柳川啓一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

柳川 啓一(やながわ けいいち、1926年 - 1990年4月3日)は、日本の宗教学者東京大学文学部名誉教授正四位勲三等旭日中綬章

来歴[編集]

兵庫県出身[1]1948年、東京帝国大学宗教学科卒業[1]1952年、東京大学大学院修了[1]

1973年から1986年まで東大文学部教授を務め[2]、1987年の定年退官後は國學院大學文学部神道学科教授。1980年から1982年まで日本宗教学会会長を務めた[2]

東京大学では中沢新一植島啓司中原俊島田裕巳渡辺直樹石井研士四方田犬彦鶴岡賀雄林淳竹沢尚一郎島薗進中牧弘允らを教えた。新宗教などの研究を行い、ゼミ生には宗教団体へ調査者であることを明かさずに参加して調査する手法(「もぐり込み調査」)を勧めた。島田裕巳は、故人となった現在では柳川は宗教学者としては必ずしも著名とは言えないが、中沢新一や島田の自己形成に大きく影響を与えたと発言している[3]

1973年には宗教学者を動員し、日本で初めての本格的な「宗教学辞典」(東大出版会)を編纂する[1]。1988年、第2回東洋哲学学術賞を受賞[1]

著書[編集]

  • 宗教理論と宗教史 聖と俗の交わる世界 旺文社, 1982 (テレビ大学講座)
  • 祭と儀礼の宗教学 筑摩書房, 1987
  • 宗教学とは何か 法藏館, 1989
  • 現代日本人の宗教 法藏館, 1991

編著[編集]

  • 宗教学辞典 東京大学出版会 1973
  • 現代社会と宗教 東洋哲学研究所, 1978
  • 宗教と社会変動 安斎伸共編 東京大学出版会, 1979
  • 宗教学のすすめ 上田閑照共編 筑摩書房, 1985
  • 宗教理論と宗教史 阿部美哉共編 放送大学教育振興会, 1985
  • セミナー宗教学講義 法藏館, 1988
  • 現代宗教学 1-4 脇本平也共編 東京大学出版会, 1992

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 日外アソシエーツ現代人物情報より
  2. ^ a b 柳川啓一氏死去 東京新聞1990.04.04
  3. ^ 『宝島30』(宝島社 1996年6月号)「私の中沢新一論」島田裕巳