菅円吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

菅 円吉(かん えんきち、1895年12月20日 - 1972年9月23日)は、日本の神学者立教大学名誉教授日本聖公会司祭

京都府出身。京都帝国大学卒。1923年立教大学教授。1946年文学部長となりキリスト教学科を創設。1950年「輓近基督教学に於ける宗教哲学の問題」で東京大学文学博士。1961年定年、名誉教授。昭和初年の社会的キリスト教の運動に参加し学生キリスト教運動を指導。のち弁証法神学に転じカール・バルトを研究。

著書[編集]

  • 聖書への道』啓明社 1929
  • 『基督教の転向とその原理』開拓社 1930
  • 宗教哲学の基礎概念』教育研究会 1930
  • 『基督教社会化の理論』基督者学生運動出版部 1932
  • 『聖書を読む人の為に』文書堂 1932
  • 『現代の宗教哲学 現代哲学全集』日本評論社 1934
  • 『宗教復興』日本評論社 1934
  • 『基督者は現代に斯く生きる』聖公会出版社 1935
  • 『基督教信仰問答』日本基督教青年会同盟 1937
  • 『死と来世の問題』立教大学基督教青年会 1938
  • 『バルト神学』弘文堂 1939
  • 『基督教の中心問題 甦へりの研究』日本聖徒アンデレ同胞会 1940
  • 『聖書の再認識 聖書研究の手引』日本基督教青年会同盟 1940
  • 『転換期の基督教』畝傍書房 1941
  • 『宗教 宗教哲学序説』育英書院 1944
  • 『神への認識』白揚社 1948
  • 『禮拜とは何か』ミカエル出版社 1948
  • 『宗教概論』白揚社 1949
  • 『死の問題』創元社 1953 キリスト教叢書
  • 『理性と啓示 神学における宗教哲学の問題』要書房、1953
  • 『キリスト教概説 平信徒の神学』日本基督教青年会同盟 1955 現代キリスト教シリーズ
  • ベルジャエフ』人と思想シリーズ 日本基督教団出版部 1966
  • 『カール・バルト研究』教文館 1968
  • 『バルト神学研究 菅円吉論文集』菅支那編 新教出版社 1979
  • 『キリスト教とは何か』竹内寛編 立教女学院キリスト教センター 1988

共著[編集]

  • 『福音書講話』小島潤共著 河出書房 1955 現代聖典講話

翻訳[編集]

  • エルンスト・トレルチ『宗教哲学及宗教学の本質』大村書店 1926
  • ドラウン『創造的キリスト』警醒社書店 1927
  • ジ・エフ・ムーア『比較宗教史概論』啓明社 1928
  • ブルンナー『「哲学の神」と「啓示の神」 哲学者の神観と、信仰の創造神』立教大学哲学会 1933 哲学パンフレツト
  • エミール・ブルンナー『神と人 人格的存在に関する四つの研究』長崎書店 1934
  • キェルケゴール選集 第1 死に至る病-弁証法的人間学』大村晴雄共訳 改造社 1935
  • バルト『神学の根本問題』現代思想新書 三笠書房 1940
  • パウル・ティリッヒ『カイロスとロゴス 歴史解釈の問題』教文館 1943
  • ティリツヒ『現代の宗教的状況 現代欧洲文化の宗教性』後藤真共訳 日本基督教青年会同盟 1950
  • ジョンソン『キェルケゴール理解の鍵 その思想と弁証法的構造』後藤真共訳 創元社、1953
  • ヴィッサー・トゥーフト『現代ヨーロッパ神学』新教出版社 1953 基督教論叢
  • ヴィサー・トーフト『教会の革新』1959 新教新書
  • ヴィサー・トーフト『新しき教会の生命と使命』1960 新教新書
  • ヴィサー・トーフト『キリストの王権』1963 新教新書
  • E.ホスキンス、N.デイヴィ『新約聖書の謎』日本基督教団出版部 1964
  • カール・バルト『創造論』吉永正義共訳 新教出版社 1973-1974 教会教義学

参考[編集]