辻荘一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
つじ しょういち
辻 荘一
生誕1895年12月20日
死没1987年4月21日(91歳没)
出身校東京帝国大学文学部卒業
職業立教大学文学部教授、滝乃川学園第8代理事長

辻 荘一(つじ しょういち、1895年明治28年)12月20日 - 1987年昭和62年)4月21日 )は、日本音楽学者。専攻は西洋音楽史キリスト教音楽史立教大学名誉教授

来歴[編集]

岐阜県出身。1920年(大正9年)東京帝国大学文学部卒業。弘田龍太郎、田村寛貞に師事。

1923年大正12年)立教大学文学部教授に就任。キリスト教音楽史を講義。同年立教大学グリークラブを創部した。また、週に1度、東京大学文学部で非常勤講師を務める。東大での教え子に、音楽学者皆川達夫がいる。

戦後、日本音楽学会の設立に尽力し、会長も務め、日本における音楽学の発展に貢献した。

1960年(昭和35年)「立教大学メサイア演奏会」を始めることを強く提案し、専任講師の皆川達夫と共に大学内に正式な準備委員会を発足させる。そして1962年(昭和37年)12月22日、指揮者に東京芸術大学教授の金子登を迎え、文京公会堂にて第1回「立教大学メサイア演奏会」が開催されるに至った。メサイア演奏会は、2021年令和3年)に、第60回となった。

1961年昭和36年)3月、38年間勤務した立教大学を定年退職。同年4月、国立音楽大学教授。また、社会福祉法人滝乃川学園第8代理事長を務める。

なお、勲四等旭日小綬章を受章。1980年(昭和55年)には、日本キリスト教文化協会よりキリスト教功労者の表彰を受ける。

没後、優れた音楽・美術研究者を表彰する「辻荘一・三浦アンナ記念学術賞」が創設され、1988年(昭和63年)に、最初の辻荘一賞を、バッハ研究者の礒山雅(国立音楽大学助教授)が受賞、立教学院諸聖徒礼拝堂において授賞式が行なわれた。選考委員長は皆川達夫が務めた。

子に化学者・音楽評論家の辻啓一(1923-91)、美術史家大阪大学名誉教授辻成史がいる。

著書[編集]

編共著[編集]

  • ヘンデルグロリアパトリ:総譜表』編 南葵音楽図書館 1928
  • 『日本音楽集成 第1編 雅楽 第1輯(催馬楽) 』兼常清佐共編 南葵音楽図書館 1930
  • 『音楽講座 第16篇 宗教音楽』共著 学芸社 1933
  • 『声楽・合唱辞典』清水脩,山本金雄共監修 カワイ楽譜 1970

翻訳[編集]

  • アムブロオス『音楽と詩歌との境』岩波書店 音楽叢書 1926
    • A.W.アンブロース『音楽と詩の限界』音楽之友社 音楽文庫 1952
  • グロウヴ『フランツ・シユウベルト』岩波文庫 1935
  • ベートーヴェン 第四交響曲 変ロ長調』解説 音楽之友社 1948
  • シュウァイツァー『バッハ』山根銀二共訳 岩波書店 1955-58
  • V.ルーカス『オルガンの名曲 演奏・鑑賞の手引』藤野薫共訳 パックスエンタープライズ 1983

参考文献[編集]