樋口隆一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

樋口 隆一(ひぐち りゅういち、1946年(昭和21年)4月9日 - )は、日本の音楽学者指揮者明治学院大学名誉教授。国際音楽学会副会長・日本選出理事。音楽文献目録委員会委員長。日本アルバンベルク協会常任理事。DAAD友の会会長。

略歴[編集]

祖父は樋口季一郎陸軍中将。東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒、同大学院修士課程修了。作曲理論を池辺晋一郎に学ぶ。ドイツ学術交流会(DAAD)奨学生として、テュービンゲン大学にて、音楽学をゲオルク・フォン・ダーデルセンに師事。1979年教会カンタータに関する研究で哲学博士指揮法アレクサンダー・スムスキーに師事した。シュトゥットガルト聖マリア教会代理合唱長、ゲッティンゲン・バッハ研究所客員研究員。帰国後、バッハとシェーンベルクを中心とする西洋音楽史を専門領域としながら指揮者、評論家として活動。1988年京都音楽賞、89年辻荘一賞を受賞。2000年明治学院バッハ・アカデミーを創設し芸術監督。2002年オーストリア学術芸術功労十字章が授与された。明治学院大学文学部芸術学科助教授、教授、文学部長を歴任。2015年退任。

著書[編集]

  • 『ミューズの道草』春秋社、1983
  • 『カラー版作曲家の生涯 バッハ』新潮文庫、1985
  • 『バッハの旅』音楽之友社、1986。田中学而写真
  • 『バッハカンタータ研究』音楽之友社、1987
  • 『ドイツ音楽歳時記 民謡とバッハのカンタータで綴る』講談社、1989 
  • 『バッハ探究』春秋社、1993
  • 『バッハから広がる世界』春秋社、2006
  • 『バッハの風景』小学館、2008
  • 『バッハの人生とカンタータ』春秋社、2012

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • ニール・ザスロー編『啓蒙時代の都市と音楽 古典派』監訳 音楽之友社「西洋の音楽と社会」、1996
  • 『バッハ全集 第11巻 チェンバロ曲 1』アルフレート・デュル、クリストフ・ヴォルフ、江端伸昭小鍛冶邦隆共著 小学館、1996
  • ニコラウス・アーノンクール『古楽とは何か 言語としての音楽』許光俊共訳 音楽之友社、1997
  • 『バッハ全集 第2・3巻 教会カンタータ』礒山雅共著 小学館、1997‐98
  • 『バッハ全集 第6巻 世俗カンタータ』ヴォルフガング・ホルン、ゲオルク・フォン・ダーデルセン、クラウス・ホーフマン 小学館、1998
  • 『バッハ全集 第8巻 ミサ曲、受難曲2』アンドレアス・グレックナー、フリーダー・レンプ、木村佐千子共著 小学館、1997-98
  • エリカ・シューハルト『このくちづけを世界のすべてに ベートーヴェンの危機からの創造的飛躍』山本潤伊藤綾共訳 アカデミア・ミュージック、2013

参考[編集]

外部リンク[編集]