岩田重則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岩田 重則(いわた しげのり、1961年1月 - )は、日本の民俗学者中央大学教授。静岡県生まれ。静岡県立静岡高等学校卒、1984年早稲田大学教育学部社会科地理歴史専修卒業、1994年同大学院日本史専攻博士課程満期退学、2006年慶應義塾大学社会学博士。1995年東京学芸大学講師、97年助教授、07年准教授、08年教授、2013年中央大学総合政策学部教授。

経歴[編集]

赤松啓介民俗学選集』(明石書店)の編纂を行ったが、赤松の夜這い論について理想化しすぎているとして修正を加え(『ムラの若者・くにの若者』)、性の解放を理想化する森栗茂一から激しい批判を浴びたが(『性と子育ての民俗学』)、小谷野敦が森栗に反論を加えた(『恋愛の超克』)。岩田は森栗を相手にせず、戦死、墓などについて地道な研究を行っている。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ムラの若者・くにの若者:民俗と国民統合』未來社 1996
  • 『戦死者霊魂のゆくえ:戦争と民俗』吉川弘文館 2003
  • 『墓の民俗学』吉川弘文館 2003、オンデマンド版2013
  • 『「お墓」の誕生:死者祭祀の民俗誌』岩波新書 2006
  • 『<いのち>をめぐる近代史:堕胎から人工妊娠中絶へ』吉川弘文館歴史文化ライブラリー〉 2009
  • 宮本常一 逸脱の民俗学者』河出書房新社 2013
  • 『日本人のわすれもの 宮本常一『忘れられた日本人』を読み直す』いま読む!名著:現代書館 2014
  • 『天皇墓の政治民俗史』有志舎 2017
  • 『日本鎮魂考:歴史と民俗の現場から』青土社 2018

編纂[編集]

  • 赤松啓介民俗学選集 別巻』明石書店 2004年

参考[編集]