貴志康一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
貴志康一
生誕 (1909-03-31) 1909年3月31日
出身地 日本の旗 日本
大阪府三島郡吹田町
死没 (1937-11-17) 1937年11月17日(28歳没)
学歴 甲南高等学校高等科中退(1926年
ジュネーヴ音楽院卒業(1928年[1]
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家指揮者ヴァイオリニスト

貴志 康一(きし こういち、1909年3月31日 - 1937年11月17日[1])は、大阪府吹田市大阪市都島区兵庫県芦屋市出身の作曲家指揮者ヴァイオリニスト[2]

人物・来歴[編集]

生涯[編集]

母の実家である大阪府三島郡吹田町(現在の吹田市)の仙洞御料屋敷西尾邸に生まれる。父方の祖父は代々式部卿を務め、後にメリヤス業で成功した裕福な大商家である貴志彌右衛門松花堂弁当の考案者)という環境で育つ。小学校5年生の時に、芦屋市に転居、14歳より、神戸市深江文化村ミハイル・ヴェクスラーに直接ヴァイオリンを師事。音楽理論と作曲法を当時、宝塚交響楽団の指揮を務めていたヨーゼフ・ラスカより学ぶ。16歳の時に、大阪で、ヴァイオリニストとしてデビュー。旧制甲南高等学校を2年生の時に中退後、ジュネーヴ音楽院に入学し、優秀な成績で修了[2]。19歳より、ベルリン高等音楽学校カール・フレッシュの教室に在籍[2]1929年、1710年製のストラディヴァリウスを(当時の3000円=現代の6億円で父親貴志弥右衛門が)購入。三度のヨーロッパ留学の中でも、特に1932~35年のベルリン滞在時に作曲家指揮者として活躍し、1935年3月、ドイツテレフンケン社に自作作品19曲を貴志自身の指揮でベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と録音した。またフルトヴェングラーとも親交があったことで知られる。ヴァイオリニストから作曲・指揮者に転向したと言われるが、作曲・指揮活動で多忙になってからもヴァイオリニストとしての活動も諦めてはいなかった。1935年に帰国した後は指揮者などとして活躍するが、1936年に虫垂炎をこじらせ、1937年11月、腹膜炎の為、28歳で死去した。墓は京都市右京区にある妙心寺徳雲院にある。

1936年には3回日本でベートーヴェン第九を指揮している。その内の1回は新交響楽団(現NHK交響楽団)2月19日146回定期演奏会におけるものである[2](日本初の暗譜指揮による「第九」演奏であった)。他に3月18日 5月28日である。

湯川秀樹ノーベル物理学賞受賞の後の晩餐会の時に、貴志康一の楽曲「竹取物語」が流れたと伝えられている。

再評価[編集]

母校の甲南高等学校には「貴志康一資料室」があり彼の作品に触れることができる。同校の元教員・日下徳一による『貴志康一 - よみがえる夭折の天才』(音楽之友社、2001年)、毛利眞人による評伝『貴志康一 - 永遠の青年音楽家』(国書刊行会、2006年)が出版され、また小松一彦らが貴志の曲を復活させ話題を呼んでいる。

生誕100周年に当たる2009年3月31日、「貴志康一生誕100年記念コンサート」が小松一彦指揮大阪フィルハーモニー交響楽団の演奏でザ・シンフォニーホールにて行われた。ソプラノ坂本環、ソロ・ヴァイオリニストに小栗まち絵を迎え、歌曲「天の原」「かごかき」「赤いかんざし」「力車」、ヴァイオリン協奏曲、交響曲「仏陀」が演奏された。

また、甲南大学および甲南高等学校・中学校では、様々な場面で彼のヴァイオリン曲「竹取物語」が使用されている。中高では、講堂での入学式・卒業式・入試説明会などの式典開始前には同曲の音源が流れるほか、授業の開始・終了時(チャイム)および最終下校時刻にはアレンジ音源が流れる。(それぞれ別のアレンジ)

