小鍛冶邦隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小鍛冶 邦隆
出生名 小鍛冶 邦隆(こかじ くにたか)
生誕 (1955-03-18) 1955年3月18日(63歳)
出身地 三重県
学歴 東京芸術大学作曲科卒業
東京芸術大学大学院中退
パリ国立高等音楽院作曲科
ウィーン国立音楽大学指揮科
ジャンル クラシック
職業 作曲家

小鍛冶 邦隆(こかじ くにたか、1955年3月18日[1] - )は、日本現代音楽作曲家指揮者東京芸術大学教授。

略歴[編集]

三重県出身[1]1977年東京芸術大学音楽学部作曲科卒業。永冨正之松村禎三らに師事。同大学院作曲科中退。パリ国立高等音楽院作曲科でオリヴィエ・メシアン他、およびウィーン国立音楽大学指揮科でオトマール・スウィトナーに学ぶ。パリとウィーンでコレペティトア(オペラ・コーチ)、オペラ指揮を学ぶとともにシエナ、ローマでフランコ・フェラーラに師事、またイーゴリ・マルケヴィチマニュエル・ロザンタル等に指導を受ける。

クセナキス国際作曲コンクール(パリ)第1位、入野賞、文化庁舞台芸術創作奨励賞、別宮作曲新人賞、国際現代音楽協会(ISCM)「世界音楽の日々」他に入選。[2]

東京現代音楽アンサンブルCOmeTのディレクター・指揮者として第3回佐治敬三賞(室内オーケストラの領域Ⅲ)受賞。

明治学院大学文学部非常勤講師等を経て、現在、東京芸術大学作曲科教授、慶応義塾大学文学部非常勤講師。

著書[編集]

共著[編集]

  • 『バッハインヴェンション 分析と演奏の手引き』分析 中井正子演奏の手引き ショパン 2005
  • 『バッハシンフォニア 分析と演奏の手引き』分析 中井正子 演奏の手引き ショパン 2005
  • 『バッハ様式によるコラール技法 課題集と60の範例付き』林達也,山口博史共著 音楽之友社 2013
翻訳

出典[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.507
  2. ^ ALM records CD『ドゥヴル-レゾナンス 小鍛冶邦隆作品集』ライナーノーツ, 2007

外部リンク[編集]