吉田秀和賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉田秀和賞(よしだひでかずしょう)とは、音楽演劇美術などの各分野で、優れた芸術評論を発表した人に対して贈られる吉田秀和芸術振興基金主催の賞のこと。副賞200万円。

1990年(平成2年)に、水戸芸術館開設を記念して設立され現在に至る。審査委員ははじめ吉田、加藤周一武満徹の三人体制。武満の死去後林光が加わる。加藤の死去後は審査委員長の吉田と審査委員の林の二人体制となる。2012年、林と吉田が死去。審査委員長が杉本秀太郎、審査委員が片山杜秀の二人体制となる。2015年、杉本が死去し、新しい審査委員として磯崎新が迎えられ、片山との二人体制となる。

過去の受賞者と作品[編集]

外部リンク[編集]