中沢洽樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中沢 洽樹(なかざわ こうき、1915年11月15日[1]- 1997年6月18日)は、日本聖書学者立教大学名誉教授。 高知県生まれ。1938年東京帝国大学文学部宗教学科卒業。1950年から1952年までニューヨークユニオン神学校に留学。1954年立教大学文学部キリスト教学科助教授、のち教授1962年「第二イザヤ研究」で東京大学文学博士1980年定年退任、名誉教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『苦難の僕 イザヤ書53章の研究』新教出版社、聖書学叢書 1954
  • 『若き内村鑑三論 職業と結婚をめぐって』待晨堂書店、1958
  • 『イザヤ書 第2巻 (第40-66章)』新教出版社、旧約聖書註解シリーズ 1959
  • 『第二イザヤ研究』山本書店、1962
  • 『日本の聖書学』山本書店、1968
  • 『内村鑑三 真理の証人』キリスト教夜間講座出版部、1971
  • 『忘却と想起』山本書店、1972
  • ヨブ記のモチーフ』山本書店、1978
  • 『続・忘却と想起』山本書店、1979
  • 『続々・忘却と想起』山本書店、1982
  • 『「空の空」-知の敗北』山本書店、1985
  • 『忘却と想起 第4』山本書店、1988
  • 『旧約遍歴』山本書店、1991

共編[編集]

翻訳[編集]

論文[編集]

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987年