長木誠司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

長木 誠司(ちょうき せいじ、1958年1月11日 - )は、日本の音楽学者東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻教授。専門は音楽学、表象文化論。洋楽文化史研究会会長。

経歴[編集]

福岡県生まれ。東京学芸大学教育学部附属高等学校東京大学文学部美術芸術学専攻卒業、東京芸術大学大学院音楽研究科音楽学専攻博士課程単位取得満期退学。1986-88年ドイツ学術交流会奨学生としてボン大学に留学。1993年出光音楽賞受賞。1994年、博士(音楽学)(東京芸術大学)。1997年、博士論文『フェッルッチョ・ブゾーニ』で吉田秀和賞受賞。2016年、『オペラの20世紀 夢のまた夢へ』で芸術選奨文部科学大臣賞受賞。東邦音楽短期大学助教授を経て、東京大学助教授、2007年より同准教授、のち教授。

著書[編集]

共編[編集]

翻訳[編集]

関連項目[編集]