批評空間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

批評空間(ひひょうくうかん)とは、太田出版から刊行された批評専門誌。及び、その編集者らが作った協同組合出版社(組合員は柄谷行人浅田彰鎌田哲哉など)。

1991年4月から1994年1月までを第1期、1994年4月から2000年4月までを第2期、2001年10月から2002年7月までを第3期とする。

歴史[編集]

1988年に劇作家鈴木忠志の誘いで市川浩柄谷行人が『季刊思潮』の編集に携わる。四号目から浅田彰が参加。この雑誌が本誌の前身となった[1]

1991年、太田出版から「批評空間」創刊

2001年2月、生産協同組合・批評空間社設立。

2001年7月7日、紀伊国屋書店・批評空間が共同で第126回紀伊国屋セミナー「批評空間独立記念イヴェント 第Ⅲ期「批評空間」を創刊する」を開催。紀伊國屋ホールにて。磯崎新岡崎乾二郎山城むつみ浅田彰柄谷行人が共同討議「新たな批評空間のために」を行った。

2002年5月19日、編集長内藤裕治が急逝。

2002年8月20日、浅田彰柄谷行人は連名で『批評空間』の終刊と批評空間社の解散を告知した。

批評空間社・刊行目録[編集]

  • 『トランスクリティーク』(2001年9月)
  • 『柄谷行人初期論文集』(2002年4月)

主な執筆者[編集]

評価[編集]

日本語が読める外国人の美学者が、日本の研究のためではなく世界の批評の動向を知るために本誌を読んでいたという[2]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『柄谷行人 政治と思想』(平凡社小嵐九八郎による柄谷へのインタビュー
  2. ^ 「近代文学の終り」(インスクリプト) 関井光男による柄谷へのインタビュー「イロニーなき終焉」”

外部リンク[編集]