神田盾夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

神田 盾夫(かんだ たてお、1897年6月30日 - 1986年7月19日)は、日本の言語学者聖書学者新約聖書学)。 

略歴[編集]

神田乃武の四男、政治学者の高木八尺は実兄。東京都麹町区生まれ。1916年第一高等学校英法科入学、この頃、内村鑑三の門に入る。1919年東京帝国大学英文科入学、1920年田中秀央が転出したのに伴い京都帝国大学言語学科に転じて卒業。田中秀央の他、新村出波多野精一に師事。その後、同大学院を経て、オックスフォード大学ハイデルベルク大学に留学。英国ではC.H.ドッドに、ドイツではマルティン・ディベリウスに師事し、主として西洋古典学を修める。1930年帰国。同志社大学龍谷大学などで教える。1932年、呉茂一の休退職により東京大学言語学科講師に招聘され、1935年助教授、1953年教授に就任。同年退職し国際基督教大学教授に就任。その他、立教大学京都大学などでも教鞭をとった。

人物[編集]

聖書学西洋古典学を併せた研究著述であった。直接、間接にその教育・薫陶を受けた教え子は数多いが、野上素一関根正雄河野六郎岡野昌雄木村彰一川田殖らを教えている。

国際基督教大学の設立に尽力した一人である。

夫人の神田多恵子は、広岡浅子の孫にあたり、深い教養と高潔な人格によってICUの学生などから「ミセス神田」の愛称で親しまれた。戦後は、関東地方更生保護委員会委員(唯一の女性メンバー)、中央更生保護審査会委員、中央青少年問題協議会専門委員などを歴任した。

1972年、ICU時代の教え子らによって学術団体「ペディラヴィウム会」が発足した。

著書[編集]

  • 『新約聖書を中心とせるパピルスの話』長崎書店、1940年
  • 『新約聖書ギリシヤ語入門』岩波書店〈岩波全書〉 1956年(2016年オンデマンド版で復刊)
  • 神田盾夫著作集』 全5巻 川田殖松永希久夫編、みすず書房 1976-81
    • 1西洋精神の源流、2西洋古典と聖書の世界、3新約聖書文献学・パピルスの話、4福音書研究、5折りにふれて

翻訳[編集]

  • 『新約聖書文献考』 ジョウジ・ミリガン 刀江書院 1927年
  • 『大工の子イエス』 S.L.ファーズ 矢崎源九郎共訳 中央公論社 1950年
  • 『イエス』 M.ディベリウス 新教出版社 1950年
  • 『聖書 その今日における意義』 C.H.ドッド 新教出版社 1953年
  • 『キリストの来臨 福音書について』 C.H.ドッド 新教出版社 1953年
  • 『聖書物語』 寺沢芳雄・村岡花子共訳 世界童話文学全集 講談社 1960年
  • 『イエス』 M.ディベリウス W.キュンメル補訂 川田殖共訳 新教出版社 1973年(上記『イエス』の改訳版)

記念論集[編集]

  • 「西洋精神の源流と展開 神田盾夫博士喜寿祝賀論文集」 松永希久夫・岡野昌雄編 ペディラヴィウム会 1975年
  • 「聖書と英文学をめぐって 神田盾夫博士傘寿記念論文集」 山本俊樹編 ペディラヴィウム会 1982年
  • 「神田盾夫・多恵子記念文集」 神田先生御夫妻記念文集編集委員会編 ペディラヴィウム会 1987年

外部リンク[編集]

一般社団法人 ペディラヴィウム会