フランシス・ベーコン (哲学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フランシス・ベーコン
Francis Bacon
ベーコンの肖像
生誕 (1561-01-22) 1561年1月22日
イングランド王国の旗 イングランド王国ロンドン
死没 (1626-04-09) 1626年4月9日(65歳没)
イングランド王国の旗 イングランド王国ロンドン
時代 16世紀の哲学
17世紀の哲学
地域 西洋哲学
学派 ルネサンス哲学
イギリス経験論
研究分野 自然哲学
形而上学
数学論理学
神学宗教哲学
主な概念知識は力なり
署名
テンプレートを表示

初代セント・オールバンズ子爵フランシス・ベーコン: Francis Bacon, 1st Viscount St Alban, PC QC1560/61年1月22日 - 1626年4月9日)は、イギリス哲学者神学者法学者政治家貴族である。イングランド近世(ルネサンス期)の人物。

知識は力なり」(Ipsa scientia potestas est)の名言や、「イドラ」の概念で有名。

生涯[編集]

1560/61年1月22日サー・ニコラス・ベーコンとその妻アン(旧姓クック)の息子としてロンドンストランドヨーク・ハウス英語版に生まれる[1]。6人兄弟の末っ子だった。父ニコラスは、エリザベス朝最初の大法官庶民院議長国璽尚書であり、母アンは女王エリザベス1世の側近である初代バーリー男爵ウィリアム・セシルの妻ミドルレッド・クック英語版の妹だった[2]

1573年ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジに入学[3]。その後、ロンドングレイ法曹院で法律を学び、パリ留学を経て[4]1582年法廷弁護士の資格を取得した[1]

1579年に父はわずかな遺産を残しただけで死去した[5]

1584年ウェイマス=メルクーム・レジス選挙区英語版から選出されて庶民院議員となる[1]

フランシスと兄アンソニー・ベーコン英語版は、ともに法学を学び優秀であったが、後ろ盾となるはずのバーリー卿は優秀なベーコン兄弟が息子ロバート・セシルの競争相手になることを恐れてベーコン兄弟を支えようとしなかった。そのためベーコン兄弟はセシル親子を恨むようになり[5]1591年以来エリザベス女王の寵臣エセックス伯の顧問となる[4]

しかしエセックス伯が凋落してくると彼を諫めることが多くなった。1601年にエセックス伯が反乱を起こして失敗し、高等法院王座部裁判所で裁判にかけられると彼も訴追側の一人となった[6][7]。エセックス伯の処刑後は事件の全貌を明らかにする公開書の作成にあたった。

エリザベス朝期およびジェームズ1世期の初期には栄達に恵まれなかったが、ジェームズ1世時代にコモン・ローの原則を守ろうとするエドワード・コークに対してベーコンは国王大権を擁護したことでジェームズ1世に重用されるようになった[4]。この時期の1605年に『学問の進歩』を出版する。

1607年法務次官英語版 になったことを皮切りに順調に栄達し、1613年には法務総裁英語版1617年には国璽尚書、1618年には大法官となる。大法官(貴族院議長)就任に際してヴェルーラム男爵英語版に叙され、貴族院議員となった[1][4]

1620年、一時期だがトマス・ホッブズが彼の秘書を務めたことがある。1621年にセント・オールバンズ子爵に叙されたが[1][4]、その直後に訴訟関係者からわいろを受け取ったという告発を受けた。彼はこの告発を認めたが、判決には影響を与えていないと弁護した。当時、裁判官が贈物を受け取るのは普通のことであり、この告発には党派争いが絡んでいた。結果として失脚し、4日間ではあるが、ロンドン塔に閉じ込められもした。

この事件で失脚し、以降はセント・オールバンズの領地で隠退生活を送って著述に専念した[8]。1626年に鶏に雪を詰め込んで冷凍の実験を行った際に悪寒にかかり、それがもとで亡くなった。

知識は力なり」(Ipsa scientia potestas est)という言葉とともに知られる[9]。独力では果たせなかったものの学問の壮大な体系化を構想していた。体系化の構想はフランス百科全書派にも引き継がれる。

なお、主な著作の『ノヴム・オルガヌム』の影響もあり、イギリスの聾教育が始まっている。聾学校を最初に設立した人物ではなく、聾教育を最初に始めた人物であるとされている。

ウィリアム・シェイクスピアと同時代人であり、シェイクスピアはベーコンのペンネームだという説を唱える者もいる(シェイクスピア別人説の項を参照)。

ヴォルテールは、フランシス・ベーコンについて、『ノヴム・オルガヌム』などの著作を念頭に、「経験哲学の祖」として賞賛している[10]

栄典[編集]

爵位[編集]

1618年7月12日に以下の爵位を新規に叙される[1]

