嵐山光三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

嵐山 光三郎(あらしやま こうざぶろう、1942年1月10日 - )は、日本編集者作家エッセイスト。本名、祐乗坊 英昭(ゆうじょうぼう ひであき)。

父は、朝日新聞社社員から、多摩美術大学の教授に転じた、デザイナーの祐乗坊宣明。弟の祐乗坊進造園コンサルタント多摩美術大学講師。

来歴・人物[編集]

静岡県浜松市に生まれ、1950年から東京都北多摩郡国立町(現在の国立市)に育つ。国立学園小学校卒業。小学校時代の同級生に、後の外務省・軍縮大使の登誠一郎朝日新聞社宮本貢がいた。

桐朋中学・高等学校を経て、1965年國學院大學文学部国文科卒業。専攻は中世文学。また、笠井叡は高校の2年後輩で、大学時代に笠井から土方巽を紹介され、金粉ショーのアルバイトをやったこともある。大学時代の教師には丸谷才一安東次男らがいた。

1965年、平凡社へ入社。当時の平凡社は「国民百科事典」の売り上げが絶好調な時期であり、先代社長の下中弥三郎が他社において「争議活動」等で問題となった編集者を集めていたこともあり、編集部には奇人・変人・怪人がそろっていた。先輩編集者の谷川健一林達夫難波律郎西巻興三郎らを知る。のち、『別冊太陽』と『太陽』のそれぞれ編集長を務める。『太陽』の「年賀状の図案特集」はヒット企画となった。また、編集者として檀一雄澁澤龍彦と親交を深める。深沢七郎には、特に影響をうけ、師匠と呼んでいる。

また、「現代詩手帖」の編集長の桑原茂夫を知る。他に唐十郎山野浩一前田亜土鎌田忠良麿赤児坂崎重盛村松友視篠山紀信南伸坊糸井重里篠原勝之鈴木いづみ山際淳司らと知り合う。

また、広告会社から平凡社に入社してきた安西水丸を知り、1976年に合作絵本「ピッキーとポッキー」を刊行。40年間で70万部近くを売り上げるロングセラーとなる[1]

放漫経営のため平凡社が経営危機となった1981年馬場一郎編集局長をトップに、筒井泰彦(筒井ガンコ堂)、渡邊直樹ら平凡社時代の部下らを率いて独立し、青人社を設立。翌年には『DoLiVe 月刊ドリブ』を創刊。

また、雑誌「宝島」で連載された“チューサン階級の友”で人気を博し、「…なのでR」などカタカナやアルファベットを多用した、独特の文体でのエッセイを多数の雑誌に発表。椎名誠らとともに「昭和軽薄体」と呼ばれた。

タモリ司会のテレビ番組『今夜は最高!』に、『月刊ドリブ』の宣伝も兼ねて出演。これがきっかけで、1982年からは『笑っていいとも!増刊号』(フジテレビ)に編集長としてレギュラー出演した。

趣味は料理で、「素人庖丁記」(渡辺和博イラスト)を『週刊現代』に長年連載。

また、近代以前の文学者たちを主人公にしたポップな時代小説や、食べ歩き本、温泉などの旅行記などを発表。また、編集者時代を描いた自伝的小説『口笛の歌が聴こえる』『昭和出版残侠伝』も発表した。一方、母校の國學院大學講師も務めた。

近年は、文学者たちの暴食ぶりを評した『文人悪食』『文人暴食』など、近代日本の文学者たちを、新鮮な切り口から捉えなおした本も多い。

作家・芸術家の赤瀬川原平、イラストレーターの安西水丸南伸坊渡辺和博、芸術家の篠原勝之などとは編集者時代からの友人でもある。共同で絵本を作ってきた安西が2014年3月19日に死去した際、朝日新聞に追悼文を寄稿した[2]。南による装丁・挿絵も多い。友川カズキは飲み仲間で、秋田弁が聞きたくて歌わせていた。適当な節回しの中で、代表曲の一つ「ワルツ」が生まれた。作家の石田千は元助手である。

