美術史家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

美術史家(びじゅつしか、Kunsthistoriker )とは、様々な時代や人々の美術の歴史的な展開である、美術史に携わる人文学者である。例えば美術史家は、その美術史上の時代と美術様式の特徴や、個々の美術家の人生と作品を分析する。そしてそのために資料研究を行い、その美術作品の成立とその美術家のしばしば多面的な生涯を著述し、その作品を形式と内容において解釈する。美術史家はまた、美術史・美術学・美学上の問い全般についての出版物も書いている。主には建築彫刻絵画版画などの造形芸術作品と工芸品が、近年では写真アート映画ビデオアートマルチメディア・アート環境アートアクションアートハプニングフルクサスなど)も、扱われる。

仕事内容[編集]

美術史家は、大学の講師や教授としてその専門である美術史を教えている。美術館での仕事においては、作品の展示にも関わっている。そして、受け継がれてきた美術品を収集・維持・保管したり、例えば公文書館や、史跡保護文化財保護の現場で働いたり、修復家に助言したりする。保険業界では、美術史家が骨董品や美術品を鑑定・評価している。自由業の美術ライターとして、美術書専門誌の記事を書く者もいる。

「美術史家」になるには、大学での勉学が必要である。美術史の勉学は、学士または修士の学位でもって終えられる。対してかつてのマギスターの学位は、ほとんど授与されない。その後には博士学位を取得でき、美術史家はその専門分野の論文論述に取り組む。

Kunstchronik 」誌(1997年2月)には、「美術史家という自由業のすすめ」および「美術史家と出版社」のガイド記事が載っている[1][2]。「美術史家」の仕事像については、ミュンヘン中央美術史研究所の協力で改訂された手引書が出されており、その仕事内容全般にわたる詳しい情報が記されている。(ニュルンベルク連邦労働局が1998年に発行した「職業知識のための冊子」も参考のこと。)

あわせて見る[編集]

文献[編集]

  • Heinrich Dilly (Hrsg.): Altmeister moderner Kunstgeschichte. Reimer, Berlin 1990, ISBN 3-496-00470-3
  • Harald Justin: Tanz mir den Hitler. Kunstgeschichte und (faschistische) Herrschaft; die Entfaltung einer Idee, exemplarisch verdeutlicht an Theorie und Praxis prominenter Kunsthistoriker unter dem Nationalsozialismus. Münster 1982, ISBN 3-88780-450-3
  • Wilhelm Waetzoldt: Deutsche Kunsthistoriker. Bd. 1: Von Sandrart bis Rumohr; Bd. 2: Von Passavant bis Justi. Seemann, Leipzig 1921, 1924. 3. unveränd. Auflage Berlin 1986, ISBN 3-89166-039-1 (Bd. 1), ISBN 3-89166-040-5 (Bd. 2)

ウェブリンク[編集]

参照出典[編集]

  1. ^ Empfehlungen zur freiberuflichen Arbeit von Kunsthistorikern
  2. ^ Kunsthistoriker und Verlage