1620/21年1月27日に以下の爵位を新規に叙される[1]

  • 初代セント・オールバンズ子爵 (1st Viscount Saint Alban)
    (勅許状によるイングランド貴族爵位)

日本語訳[編集]

Bacon, Sylva sylvarum
  • 『ベーコン随想集』渡辺 義雄訳、岩波書店岩波文庫〉、1983年(原著1597年)。ISBN 978-4003361733
  • 『ベーコン 随筆集』成田 成寿訳、中央公論新社中公クラシックス)、2014年(原著1597年)。ISBN 978-4121601506
  • 『学問の進歩』服部 英次郎多田 英次訳、岩波文庫、1974年(原著1605年)。ISBN 978-4003361719
  • 『ノヴム・オルガヌム―新機関』桂 寿一訳、岩波文庫、1978年(原著1620年)。ISBN 978-4003361726
    • 人間の陥りやすい偏見、先入観、誤りを4つのイドラ(idola 幻像)として指摘し、スコラ学的な議論のように一般的原理から結論を導く演繹法よりも、現実の観察や実験を重んじる「帰納法」を主張したもので、近代合理主義の道を開いた(イギリス経験論)。
  • ニュー・アトランティス川西 進訳、岩波文庫、2003年(原著1626年)。ISBN 978-4003361740ユートピア物語

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g Lundy, Darryl. “James Bruce, 12th Earl of Kincardine” (英語). thepeerage.com. 2019年5月27日閲覧。
  2. ^ 石井美樹子 2009, p. 488.
  3. ^ "Bacon, Francis (BCN573F)". A Cambridge Alumni Database (in English). University of Cambridge.
  4. ^ a b c d e 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 48.
  5. ^ a b 石井美樹子 2009, p. 489.
  6. ^ 石井美樹子 2009, p. 540.
  7. ^ 石井美樹子 2009, p. 48.
  8. ^ 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 49.
  9. ^ Meditationes Sacrae. De Haeresibus. (1597) 『聖なる瞑想。異端の論について』
  10. ^ アルフレッド・エイヤー、『ヴォルテール』、中川信・吉岡真弓訳、法政大学出版局ウニベルシタス、1991年、第二章

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
サー・ヘンリー・ホバート英語版
法務総裁英語版
1613年–1617年
次代:
ヘンリー・イェルバートン英語版
先代:
初代ブラックリー子爵
大法官
1617年–1621年
委員会制
イングランド議会 (en
先代:
フランシス・キンウェルマーシュ
ロバート・ドイリー
ボッシニー選挙区英語版選出庶民院議員
1581年–1584年
同職:ロバート・ドイリー
次代:
サー・フランシス・ドレイク
ジョン・リーヴソン英語版
先代:
ローレンス・トムソン英語版
ジョン・ウォリー英語版
モイル・フィンチ英語版
トマス・ハナム
ウェイマス=メルクーム・レジス選挙区英語版
選出庶民院議員

1584年–1585年
同職:ローレンス・トムソン英語版
ジョージ・グリーンヴィル英語版
エドワード・ペンラドック
次代:
ローレンス・トムソン英語版
エドワード・ベーコン英語版
ウィリアム・スプリント
先代:
モーリス・ホーナー
ウィリアム・ゴールドウェル
トーントン選挙区英語版選出庶民院議員
1586年–1588年
同職:ジョン・ゴールドウェル
次代:
トマス・フィッシャー
ジョン・ゴールドウェル
先代:
ジョン・ポール英語版
ウィリアム・キャヴェンディッシュ英語版
リヴァプール選挙区英語版選出庶民院議員
1588年–1593年
同職:エドワード・ウォーレン
次代:
マイケル・ドーティー
ジョン・ロース
先代:
ロバート・ロース英語版
ウィリアム・フリートウッド
ミドルセックス選挙区英語版選出庶民院議員
1593年
同職:ロバート・ロース英語版
次代:
ロバート・ロース英語版
サー・ジョン・ペイトン英語版
先代:
ロバート・バーカー
ザカリア・ローク英語版
イプスウィッチ選挙区英語版選出庶民院議員
1597年–1614年
同職:マイケル・スタンホープ英語版 (1597–1604)
ヘンリー・グレマム英語版(1604–1614)
次代:
ロバート・スネルリング
ウィリアム・ケイジ英語版
先代:
ニコラス・ステュワード英語版
ヘンリー・マウントロー
ケンブリッジ大学選挙区英語版選出庶民院議員
1614年–1621年
同職:サー・マイルズ・サンディーズ英語版
次代:
ロバート・ナントン英語版
バルナバス・グーチ英語版
イングランドの爵位
新設 初代ヴェルーラム男爵英語版
1618年–1626年
廃絶
新設 初代セント・オールバンズ子爵
1621年–1626年
廃絶