成田龍一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

成田 龍一(なりた りゅういち、1951年11月20日[1]- )は、日本の歴史学研究者。日本女子大学人間社会学部教授。専門は日本近現代史、都市社会史。

来歴・人物[編集]

大阪市生まれ。1970年麻布高等学校卒業、1974年早稲田大学第一文学部卒業、1983年同大学院文学研究科博士後期課程修了。1985年「加藤時次郎-加藤時次郎選集」で文学博士横浜市立大学講師、東京外国語大学講師、助教授、日本女子大学人間社会学部助教授、教授。初期社会主義研究会会員。

日本による対韓輸出優遇撤廃に反対する、<声明>「韓国は「敵」なのか」呼びかけ人の1人[2]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『加藤時次郎』(不二出版 1983年)
  • 『「故郷」という物語 都市空間の歴史学』(吉川弘文館 1998年)
  • 『〈歴史〉はいかに語られるか 1930年代「国民の物語」批判』(日本放送出版協会[NHKブックス] 2001年/ちくま学芸文庫 2010年)
  • 『歴史学のスタイル 史学史とその周辺』(校倉書房 2001年)
  • 『近代都市空間の文化経験』(岩波書店 2003年)
  • 司馬遼太郎の幕末・明治 『竜馬がゆく』と『坂の上の雲』を読む』(朝日選書 2003年)
  • 『「大菩薩峠」論』(青土社 2006年)
  • 『歴史学のポジショナリティ 歴史叙述とその周辺』(校倉書房 2006年)
  • 『シリーズ日本近現代史(4) 大正デモクラシー』(岩波新書 2007年)
  • 『大正デモクラシー』岩波書店〈岩波新書 新赤版〉、2007年4月。ISBN 978-4-00-431045-7
  • 『戦後思想家としての司馬遼太郎』(筑摩書房 2009年)
  • 『「戦争経験」の戦後史-語られた体験/証言/記憶』(岩波書店 2010年) 
  • 『近現代日本史と歴史学 書き替えられてきた過去』(中公新書 2012年) 
  • 『歴史学のナラティヴ 民衆史研究とその周辺』(校倉書房 2012年)
  • 『戦後日本史の考え方・学び方 歴史って何だろう?』(14歳の世渡り術 河出書房新社 2013年)『戦後史入門』河出文庫 2015年
  • 加藤周一を記憶する』(講談社現代新書 2015年)
  • 『「戦後」はいかに語られるか』河出ブックス 2016年
  • 『アジアの戦争と記憶 二〇世紀の歴史と文学』勉誠出版、2018年6月。ISBN 978-4-585-22211-8
  • 『近現代日本史との対話 幕末・維新−戦前編』集英社〈集英社新書〉、2019年1月。ISBN 978-4-08-721064-4
  • 『近現代日本史との対話 戦中・戦後−現在編』集英社〈集英社新書〉、2019年2月。ISBN 978-4-08-721068-2
  • 『環太平洋地域の移動と人種 統治から管理へ、遭遇から連帯へ』京都大学学術出版会、2020年1月。ISBN 978-4-8140-0248-1
  • 『「戦争経験」の戦後史 語られた体験/証言/記憶 増補』岩波書店〈岩波現代文庫〉、2020年8月。ISBN 978-4-00-600423-1
  • 『歴史論集1 方法としての史学史』岩波書店〈岩波現代文庫〉、2021年3月。ISBN 978-4-00-600432-3
  • 『歴史論集2〈戦後知〉を歴史化する』岩波書店〈岩波現代文庫〉、2021年5月。ISBN 978-4-00-600433-0
  • 『歴史論集3 危機の時代の歴史学のために』岩波書店〈岩波現代文庫〉、2021年7月。ISBN 978-4-00-600434-7

共著[編集]

編著[編集]

  • 『加藤時次郎選集』(弘隆社 1981年)
  • 『近代日本の軌跡(9) 都市と民衆』(吉川弘文館 1993年)
  • 『言葉と戦車を見すえて 加藤周一が考えつづけてきたこと』筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉、2009年8月。ISBN 978-4-480-09238-0
  • 『総力戦体制』筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉、2015年1月。ISBN 978-4-480-09649-4伊豫谷登士翁、岩崎稔との共編。
  • 『〈世界史〉をいかに語るか グローバル時代の歴史像』岩波書店、2020年2月。ISBN 978-4-00-061389-7長谷川貴彦との共編。
  • 『「井上ひさし」を読む 人生を肯定するまなざし』集英社〈集英社新書〉、2020年3月。ISBN 978-4-08-721114-6
  • 『〈戦後文学〉の現在形』平凡社、2020年10月。ISBN 978-4-582-83850-3紅野謙介、内藤千珠子との共編。

共編著[編集]

外部リンク[編集]

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 韓国は「敵」なのか呼びかけ人