クリストフ・ヴィリバルト・グルック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリストフ・ヴィリバルト・グルック
Christoph Willibald Gluck painted by Joseph Duplessis.jpg
基本情報
出生名 Christoph Willibald (von) Gluck
別名 騎士グルック
出生 1714年7月2日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国 エラスバッハ
死没 1787年11月15日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国 ウィーン
ジャンル 古典派音楽
活動期間 1741 - 1787

エクトル・ベルリオーズ

クリストフ・ヴィリバルト・グルックChristoph Willibald (von) Gluck, 1714年7月2日 - 1787年11月15日)は現在のドイツに生まれ、現在のオーストリアフランスで活躍したオペラ作曲家バレエ音楽や器楽曲も手懸けたが、現在では歌劇《オルフェオとエウリディーチェOrfeo ed Euridice 》によって、中でも間奏曲〈精霊たちの踊り〉によってとりわけ有名。オペラの改革者として歴史に名を残す。ただし、ドイツ語オペラは1作も書いていない。

生涯[編集]

バイエルンオーバープファルツエラスバッハ Erasbach(現ドイツ)出身。父親はボヘミア系の貴族ロプコヴィツ家に仕える林務官だった。すぐにボヘミアに引っ越し、18歳の時プラハ大学で音楽と哲学を学ぶ。1741年に最初の歌劇《アルタセルセ Artaserse 》を作曲し、大量に舞台音楽の作曲を始める。この時期の作品は、かなり保守的なイタリア語オペラ・セリアであった。1754年ヨーロッパ中を広く旅して、マリア・テレジア宮廷楽長の地位を得、ウィーンに定住する。1756年ローマ教皇ベネディクトゥス14世により、黄金拍車勲章を授与され、これ以降は「騎士グルック(独語:Ritter von Gluck 、仏語:Chevalier de Gluck )」の称号を用いた。

ウィーン滞在中に、最も有名なバレエ音楽《ドン・ファン Don Juan 》(1761年)と、代表作の歌劇《オルフェオとエウリディーチェ》1762年)を作曲した。これらはいずれも様式上の変化を表しており、その頂点は歌劇《アルチェステ Alceste 》(1767年)において全面的に示される。この作品では、オペラの新しい様式についてのグルックの考え方が表面上に展開されている。出演するスター歌手よりも作品が重視され、レチタティーヴォはセッコを取り除いて、すべて、劇的に構成されたレチタティーヴォ・アッコンパニャートにして演技に割り込まないようにするというのがグルックの考えであった。それが、オペラ改革につながった。その結果生じた、より流麗で劇的な作曲様式は、リヒャルト・ワーグナー楽劇の先駆と看做されている。

しかしながらグルックのオペラ改革は、作曲者の生前は議論の的であった。1773年に、音楽教師として仕えていた皇女マリー・アントワネットに従い、パリに移る。同地で《アウリスのイフィゲニア Iphigénie en Aulide》などの作品が上演されると、評論家の意見は評価をめぐって二分した。一方はグルックの新様式を褒めそやし、もう一方はグルックを悪し様に罵り、より伝統的なニコロ・ピッチンニの歌劇を支持した。二人の作曲家同士が論争に巻き込まれることはなかったものの、グルックが作曲中であると知られていた台本に、ピッチンニが作曲するよう依頼されたことが知れ渡ると、グルックはそれまで書き溜めていたものをすっかり破棄した。

グルックはパリ公演に向けて《オルフェオとエウリディーチェ》と《アルチェステ》の2作を改訂し、元のイタリア語からフランス語へと翻訳した。《アルミード Armide》は1777年に、《タウリスのイフィゲニア Iphigénie en Tauride》は1779年に初演され、それからウィーンに戻る。より小規模な作品の作曲を続けたが、ほとんど引退したも同然だった。1787年にウィーンで他界し、ウィーン中央墓地に埋葬されている。

35曲ほどの完成されたオペラと、いくつかのバレエ音楽と器楽曲がある。ベルリオーズはグルックの心酔者であり、重要な影響を受けている。

主要作品[編集]

オペラ[編集]

  • アルタメーネ Wq.4 (Artamene,1743) - 3幕のオペラ
  • 奴隷の娘 Wq.6 (La finta schiava,1744) - オペラ・セリア、数人のパスティッチョ
  • 巨人の没落 Wq.10 (La caduta dei giganti,1746) - 2幕のパスティッチョ
  • 神々の闘い Wq.14 (La Contesa dei numi,1752) - 2幕のオペラ
  • 皇帝ティートの慈悲 Wq.16 (La Clemenza di Tito,1752) - 3幕のオペラ
  • 中国人 Wq.18 (Le Cinesi,1754) - 1幕のオペラ
  • メルラン島、または逆世界 Wq.23 (L'isle de Merlin, ou Le monde renverse,1758) - 1幕のオペラ・コミック
  • テティデ Wq.27 (Tetide,1760) - 2幕のオペラ
  • 欺かれた回教の裁判官 Wq.29 (Le Cadi dupe,1761) - 1幕のオペラ・コミック
  • オルフェオとエウリディーチェ Wq.30/パリ版=Wq.41 (Orphee et Eurydice,1762) - 3幕のドラマ・エロイコ
  • 冠 Wq.35 (La corona,1756) - 1幕のファルサ(azione teatrale)
  • プロローグ Wq.36 (Il prologo,1767)
  • パリーデとエレーナ Wq.39 (Paride ed Elena,1770) - 5幕のオペラ・セリア
  • タウリスのイフィゲニア Wq.46 (Iphigenie en Taulide,1778-79) - または『トーリードのイフィジェニー』。4幕のオペラ
  • アルチェステ Wq.37/改訂版=Wq.44 (Alceste,1767/改訂=76) - 3幕のオペラ・セリア

バレエ音楽[編集]

  • ドン・ファン (Don Juan,1761初演) - パントマイム
  • 包囲されたシテール (La Citera assediata,1762初演) - 3幕のバレエ。Wq.26のバレエ版
  • アレッサンドロ (Alessandro,1764初演) - または『アレッサンドロとロクサーヌの愛 (Les amours d'Alexandre et de Roxane)』
  • セミラーミデ (Semiramide,1765初演) - 1幕のバレエ
  • 中国の孤児 (L'orfano della China,1775年初演) - 偽作

管弦楽曲、協奏曲[編集]

  • 行進曲 ト長調 (作曲年不詳)
  • 17のシンフォニア (作曲年不詳)
  • フルート協奏曲 ト長調 (疑作の説あり)

室内楽曲[編集]

  • 6つのソナタ (6 Sonatas,1746年出版) - 2つのヴァイオリンと通奏低音のための
  • 2つのトリオ・ソナタ (2 Trio Sonata,作曲年不詳) - 2つのヴァイオリンと通奏低音のための

宗教曲[編集]

  • 深き淵より (De profundis,1787年出版)
  • 2つのモテット (Motets,1779以前出版)

世俗声楽曲[編集]

  • 讃歌と歌曲 (1773~85頃) - 全7曲、F.G.クロプシュトックの詞
  • 若者 (1775年出版)
  • 死への讃歌 (1783)
  • 夏の夜 (1785出版)

外部リンク[編集]