後藤弘子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

後藤 弘子(ごとう ひろこ)は、日本刑事法学者。博士(法学)。千葉大学大学院社会科学研究院教授。NPO法人ヒューマンライツ・ナウ副理事長。特定非営利活動法人コンピュータエンターテインメントレーティング機構(CERO)理事。

人物[編集]

1958年福島県出身。1987年慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得。立教大学法学部助手、富士短期大学東京富士大学経営学部助教授を経て、2004年より千葉大学大学院教授。「子どもと女性の犯罪被害・加害に対してどのような対応を社会や制度が行うべきか」について研究している[1]

著書[編集]

  • 『ビギナーズ少年法 【第3版】』成文堂、2013年
  • 『犯罪被害者と少年法』明石書店 、2005年

脚注[編集]

外部リンク[編集]