矢崎源九郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

矢崎 源九郎(やざき げんくろう、1921年3月26日 - 1967年2月23日)は、日本の言語学者、北欧文学者、翻訳家。

来歴[ソースを編集]

山梨県生まれ。静岡、東京と移転し、成城高等学校を経て、1943年東京帝国大学言語学科卒。専攻はビルマ語。直ちに副手となり、44年善隣外事専門学校教授、45年大阪外事専門学校教授。戦後1950年東京教育大学助教授となる。

アンデルセンイプセンなど北欧の作家の翻訳のほか、イタリアのアミーチスを訳した。61年世界童話文学全集の翻訳で産経児童出版文化賞大賞、65年、『アンデルセン童話全集』により再度同賞受賞。

66年胃がんの手術をし、67年2月16日教授昇進、その7日後に45歳で死去した。ポール・アザールの『本・子ども・大人』の翻訳は児童文学界に影響を与えた。長男は俳優の矢崎滋

著書[ソースを編集]

  • 『王さまとうぐいす』講談社 1955
  • 『イタリア語の話』1959(大学書林語学文庫)
  • 『これからの日本語』三笠書房 1960
  • 『外来語の履歴書』角川新書 1961
  • 『話題が豊かになる外来語典』講談社(ミリオン・ブックス)1963
  • 『日本の外来語』岩波新書 1964
  • 『世界のことわざ 民族の知恵』社会思想社現代教養文庫)1965
  • 『世界の民話』社会思想社(現代教養文庫)1966
  • 『外来語小事典』社会思想社(現代教養文庫)1970

共編著[ソースを編集]

  • 『子どもに聞かせる世界の民話』(編)実業之日本社 1964
  • 『世界文学入門』(編)三笠書房 1964
  • 『愛は永遠に』(編)三笠書房 1965
  • 『芸術家の名言』(編著)実業之日本社(実日新書カルチュア)1966
  • 『子供に読ませたい本』神宮輝夫共編著 社会思想社(現代教養文庫)1966

翻訳[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]