甲南大学の1限授業開始前にも「竹取物語」が流れ、こちらは中高の講堂と同じ原曲音源である。

代表曲[編集]

管弦楽曲・協奏曲[編集]

舞台音楽[編集]

  • バレエ曲「天の岩戸」(全2幕)
  • オペレッタ「ナミコ」(シュレーダー・シュロムの脚本による。全3幕)

室内楽曲[編集]

  • ヴァイオリンソナタ ニ短調
  • ヴァイオリン曲 「竹取物語[2]「黒船」「スペイン女」など10曲以上。

声楽[編集]

その他[編集]

  • 映画音楽「鏡」(監督も貴志がつとめた)
  • 映画音楽「春」(監督も貴志がつとめた)

家族[編集]

  • 父方曽祖父・貴志吉右衛門は和歌山県平民[3]
  • 父方祖父・初代貴志弥右衛門 (1846年生、幼名・弥助)は吉右衛門の二男で、大阪に出て生地問屋で財を成し、屈指の資産家となった[3]
  • 父・2代貴志弥右衛門(1882-1936、幼名・奈良二郎)は先代弥右衛門の長男で、東京帝国大学卒、家業の繊維問屋を継ぎ、大阪心斎橋で洋反物商を手広く営むかたわら、趣味人としても知られ、1920年に甲南高等女学校が創立されると教頭として教壇にも立った[4][5]。同年、自邸の日本館の横に、今北乙吉の設計によるゼツェッション様式の二階建て洋館を建設[6]。茶人としても知られ、藪内流茶道を修め、1922年に妙心寺徳雲院に茶室聴雪居を設け、1929年から雑誌『徳雲』を主宰した[4]
  • 母・カメ(1888年生)は、大阪府三島郡吹田村(現・吹田市)の素封家・西尾与左衛門11代(1863-1925)の二女。西尾家は江戸時代には仙洞御料庄屋を勤め、代々農業と酒造業を営んできた府下屈指の名家であり、カメの実家は吹田西尾一族の総本家で、兄(与左衛門12代)が家督を継いだ[7][8]。生家の西尾家住宅(吹田文化創造交流館)は、国指定重要文化財として保存・公開されている[8]
  • 妹・アヤ(1910年生)は3代目山本藤助の妻。
  • 弟・博之助(1911年生)は家督を継ぎ弥右衛門を襲名。
  • 妹・テル(1913年生)は渡辺甚吉 (14代)の妻。
  • 妹・ミチ(1914年生)は小寺源吾次男・大次郎の妻。

脚注[編集]

  1. ^ a b コトバンク. 貴志 康一.
  2. ^ a b c d e f g h i 『日本の作曲家:近現代音楽人名事典』日外アソシエーツ、2008年、222頁。 
  3. ^ a b 貴志彌右衞門『人事興信録』第4版 [大正4(1915)年1月]
  4. ^ a b 貴志弥右衛門(読み)きし やえもん コトバンク
  5. ^ 貴志康一の生涯 甲南学園 甲南高等学校・中学校
  6. ^ 『貴志康一永遠の青年音楽家』毛利眞人、国書刊行会, 2006年、p40-41
  7. ^ 時事新報社第三回調査全国五拾万円以上資産家 時事新報 1916.3.29-1916.10.6(大正5)
  8. ^ a b サロン・ド・西尾家 ―吹田の文化遺産 関西大学 なにわ・大阪文化遺産学研究センター News Letter「難波潟」12号、2009年8月

参考文献[編集]

  • 貴志 康一”. コトバンク. 新撰 芸能人物事典 明治~平成. 2020年10月25日閲覧。
  • 「<第九>と日本人」鈴木淑弘・著 春秋社
  • 日本の作曲家:近現代音楽人名事典. 日外アソシエーツ, 2008, p222

関連項目[編集]

外部リンク[編集]