渡邊直樹 (編集者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡邊 直樹(わたなべ なおき、1951年(昭和26年)[1] - )は、日本雑誌編集者国際宗教研究所顧問[2]。元大正大学文学部表現文化学科教授[3][4]

経歴[編集]

東京都出身[3]。 1964年に東京教育大学附属小学校(現・筑波大学附属小学校)、1970年に同附属中学校・高等学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)、1976年に東京大学文学部宗教学科を卒業、同年平凡社に入社し『太陽』編集部を経て1981年に退社[1]嵐山光三郎らと青人社の創立に参加し、『DoLiVe 月刊ドリブ』の三代目編集長となる。

その手腕を評価され、扶桑社で『SPA!』『PANJA』、アスキーで『週刊アスキー』を創刊し、編集長を歴任。

1998年にジェイ・キャスト設立に参加、2000年から中央公論新社に入り2001年1月から『婦人公論』編集長を務め[1]、現職。

2007年よりジャパンファウンデーション(国際交流基金)『をちこちMagazine』編集長[5]

編書[編集]

関連書籍[編集]

  • 嵐山光三郎『昭和出版残侠伝』筑摩書房 - 青人社時代のことが、実名で語られている。

テレビ出演[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『現代日本人名録2002』4巻p1947 2001年8月
  2. ^ http://www.iisr.jp/about_us/yakuin/
  3. ^ a b 渡邉 直樹|大正大学
  4. ^ 最終講義のご案内
  5. ^ [1]