辻荘一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
つじ しょういち
辻 荘一
生誕 1895年12月20日
死没 1987年4月21日
出身校 東京帝国大学
職業 立教大学教授、国立音楽大学教授、滝乃川学園第8代理事長

辻 荘一(つじ しょういち、1895年12月20日 - 1987年4月21日 )は、日本の音楽学者、社会事業家、専門は音楽史。

来歴[編集]

岐阜県出身。東京帝国大学卒業。

弘田龍太郎田村寛貞に師事。後に立教大学に奉職し、教授となる。戦後、音楽学会の設立に尽くし、初代会長となる。立教大学退職後は名誉教授となり、国立音楽大学教授に就任。また、立教学院日本聖公会)系の社会福祉法人滝乃川学園第8代理事長をつとめた。没後、荘一の功績を偲び、優れた音楽家を表彰する「辻荘一・三浦アンナ記念学術賞」が創設された。勲四等旭日小綬章受章。

1980年キリスト教功労者の表彰を受ける。

長男は化学者・音楽評論家の辻啓一(1923-91)、美術史学者・大阪大学名誉教授の辻成史がいる。教え子に中世音楽史家の皆川達夫がいる。

著書[編集]

=編共著[編集]

  • ヘンデルグロリアパトリ:総譜表』編 南葵音楽図書館 1928
  • 『日本音楽集成 第1編 雅楽 第1輯(催馬楽) 』兼常清佐共編 南葵音楽図書館 1930
  • 『音楽講座 第16篇 宗教音楽』共著 学芸社 1933
  • 『声楽・合唱辞典』清水脩,山本金雄共監修 カワイ楽譜 1970

翻訳[編集]

  • アムブロオス『音楽と詩歌との境』岩波書店 音楽叢書 1926
    • A.W.アンブロース『音楽と詩の限界』音楽之友社 音楽文庫 1952
  • グロウヴ『フランツ・シユウベルト』岩波文庫 1935
  • ベートーヴェン 第四交響曲 変ロ長調』解説 音楽之友社 1948
  • シュウァイツァー『バッハ』山根銀二共訳 岩波書店 1955-58
  • V.ルーカス『オルガンの名曲 演奏・鑑賞の手引』藤野薫共訳 パックスエンタープライズ 1983

参考文献[編集]