また、20年来の阪神タイガースファンである。

2010年3月、国立市教育委員に任命された。2012年日本文藝家協会理事。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 『ピッキーとポッキー』安西水丸絵 福音館書店、1976
  • 『チューサン階級の冒険』白川書院、1977 のち角川文庫
  • 『ピッキーとポッキーのかいすいよく』安西水丸絵 福音館書店、1980
  • 『新随想フツーの血祭り アラコウの復活処女作総決算』情報センター出版局、1982 のち新潮文庫
  • 『ABC文体鼻毛のミツアミ』講談社、1982
  • 『男』駸々堂出版、1983
  • 『世間』駸々堂出版、1984
  • 『チューサン階級ノトモ』徳間書店、1984
  • 『文句』河出書房新社、1984
  • 『超道徳本当講座 サラリーマン出世の条件』光文社カッパブックス、1984 「不良社員の条件」光文社知恵の森文庫
  • 『黄金意識』朝日出版社、1985
  • 『口笛の歌が聴こえる』新潮社、1985 のち文庫、新風舎文庫
  • 『しごとが面白くなる徒然草の知恵 乱世を生き抜くダンディズム』ダイヤモンド社、1986 のち講談社文庫
  • 『恋横丁恋暦』徳間書店、1986 のち文庫
  • 『ぷーぷーぷー おならとともだちになる本』(安西水丸:絵)あすなろ書房、1986
  • 『話の秘密箱 人生対談』朝日新聞社、1986
  • 『同窓会』講談社、1986 「同窓会奇談」文庫
  • 『料理ノ御稽古』光文社文庫、1986
  • 『逆鱗組七人衆』新潮社、1987 のち文庫
  • 『素人庖丁記』講談社、1987 のち文庫
  • 徒然草殺しの硯』角川書店、1988(文庫化の際、『兼好凶状秘帖』と改題)
  • 『気分の構造』エムジー、1988
  • 『夕焼け少年』集英社、1988 のち文庫
  • 『暴力対談 嵐山光三郎のバイオレンストーク』一季出版、1988
  • 『ぼくのローカル線』(広田尚敬の写真に文を) 山と渓谷社、1988
  • JR東日本の感性革命 巨大集団の発想転換』ダイヤモンド社、1989
  • 『素人庖丁記パート2』講談社、1989 「素人庖丁記 カツ丼の道篇」文庫
  • 『嵐山光三郎と生活改善向上協会のいかせ!脳ミソアイデア・ゲーム』武蔵野書籍、1990
  • 『夕焼け学校』集英社、1990 のち文庫
  • 『怪』徳間書店、1991 のち文庫
  • 『東京旅行記』マガジンハウス、1991 のち光文社知恵の森文庫
  • 『かわいい自分には旅をさせろ』講談社、1991
  • 『自宅の妾宅』講談社、1992 のち文庫
  • 西行清盛』集英社、1992 のち学陽書房人物文庫
  • 『少年少女古典文学館 徒然草』講談社 1992
  • 『蘭の皮膜』文藝春秋、1993
  • 『新素人包丁記・海賊の宴会』講談社、1993 のち文庫
  • 『夕焼けの町』集英社、1993
  • 『編集者諸君!』本の雑誌社、1994
  • 『ザ・ニンジャ猿飛佐助』(まがみばん画) 講談社KK文庫、1994
  • 『買い物旅行記』マガジンハウス、1994
  • 『素人庖丁記 ごはんの力』講談社、1994 のち文庫
  • 『この町へ行け』TBSブリタニカ、1995 「日本百名町」光文社知恵の森文庫
  • 『桃仙人 小説深沢七郎』メタローグ、1995 (ちくま文庫、1997 ランダムハウス講談社文庫、2008)
  • 『日本列島天然純朴の温泉 嵐山光三郎の遊湯紀行 いつか行きたい』(山口大輔写真) 講談社、1995
  • 『魔都』徳間書店、1996
  • 『ごはん通』平凡社、1996
  • 『活字の人さらい 愛書少年不思議譚』メディアパル、1997 のちちくま文庫
  • 『ざぶん 文士放湯記』講談社、1997 『ざぶん 文士温泉放蕩録』と改題、文庫)
  • 『文人悪食』マガジンハウス、1997 のち新潮文庫
  • 『聞き得! 嵐山光三郎対談集』清水書院、1997
  • 『温泉旅行記』JTB、1997 のちちくま文庫
  • 『「不良中年」は楽しい』講談社、1997 のち文庫
  • 『変! 不良中年忍法帖』光文社、1998
  • 『頬っぺた落としう、うまい!』マガジンハウス、1998 のちちくま文庫
  • 『不良中年は色っぽい』朝日新聞社、1998 「コンセント抜いたか!」文庫、2001
  • 『追悼の達人』新潮社、1999 のち文庫、中公文庫
  • 奥の細道温泉紀行』平凡社、1999 のち小学館文庫
  • 『快楽温泉201 決定版』(山口大輔ほか写真)講談社、1999
  • 『断固、不良中年で行こう!』朝日新聞社、2000
  • 芭蕉の誘惑 全紀行を追いかける』JTB、2000 のち『芭蕉紀行』新潮文庫
  • 『日本詣で』集英社、2001 のち文庫
  • 美妙、消えた。』朝日新聞社、2001
  • 『日本一周ローカル線温泉旅』講談社現代新書、2001
  • 『寿司問答』プレジデント社、2002 のちちくま文庫
  • 『文人暴食』マガジンハウス、2002 のち新潮文庫
  • 『江戸前寿司一の一の店を行く』新講社、2002
  • 『死ぬための教養』新潮新書、2003
  • 『おとこくらべ』ちくま文庫、2004
  • 『日本全国ローカル線おいしい旅』講談社現代新書、2004
  • 『「退歩的文化人」のススメ』新講社、2004
  • 『カワハギ万歳! 釣った、食った、はまった』PHP新書、2004
  • 『変! おばさん忍法帖』光文社文庫、2004
  • 『不良定年』新講社、2005 のちちくま文庫
  • 『古本買い十八番勝負』集英社新書、2005
  • 『新御馳走帖』(坂本真典写真)河出書房新社、2005
  • 『悪党芭蕉』新潮社、2006 のち文庫
  • 『昭和出版残侠伝』筑摩書房、2006 のち文庫
  • 『よろしく』集英社、2006 のち文庫
  • 『とっておきの銀座』新講社、2007 のち文春文庫
  • 『人妻魂』マガジンハウス、2007
  • 『嵐山光三郎の史上最強の干物』マガジン・マガジン、2007
  • 『妻との修復』講談社現代新書、2008
  • 『おはよう!ヨシ子さん』新講社、2008
  • 『死に方上手—いのちの対話』岩波ブックレット、2008
  • 『旅するノラ猫』(浅生ハルミン絵)筑摩書房、2009
  • 『「下り坂」繁盛記』新講社、2009 のちちくま文庫、2014
  • 『新廃線紀行』光文社、2009
  • 『釣って開いて干して食う。』光文社文庫、2010
  • 『文士の舌』新潮社、2010 のち『文士の料理店(レストラン)』と改題し新潮文庫、2013
  • 『嵐山光三郎ぶらり旅』北國新聞社、2011
  • 『嵐山光三郎ぶらり旅 ほろ酔い編』北国新聞社 2011
  • 『道楽人生東奔西走』新講社、2011
  • 『魔がさす年頃』新講社 2012
  • 『美妙 書斎は戦場なり』中央公論新社 2012 のち文庫
  • 『つり道楽』光文社文庫 2013
  • 『ピッキーとポッキーのはいくえほん おしょうがつのまき』安西水丸絵 福音館書店 2013
  • 『現代語訳徒然草』岩波現代文庫、2013
  • 『年をとったら驚いた!』新講社 2014
  • 『ぼくの交遊録的読書術』新講社 2015
  • 『漂流怪人・きだみのる』小学館 2016

