橋爪大三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

橋爪 大三郎(はしづめ だいさぶろう、1948年10月21日 - )は、日本の社会学者東京工業大学名誉教授。元東京工業大学世界文明センター副センター長。

人物[編集]

神奈川県出身。開成中学校、開成高等学校を経て、東京大学文学部社会学科卒業。東京大学大学院社会学研究科博士課程を単位取得退学してのち、執筆活動を続けるかたわら、言語研究会、小室ゼミナール等に参加。言語を社会現象の根幹に位置づける言語派社会学の構想を展開する。比較宗教学、現代社会論、現代アジア研究、日本プレ近代思想研究なども手がける。

日本福音ルーテル教会の教会員(信者・クリスチャン)であり、福音ルーテル教会のイベント・講演会でしばしば講師を務めている[1][2][3]

学歴[編集]

  • 1972年 東京大学文学部社会学科卒業
  • 1974年 東京大学大学院社会学研究科修士課程修了
  • 1977年 東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学

職歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『言語ゲームと社会理論―ヴィトゲンシュタインハートルーマン』(勁草書房 1985年)
  • 『仏教の言説戦略』(勁草書房 1986年)
  • 『はじめての構造主義』(講談社現代新書 1988年)
  • 『冒険としての社会科学』(毎日新聞社 1989年)
  • 『現代思想はいま何を考えればよいのか』(勁草書房 1991年)
  • 『民主主義は最高の政治制度である』(現代書館 1992年)
  • 『橋爪大三郎コレクションI身体論』(勁草書房 1993年)
  • 『橋爪大三郎コレクションII性空間論』(勁草書房 1993年)
  • 『橋爪大三郎コレクションIII制度論』(勁草書房 1993年)
  • 『崔健――激動中国のスーパースター』(岩波書店 1994年)
  • 『橋爪大三郎の社会学講義』(夏目書房 1995年)
  • 『性愛論』(岩波書店 1995年)
  • 『大問題!』(幻冬舎 1995年)
  • 『橋爪大三郎の社会学講義2』(夏目書房 1997年)
  • 『幸福のつくりかた 』(ポット出版 2000年)
  • 『三島由紀夫VS東大全共闘1969-2000』(藤原書店 2000年)
  • 『言語派社会学の原理』(洋泉社 2000年)
  • 『こんなに困った北朝鮮』(メタローグ 2000年)
  • 『政治の教室』([PHP新書] 2001年 のち講談社学術文庫 2012年 )
  • 『世界がわかる宗教社会学入門』(筑摩書房 2001年 のちちくま文庫 2007年)
  • 『人間にとって法とは何か』([PHP新書] 2003年)
  • 『「心」はあるのか』[ちくま新書] 2003年)
  • 『永遠の吉本隆明』(洋泉社[新書y] 2003年 のち増補版2012年)
  • 『言語/性/権力――橋爪大三郎社会学論集』(春秋社 2004年)
  • 『アメリカの行動原理』([PHP新書] 2005年)
  • 『書評のおしごと――Book reviews 1983-2003』(海鳥社 2005年)
  • 『隣りのチャイナ 橋爪大三郎の中国論』(夏目書房 2005年)
  • 『社会の不思議』(朝日出版社 2007年)
  • 『家庭でできる法事法要』(径書房 2008年)
  • 『「炭素会計」入門』(洋泉社[新書y] 2008年)
  • 『橋爪大三郎の社会学講義』ちくま学芸文庫 2008年)
  • 『橋爪大三郎の政治経済学講義』ちくま学芸文庫2008年)
  • 『裁判員の教科書』(ミネルヴァ書房 2009年)
  • 『はじめての言語ゲーム』(講談社現代新書 2009年)
  • 『労働者の味方マルクス―歴史に最も影響を与えた男マルクス』(現代書館 2010年)
  • 『民主主義はやっぱり最高の政治制度である』(現代書館 2012年)
  • 『なぜ戒名を自分でつけてもいいのか』(サンガ新書 2012年)
  • 『世界は宗教で動いてる』(光文社新書 2013年)
  • 『橋爪大三郎のマルクス講義 (飢餓陣営叢書) 』(言視舎 2014年)
  • 『国家緊急権』(NHKブックス 2014年)
  • 『面白くて眠れなくなる社会学』PHPエディターズ・グループ 2014
  • 『はじめての聖書』河出書房新社(14歳の世渡り術) 2014
  • 『これから読む聖書創世記』春秋社 2014
  • 『教養としての聖書』光文社新書 2015

共著[編集]

共編著[編集]

  • (神谷勇治)『研究開国』(富士通ブックス,1997年)
  • (新田義孝)『科学技術は地球を救えるか』(富士通ブックス,1995年)
  • 今田高俊)『社会理工学入門――技術と社会の共生のために』(日科技連出版社, 2000年)

訳書[編集]

  • 王輝)『中国官僚天国』(岩波書店, 1994年)

学会活動等[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]