文京公会堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

文京公会堂(ぶんきょうこうかいどう)は東京都文京区にあったホール。

高度成長期に入って間もない1959年(昭和34年)に、文京区春日町二丁目20番地(現:春日1丁目16番21号)に開館した。

設計は、隣の文京区総合庁舎と同じく、佐藤武夫による。1957年(昭和32年)に私大出身者として初めて日本建築学会会長に就任した佐藤は建築音響学の権威でもあった。

文京区公会堂の規模は地上4階建、延床面積5,412.76m2だった。是席数は固定席数2,000(のち2,008)で、完成当時、東京都内では、厚生年金会館(2,406席)、日比谷公会堂(2,336席)、共立講堂(2,010席)に次ぐ規模だった。

文京公会堂の施設概要
開館 昭和34年4月5日
竣工費 208,000,000円
建築面積 2,164.55m2
敷地面積 9,794,606m2
延建築面積 5,412.76m2
規模 固定席 2,008席
舞台

開口:22m
高さ:10.3m
奥行:15.17m
回り舞台直径:11m
オーケストラピットあり

利用状況[編集]

文京区公会堂に催された催しは、音楽・演劇・舞台の講演、政党や労働団体の大会、演説会、区内の小中学校の卒業式は発表会など、多岐に渡った。また、人気のテレビ番組の収録も数多く行われた。

1959年に第1回日本レコード大賞授賞式が行われたほか、『8時だョ!全員集合』(TBS)の生放送会場としてよく使われた会場であった。1960年度には年間稼働率96%を記録し、日本一忙しいホールと知られていた。1970年度には、夜の利用率はまだ99%を超えていた。

文京公会堂1970年度の利用状況
 
音楽会(純音楽) 12 22 65 99
音楽会(軽音楽) 3 33 138 174
歌劇 1 1 6 8
舞踊(日舞) 1 2 2 5
舞踊(洋舞) 1 9 19 29
演劇 1 14 5 20
演説会 1 9 19 29
映画会 4 10 9 23
記念会 24 11 12 47
各種大会 15 20 7 42
公開録画 0 6 0 6
その他 2 13 22 37
小計 75 150 307 532
リハーサル 161 159 20 340
合計 236 309 327 872
利用可能日数 330 330 330 990
利用率(%) 71.5 93.6 99.1 88.1

しかし建物の老朽化などで1977年に閉場。その後更地となり、1994年に文京シビックセンターが竣工、同公会堂の後継施設である文京シビックホールもオープンした。

参考文献[編集]

文京ふるさと歴史館 (2000)、「文京公会堂とその時代: 平成11年度特別展図錄」、 文京区敎育委員会

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度42分28.34秒 東経139度45分8.72秒