ジョヴァンニ・バッティスタ・サンマルティーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョヴァンニ・バッティスタ・サンマルティーニ

ジョヴァンニ・バッティスタ・サンマルティーニGiovanni Battista Sammartini, 1698年ごろ - 1775年1月15日 ミラノ)はイタリア前古典派音楽作曲家で、オルガニスト・楽長・教師。

現代では器楽曲が重視されているが、最初期においては宗教音楽の作曲家であった。グルックの恩師と言われ、ヨハン・クリスティアン・バッハに影響を与えたことでも知られる。非常な多作家で、大量の歌劇と、70曲をこえる交響曲のほか、数多くの協奏曲室内楽曲を遺した。とりわけその交響曲は、短いオペラのシンフォニア(序曲)から、重々しい序曲と主題の展開を特徴とするウィーン古典派の交響曲へと変化してゆく時期の始まりを予告している。

頭文字が共通するために、同じように多作家だった兄ジュゼッペ(1695年 - 1750年)と、しばしば混同されている。

主要作品[編集]

  • 歌劇
    • メメット Memet
  • 器楽曲
    • 交響曲
    • チェロとピッコロのための二重協奏曲
    • フルート協奏曲
    • ヴァイオリン協奏曲
    • トリオ・ソナタ(多数)
    • オルガン・ソナタ
    • チェロ・ソナタ
    • ヴァイオリン・ソナタ
    • フルート・ソナタ

参考文献[編集]

下記のジェンキンズとチャージンはイタリア音楽研究家であり、サンマルティーニ兄弟のほか、ヴィヴァルディやパイジェッロ、ボッケリーニの作品を整理し、校訂している。ジョヴァンニ・サンマルティーニ作品に添えられる学術的整理番号"J-C"は、この両者の頭文字にちなんでいる。

  • Churgin, Bathia and Jenkins, Newell. Thematic Catalog of the Works of Giovanni Sammartini: Orchestral and Vocal Music. Cambridge: published for the American Musicological Society by Harvard University Press, 1976. Not presently available. ISBN 0674877357

外部リンク[編集]