共編著・監修[編集]

  • 『世紀末感字辞典』(編)立風書房 1983
  • 『インスタントラーメン読本』(編著)新潮文庫 1985
  • 『現代都会語事典』(編)講談社 1987
  • 『僕たちはこれで株のプロになった (株)驚異の「鎌倉理論」』(編著)徳間書店 1988
  • 『お醤油の来た道 味の謎への探検隊』(鈴木克夫との共著)徳間書店 1990
  • 『現代日本世相番付』(編)日之出出版 1990
  • 『機知名言集 人生いろいろ人間さまざま』(監修)講談社 1990
  • 世界の車窓から』(監修)一季出版 1990
  • 『少年時代 糸川英夫ロケット博士への道』(編、松本零士画)講談社 1991
  • 『農に吹く新しい風 消費者へのメッセージ』(編)家の光協会 1993
  • 『東京農業はすごい』(編)創森社 1994
  • 『日本の名随筆 別巻 57 喧嘩』(編)作品社 1995
  • 『全国「地ビール」大全』(編)光文社文庫 1996
  • 『緊急問題』(木村晋介との共著)本の雑誌社 1999
  • 『江戸を食べに行く』(筒井ガンコ堂との共著)河出書房新社 2001
  • 『明治の文学10 山田美妙』(編)筑摩書房 2001
  • 山口瞳「男性自身」傑作選 熟年篇』(編)新潮文庫 2003
  • 『私の食自慢・味自慢』全8巻(監修)リブリオ出版 2006
  • 『上手な逝き方』大村英昭共著 2010 集英社新書
  • 『文人御馳走帖』編 新潮文庫、2014
  • 『大放談!大相撲打ちあけ話』北の富士勝昭共著 新講社 2016

翻訳[編集]

過去の出演番組[編集]

CM[編集]

出演[編集]

映画[編集]

  • 任侠外伝 玄海灘(1976) 監督:唐十郎
  • 月の夜・星の朝(1984) 監督:石山昭信
  • スクラップストーリー ある愛の物語(1984) 監督:若松孝二

テレビドラマ[編集]

原作[編集]

  • 逆鱗組七人衆(2005) 監督:市川徹

脚注[編集]

  1. ^ 週刊朝日』2016年7月15日号、100頁。(嵐山の連載「コンセント抜いたか」)
  2. ^ “酒飲みで人情家、仕事一途 安西水丸さんを悼む”. 朝日新聞. (2014年3月25日). http://digital.asahi.com/articles/ASG3T3Q4NG3TUCVL00D.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASG3T3Q4NG3TUCVL00D 2014年3月26日閲覧。 

外部リンク[編集]