坂本賢三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂本 賢三(さかもと けんぞう、1931年3月16日 - 1991年1月9日[1])は、日本の科学史家、哲学者。哲学・科学史・技術史を専攻。

来歴[編集]

兵庫県神戸市に生まれる。1953年大阪大学理学部物理学科卒業。同大学院文学研究科(哲学)博士課程中退。

1960年大阪経済大学講師、1962年桃山学院大学講師、1964年助教授、1968年教授、1974年神戸商船大学教授、1986年千葉大学教授となる。在任中の1991年1月19日、直腸癌のため死去[1]

著書[編集]

翻訳[編集]

  • 革命の戦略 アンドレ・グリュックスマン 雄渾社 1969
  • ことばと波 コミュニケーションの歴史と科学 A.H.W.ベック 平凡社 1972 (世界大学選書)
  • 中世の産業革命 J.ギャンペル 岩波書店 1978.12
  • 技術の歴史 13 T.I.ウイリアムズ 筑摩書房 1981.5
  • 現代の哲学 1 ポール・リクール 岩波書店 1982.2
  • 航海術の歴史 H.-C.フライエスレーベン 岩波書店 1983.5
  • 二〇世紀技術文化史 トレヴァー・I.ウイリアムズ 中岡哲郎と監訳 筑摩書房 1987.1

脚注[編集]

  1. ^ a b 『現代物故者事典1991~1993』(日外アソシエーツ、1994年)p.271