矢崎滋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やざき しげる
矢崎 滋
本名 矢崎 滋(やざき しげる)
生年月日 (1947-09-02) 1947年9月2日(69歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 173 cm
血液型 AB型
職業 俳優
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
主な作品
帰ってきた時効警察』など

矢崎 滋(やざき しげる、1947年9月2日 - )は、日本俳優、プロ落語家東京都出身。身長は、173cm。体重は、65kg。血液型AB型。父は言語学者でアンデルセンの翻訳家としても知られる元東京教育大学教授の矢崎源九郎。叔父は法哲学者で大阪大学名誉教授の矢崎光圀

略歴[編集]

東京教育大学附属駒場高等学校卒業、東京大学文学部英文学科中退。舞台芸術学院夜間部をへて、1968年劇団四季に入団、俳優となる。浅利慶太演出の『ブラックコメディ』で主演もするが、74年フリーとなり、井上ひさしの『小林一茶』などに主演して注目され、87年東京芝居倶楽部を設立し座長、福山大学客員教授として演技・演出論を担当。

エピソード[編集]

言語学者で多言語を解した父の影響で、高校時代から複数の西洋語や古典語を齧り、自身も一度は同じ道を志すか迷ったこともあるという。言葉にかけては天才肌であった父との資質の違いを悟り、演劇の道を選んだ。[1]

大の阪神タイガースファンであり、2003年の阪神のセ・リーグ制覇の直前には、「優勝の瞬間を大阪で見てみたい」との本人の希望で、全ての仕事をキャンセルし優勝の日まで関西のホテルに泊り込み、当時放送されていた毎日放送のテレビ番組『あさトラ!』に連日出演していたというエピソードがある。ただし、ただホテルのテレビで野球中継を見ていただけであり、甲子園球場に観戦に行っていたわけではなく、ダンカンらは疑問視していた。しかし、この2003年以前に、甲子園球場のお膝元のサンテレビジョンの阪神戦中継『サンテレビボックス席』にゲスト出演している。

東大中退という学歴をタモリなどから「ムダに高学歴」といじられることもあるが、得意の英語を活かし『映画の演技-映画を作る時の俳優の役割』(マイケル・ケイン著、劇書房 刊)[2]の翻訳なども行なっている。

落語家[編集]

池袋演芸場2009年2月上席定席、落語協会の芝居にヒザ前の出演。プロの落語家として名実ともに認められた瞬間である。抜いた日もあった(楽日)。おりしも落語ブームでもあり、連日立見となり、池袋としては異例の大入りとなった。他に、単発の落語会へ落語家として出演した経験は多数。

出演[編集]

舞台[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

クイズ[編集]

ナレーション[編集]

音楽[編集]

CM[編集]

バラエティ[編集]

ラジオ[編集]

  • 大鵬薬品presents 10分の幸せものがたり (2010年6月度ゲスト、TBSラジオ

寄席[編集]

  • 落語協会の芝居(前掲)

著書[編集]

翻訳

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ スタジオパークからこんにちは1996年3月7日放送
  2. ^ 1994年4月 ISBN 9784875745624

外部リンク[編集]