青人社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

青人社(せいじんしゃ)は、1981年から1999年まで存在した日本出版社。ただし、初期は社内に「編集部」しかなく、広告・営業は親会社の学習研究社に頼っており、実質は編集プロダクションであった。

概要[編集]

1981年に経営危機に陥った平凡社を退社した、元・編集局長の馬場一郎、雑誌『太陽』の元・編集長の嵐山光三郎、元『太陽』編集部の筒井康彦(筒井ガンコ堂)、西田成夫渡辺直樹三村泰彦山崎修により、学研の援助を受けて発足した。編集部が作られた場所は、学研の元倉庫の、長原の八百屋の2階だった。

1981年11月には季刊雑誌『四季の手帖』を刊行。嵐山が『太陽』時代に発案した名物企画「年賀状特集」を企画して、平凡社『太陽』との企画争いとなり、話題になった。

1982年4月には、月刊誌『ドリブ』を刊行開始。嵐山編集長自身が、タレント、昭和軽薄体ライターとして有名になったこともあり、人気雑誌となった。

また、その他に一般書籍も多数刊行。また、アダルト雑誌『おとこの遊び専科』も刊行。一時は有力な中堅出版社となる。

だが、1991年に学研が援助をやめ、「学研のグループ企業」として独立することになり、広告部・営業部も自前で持つようになる。会社は、渋谷区広尾の長谷部第三ビルに移った。

1994年の馬場の死去後は、完全に学研の配下を離れ、会社は六本木の日産ビル(現:六本木ヒルズノースタワー)に移った。

だが、『ドリブ』が1997年6月に休刊したことにより、経営が悪化。1999年9月に倒産した。

主な刊行雑誌[編集]

  • 四季の手帖
  • ドリブ
  • おとこの遊び専科
  • 日本こころの旅
  • 起業塾

関連書籍[編集]

  • 嵐山光三郎「昭和出版残侠伝」筑摩書房 - 創立当初の時代のことが描写されている。

外部リンク[編集]