熊田一雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

熊田 一雄(くまた かずお、1962年 - )は、日本の社会学者愛知学院大学文学部宗教文化学科准教授。専門は、宗教学ジェンダー研究、文化社会学


京都市生まれ。東大寺学園中学・高校を経て東京大学教養学部フランス科を卒業後、1992年に、東京大学大学院総合文化研究科文化人類学専攻博士課程単位取得退学、修士。2003年には、カリフォルニア大学バークレー校社会学部客員研究員。

活動[編集]

風煤社から2005年に刊行した『男らしさという病? -ポップ・カルチャーの新・男性学-』で、伊藤公雄を筆頭とした、団塊の世代が牽引してきた日本の男性学に対して、新人類世代に属する著者が昨今のポップカルチャーの視座から従来とは違った男性学を構想した。具体的には、90年代に人気を集めた「美少女戦士セーラームーン」や「少女革命ウテナ」、“百合”的な意匠を纏った「マリア様がみてる」ややおい的な作品から現代の日本の若者のジェンダー観を分析した。その他にも、マンガ「寄生獣」を論じたり、熊田が専門とする宗教学男性学の接続を試み、具体的には戦前・戦後の一部の新宗教男性学的な分析を行った。

ちなみに、同書において、熊田は自身の理論には左派的な色調が濃いと述べている。また、新人類世代に属しかつ自身が女性的な価値観を持ち合わせているために、団塊の世代特有のマッチョイズム的なジェンダー観に対しては率直に違和感を表明している。

著作[編集]

以下は愛知学院大学ホームページの教員情報による。

単著
  • 『男らしさという病? -ポップ・カルチャーの新・男性学-』風煤社 (2005)
共著
  • 新世紀の宗教ー「聖なるもの」の現代的諸相 2002/11
  • ファンダメンタリズムとは何かー世俗主義への挑戦 1994/06
論文
  • アンパンマンの孤独ー愛と勇気とホモソーシャルー 2014/09
  • 「民衆宗教」研究の新展開(3)-「民衆宗教」と精神医学/治療文化- 2014/06
  • 現代日本における「認知行動療法ブーム」への疑問ー宗教学の立場からー 2014/03
  • 日本の宗教と「気働き文化」ー精神障がい者のおたすけについてー 2013/03
  • 日本の宗教と「斜めの関係」ー天理教と脱ひきこもりー 2012/09
  • 不安障害の信仰治療について―天理教の事例から― 2012/03
  • 不安障害と日本の宗教ー天理教の事例からー 2011/09
  • 小説『1Q84』における悪の表象について 2011/03
  • <自己完成のための殺人>の発見と変容-『宮本武蔵』をめぐって- 2010/09
  • 「民衆宗教」研究の新展開(2)ー「民衆宗教」とフェミニズムの対話ー 2010/06
  • 小説「人間失格」における宗教心理の一考察 (単著) 2010/03
  • 天理教教祖は強い父の夢を見たか?ー日本の宗教界と宗教の共犯関係ー 2009/09
  • 「民衆宗教」研究の新展開ー新しい「階級」の時代の宗教社会学ー 2009/06
  • 明治日本の宗教者とエートスとしての<侠> 2009/03
  • 天理教教祖と<暴力>の問題系 2008/03
  • 日本の新宗教と「暴力のアート」 2007/09
  • 新宗教の男性信者と「暴力のアート」ー天理教教祖の場合ー 2007/07

関連項目[編集]

外部リンク[編集]