吉田司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉田 司(よしだ つかさ、1945年9月29日 - )は、日本のノンフィクション作家

経歴[編集]

山形県山形市出身。父親が両足が不自由になり、母親(吉田コト(子))は農村で「一銭店」と呼ばれる雑貨屋を営むことになる。毎晩、酔っぱらった農民たちが押し寄せ、飲めや歌えやで卑猥な踊りをやる状態を目撃し、農民への憎悪を抱く。「庶民の醜さ、汚さ」を知り、インテリが陥いりがちな民衆への無条件な賛美とは一線を画する、後の活動の原点となる。

山形県立山形東高等学校卒業。早稲田大学文学部在学中に、映画監督小川紳介の小川プロダクション結成に参加。1968年、「日本解放戦線 三里塚の夏」の演出助手を務め、作中では撮影中にカメラマンが逮捕された理由を示すよう機動隊に食い下がる吉田の姿が収録されている[1]。しかし、「大地主の孫」としての小川の贖罪意識から発している「農民賛歌」の偽善性に耐えられず、小川プロを離脱(小川への批判は、藤吉雅春編『ノンフィクションを書く』(ビレッジセンター)中にある吉田へのインタビューで、詳細に語られている)。

1970年から水俣に住み、胎児性の水俣病患者らと若衆宿を組織。国の補償金を貰った水俣病患者たちの生態を赤裸々に描いた最初の著作『下下(げげ)戦記』で、1988年、大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

作風[編集]

美しいとされているものの実態を暴く手法に特徴がある。1993年の『ひめゆり忠臣蔵』では、沖縄ひめゆり学徒隊について、それが戦争協力の部隊であったことを、揶揄するような文体で描いた(抗議を受け、改訂した)。また、1997年の『宮澤賢治殺人事件』では、生誕百年(1996年)を期して宮沢賢治を賛美する関連書籍が数多く出る中、賢治が国粋主義的な仏教団体である国柱会に属していたことから長生していれば戦争に協力した可能性や、農民への無償の奉仕や文化活動を試みた羅須地人協会の非現実性を指摘した。

さらに自身の母親が、賢治没後の宣伝に一役買ったことにも触れて偶像破壊を行い、物議を醸した[2]。『批評空間』では、柄谷行人が吉田を呼んで討論を行った際に賢治を批判、同時にその頃『最新宮澤賢治講義』を刊行した小森陽一は、それまで協働的な立場にあった柄谷から批判されることになった。

発言[編集]

フジテレビ抗議デモを"嫌韓デモ" と誤認した上で、デモはあって然るべきだが、日本が薄型テレビ半導体などで韓国企業にシェアを奪われており、韓流芸能ビジネスの「K-POP」がコラボして相乗効果で流行しているのが実情、韓流ドラマもイケてるとし、「今更嫌韓しても遅い」などと発言している[3]

著書[編集]

  • 『下下戦記』白水社 1987 / のち文春文庫
  • 『夜の食国(おすくに)』白水社 1987
  • 『宗教ニッポン狂騒曲』文藝春秋 1990
  • 『世紀末ニッポン漂流記』新潮社 1993
  • 『ひめゆり忠臣蔵』太田出版 1993 / のち改訂再版 太田出版
  • ビル・ゲイツに会った日』講談社 1996
    • のち改題『デジタル・パラノイア 電脳ニッポン興亡記』徳間文庫
  • 『宮澤賢治殺人事件』太田出版 1997 / のち文春文庫
  • 『スター誕生 ひばり錦之助裕次郎渥美清そして新・復興期の精神』講談社 1999
    • のち改題増補『ひばり裕次郎昭和の謎』講談社+α文庫
  • 『ニッポンの舞台裏』洋泉社 1999
  • 『「あなたは男でしょ。強く生きなきゃ、ダメなの」 吉田司評論集』草風館 2001
  • 『聖賤記 吉田司対談集』パロル舎 2003
  • 『王道楽土の戦争』全2冊 日本放送出版協会[NHKブックス] 2005
    • 戦前・戦中篇
    • 戦後60年篇
  • 『カラスと髑髏 世界史の「闇」のとびらを開く』東海教育研究所 2011

共著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 伊藤睦 編『三里塚燃ゆ―北総台地の農民魂』平原社、2017年、139頁
  2. ^ なお、母親である吉田コトは2008年に自らの回想を記した著書『月夜の蓄音機』(荒蝦夷)を聞き書きという形で刊行している。同書には吉田も「メデゥサに落ちなかった女」という一文を寄せている。
  3. ^ 中日新聞2011年11月23日付記事。なお『古代韓国の歴史と英雄』(著・康 熙奉)、『韓流エンタメ日本進行戦略』(著・小野田衛)をとりあげている。