川田殖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川田 殖(かわだ しげる、1931年 - )は、日本哲学者倫理学者。専門は古代ギリシア哲学

人物[編集]

北海道網走市生まれ。1957年国際基督教大学卒業(第一期生)。1959年京都大学文学部哲学科卒業。1964年、同大学院博士課程満期退学。学生時代は主としてエミール・ブルンナー神田盾夫田中美知太郎の薫陶を受ける。

国際基督教大学助教授、大阪医科大学助教授、山梨医科大学医学部教授、恵泉女学園学園長を経て、2000年から2005年まで日本聾話学校校長。

著書[編集]

  • 『川田殖講演集① 信州の片隅から』信濃教育会出版部、1981(2010年復刊).
  • 『川田殖講演集② 混迷の時代の中で』信濃教育会出版部、1981(2010年復刊).
  • 『川田殖講演集③ 若き友らとともに』信濃教育会出版部、1995(2010年復刊).
  • 『歴史に生きるキリスト者 真の友情から問いかける日韓関係』共著、基督教共助会、1993.
  • 『いまこそ人間教育を』「いまこそ人間教育を」刊行会、2006.

編著[編集]

翻訳[編集]

  • 「アリストテレス断片集」筑摩書房世界古典文学全集16〉、1966.
  • プラトンアレクサンドル・コイレ、みすず書房、1972.
  • 形而上学」アリストテレス(松永雄二共訳)『世界の名著8 アリストテレス』中央公論社、1972.
  • 『アリストテレス その思想の成長と構造』G.E.R.ロイド、みすず書房、1973.
  • イエスディベリウス著・キュンメル補訂(神田盾夫共訳)、新教出版社、1973.
  • アルキビアデス 2」『プラトン全集6』岩波書店、1975.
  • 『キリスト教と文明の諸問題』エミール・ブルンナー(川田親之共訳)、新教出版社 1982.
  • 「哲学と詩におけるプラトン主義」ジョン・フィッシャー。『プラトン主義の多面体』平凡社「ヒストリー・オヴ・アイディアズ 11」、1987.
  • 『ブルンナー著作集 第6巻 倫理・社会論集』、共訳、教文館、1996.
  • 『古代の世界現代の省察 ギリシアおよび中国の科学・文化への哲学的視座』G.E.R.ロイド(金山弥平、金山万里子、和泉ちえ共訳)、岩波書店、2009.

論文[編集]

参考[編集]