医師幾島明に嫁いでいる[2]

東京大学理科Ⅲ類に入学するも医学部への進学を選ばず[3]1972年東京大学文学部宗教学科を卒業後、筑波大学研究員、東京外国語大学日本語学科助手東京大学大学院人文社会系研究科・文学部宗教学科教授を歴任。

宗教を基盤に社会的・文化的事象への興味を持つ。多数の著書・論文等があり、フィールドワークも積極的に行っている。

略歴[編集]

1972年東京大学文学部宗教学・宗教史学科卒業、1977年同大学院博士課程単位取得退学、筑波大学哲学思想学系研究員(文部技官)。1981年東京外国語大学外国語学部日本語学科助手。専任講師、助教授1987年東京大学文学部宗教学・宗教史学科助教授、1994年1月教授、1995年同人文社会系研究科教授。2013年定年退任、名誉教授。上智大学神学部特任教授・グリーフケア研究所所長。

1984年8月カリフォルニア大学バークレー校に留学( - 1985年7月、フルブライト奨学金)。1996年3月シカゴ大学宗教学部客員教授( - 1996年5月)。1997年11月フランス社会科学高等研究員招聘教授(-1997年12月)。2000年6月テュービンゲン大学日本文化研究所客員教授(-2000年7月)。2017年7月より世界平和アピール七人委員会委員。

日本宗教連盟理事もつとめた。

著書[編集]

著作[編集]

  • 『現代救済宗教論』青弓社、1992年、新装版2006年
  • 新新宗教と宗教ブーム』岩波ブックレット、1992年
  • オウム真理教の軌跡』岩波ブックレット、1995年
  • 『精神世界のゆくえ―現代世界と新霊性運動』東京堂出版、1996年
  • 『現代宗教の可能性―オウム真理教と暴力』岩波書店〈叢書現代の宗教〉、1997年
  • 『時代のなかの新宗教―出居清太郎の世界1899-1945』弘文堂、1999年。秋山書店、2007年
  • 『ポストモダンの新宗教―現代日本の精神状況の底流』東京堂出版、2001年
  • 『〈癒す知〉の系譜―科学と宗教のはざま』吉川弘文館、2003年
  • 『いのちの始まりの生命倫理―受精卵・クローン胚の作成・利用は認められるか』春秋社、2006年
  • 『スピリチュアリティの興隆 新霊性文化とその周辺』岩波書店、2007年
  • 『精神世界のゆくえ 宗教・近代・霊性』秋山書店、2007年
  • 『宗教学の名著30』ちくま新書、2008年
  • 国家神道と日本人』岩波新書、2010年
  • 『現代宗教とスピリチュアリティ』弘文堂〈現代社会学ライブラリー〉、2012年
  • 『日本人の死生観を読む 明治武士道から「おくりびと」へ』朝日選書、2012年
  • 『つくられた放射線「安全」論 科学が道を踏みはずすとき』河出書房新社、2013年
  • 『日本仏教の社会倫理』岩波書店〈岩波現代全書〉、2013年
  • 『倫理良書を読む 災後に生き方を見直す28冊』弘文堂、2014年
  • 『国家神道と戦前・戦後の日本人 「無宗教」になる前と後』河合文化教育研究所〈河合ブックレット〉、2014年
  • 『宗教を物語でほどく アンデルセンから遠藤周作へ』NHK出版新書 2016年
  • 『いのちを"つくって"もいいですか? 生命科学のジレンマを考える哲学講義』NHK出版 2016年
  • 『宗教ってなんだろう? 中学生の質問箱』平凡社 2017年

共編著[編集]

  • 『救いと徳―新宗教信仰者の生活と思想』弘文堂、1992年
  • 『宗教のことば ―宗教思想研究の新しい地平―』大明堂1993年鶴岡賀雄との共編)
  • 『何のための「宗教」か?―現代宗教の抑圧と自由』青弓社1994年
  • 『消費される「宗教」』春秋社、1996年石井研士との共編)
  • 『教祖と信者たち ―カルトと終末思想 新霊性運動・ニューエイジ・精神世界 メディアとの関わり―』大蔵出版、1996年(米山義男越智道雄島田裕巳との共著)
  • 『中山みき・その生涯と思想 ―救いと解放の歩み―』明石書店1998年池田士郎関一敏との共著)
  • 『心情の変容(情報社会の文化4)』東京大学出版会、1998年(越智貢との共編)
  • 『癒しを生きた人々 ―近代知のオルタナティブ―』専修大学出版局、1999年田邊信太郎弓山達也との共編)
  • 『宗教心理の探求』東京大学出版会、2001年西平直との共編)
  • 『グノーシス 蔭の精神史』岩波書店、2001年(大貫隆高橋義人村上陽一郎との共編)
  • 『グノーシス 異端と近代』岩波書店、2001年(大貫隆、高橋義人、村上陽一郎との共編)
  • 『コスモロジーの「近世」(岩波講座・近代日本の文化史2)』岩波書店、2001年(小森陽一酒井直樹千野香織成田龍一吉見俊哉との共編)
  • 『宗教から東アジアの近代を問う ―日韓の対話を通して―』ぺりかん社2002年柳炳徳安丸良夫鄭鎮弘との共編)
  • 『つながりの中の癒し―セラピー文化の展開―』専修大学出版局、2002年(田邊信太郎との共編)
  • 『現代日本人の生のゆくえ―つながりと自律―』藤原書店2003年(越智貢著、宮島喬との共編)
  • 『岩波講座 近代日本の文化史10 問われる歴史と主体』岩波書店、2003年(小森陽一、酒井直樹、千野香織、成田龍一、吉見俊哉との共編)
  • 『〈宗教〉再考』ぺりかん社、2004年(鶴岡賀雄との共編)
  • 『思想の身体 悪の巻』春秋社 2006年
  • 『宗教・いのち・国家 島薗進対談集』平凡社、2014年
  • 『物理学者池内了×宗教学者島薗進 科学・技術の危機 再生のための対話』合同出版、2015年、(池内了との共編)
  • 『シリーズ日本人と宗教』全6巻 高埜利彦・林淳・若尾政希共編 春秋社 2015年
  • 『愛国と信仰の構造 全体主義はよみがえるのか』中島岳志共著 集英社新書 2016年
  • 『科学不信の時代を問う 福島原発災害後の科学と社会』後藤弘子杉田敦共編 合同出版 2016年
  • 『人類の衝突 思想、宗教、精神文化からみる人類社会の展望』橋爪大三郎共著 サイゾー 2016年
  • 『近代天皇論―「神聖」か、「象徴」か』片山杜秀共著 集英社新書 2017年

所属学会[編集]

関連人物[編集]

専門分野[編集]

関心分野[編集]

参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.320
  2. ^ a b c d e 『門閥』、480-481頁。
  3. ^ 【講演】小泉信三記念講座「現代日本人の死生観」上智大学グリーフケア研究所所長 島薗進

外部リンク[編集]