テッサ・モリス=スズキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

テッサ・モリス=スズキ(Tessa Morris-Suzuki、1951年 - ) はオーストラリア国籍の歴史学者。専門は日本近代史オーストラリア国立大学教授。テッサ・モーリス=スズキの表記も使用。

夫は、作家森巣博。Morrisは自分の旧姓。Suzukiは夫の本名

人物[編集]

1951年イギリスで外交官の父のもと、4姉妹の末妹として生まれる。ブリストル大学ロシアの歴史及びロシアの政治を専攻し、学士号を取得。バース大学で日本の経済史を専攻し、博士号取得。日本での生活を経て、1981年にオーストラリアに移住。

ニューイングランド大学経済史上級講師、同准教授、同教授を経て、オーストラリア国立大学アジア太平洋学群文化歴史言語学部日本史教授、元学部長、元一橋大学客員教授。オーストラリア学士院人文系会員、元豪州アジア学会会長、元オーストラリア連邦政府外交問題評議会委員、アジア市民権ネットワーク共同代表。

慰安婦問題などをはじめとする大日本帝国の戦争犯罪に積極的に発言している。アメリカ合衆国下院121号決議に関しては、日本の慰安婦問題を厳しく批判した[1]

2007年に出版した『北朝鮮へのエクソダス――「帰国事業」の影をたどる』で、在日朝鮮人の帰還事業日本政府による陰謀と唱えたが、多くの反論がなされている。菊池嘉晃読売新聞記者は、「在日朝鮮人追い出し策動」としての帰国事業という説を「事実誤認」と退けている[2]礒崎敦仁慶大准教授は、「赤十字文献に着目した点は評価されるできであるが、日本政府の責任にばかり注目がいっており、この事業の全体像を見渡せる論稿とは言えない」と評している[3]在日韓国人3世の浅川晃広名大講師は、「歴史修正主義者」と批判している[4]

2013年第24回福岡アジア文化賞、学術研究賞を受賞[5]

著書[編集]

単著[編集]

  • Shōwa: An Inside History of Hirohito's Japan, Athlone Press, 1984.
  • Beyond Computopia: Information, Automation and Democracy in Japan, K. Paul International, 1988.
  • A History of Japanese Economic Thought, Routledge, 1989.
    • 藤井隆至訳『日本の経済思想――江戸期から現代まで』(岩波書店、1991年/岩波モダンクラシックス、2010年)
  • The Technological Transformation of Japan: from the Seventeenth to the Twenty-first Century, Cambridge University Press, 1994.
  • Re-inventing Japan: Time, Space, Nation, M. E. Sharpe, 1998.
    • 伊藤茂訳『日本を再発明する――時間、空間、ネーション』(以文社、2014年)
  • 『辺境から眺める――アイヌが経験する近代』(みすず書房、2000年)
  • 『批判的想像力のために――グローバル化時代の日本』(平凡社、2002年)
  • The Past within Us: Media, Memory, History, W. W. Norton, 2004.
  • 『自由を耐え忍ぶ』(岩波書店、2004年)
  • Exodus to North Korea: shadows from Japan's cold war, Rowman & Littlefield, 2007.
    • 田代泰子訳『北朝鮮へのエクソダス――「帰国事業」の影をたどる』(朝日新聞社、2007年/朝日文庫、2011年)
  • 『愛国心を考える』(岩波ブックレット、2007年)
  • Borderline Japan: foreigners and frontier controls in the postwar era, Cambridge University Press, 2010.
  • To the Diamond Mountains: a hundred-year journey through China and Korea, Rowman & Littlefield, 2010.

共著[編集]

共編著[編集]

  • Japanese Capitalism since 1945: Critical Perspectives, co-edited with T. Seiyama, (M. E. Sharpe, 1989).
  • 伊豫谷登士翁 酒井直樹『グローバリゼーションのなかのアジア――カルチュラル・スタディーズの現在』(未來社, 1998年)
  • 吉見俊哉『グローバリゼーションの文化政治』(平凡社, 2004年)
  • 倉沢愛子 杉原達 成田龍一 油井大三郎 吉田裕『岩波講座アジア・太平洋戦争(全8巻)』(岩波書店, 2005年-)
  • Contradictions of globalization: democracy, culture, and public sphere, I-House Press, 2008.

脚註[編集]

  1. ^ It's time for the truth (in the ordinary, everyday sense of the word) Archived 2009年1月9日, at the Wayback Machine.
  2. ^ 菊池嘉晃『北朝鮮帰国事業-「壮大な拉致」か「追放」か』 中央公論新社、2009年11月。ISBN 978-4121020291
  3. ^ 書評『北朝鮮帰国事業ー「壮大な拉致」か「追放」か』
  4. ^ 「朝日&テッサ・モーリス=スズキの誇大宣伝 北朝鮮--「帰国運動の悲劇は日本の責任」だと」『諸君!』2005年8月号
  5. ^ [1]