アーヘンの和約 (1748年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アーヘンの和約(アーヘンのわやく、西: Tratado de Aquisgrán, : Traité d'Aix-la-Chapelle, : Frieden von Aachen, : Treaty of Aix-la-Chapelle, : Vrede van Aken)は、ドイツアーヘン(エクス=ラ=シャペル)で1748年に結ばれたオーストリア継承戦争講和条約。第二次アーヘン和約とも称される。

内容[編集]

フランススペインが、イギリスオランダサルデーニャオーストリアと結んだ講和条約。オーストリアはマリア・テレジアハプスブルク家相続を容認させる代償として、以下の条件を承認した。

また、この他の占領地は戦争勃発以前の状態へ戻すことが決められ、北アメリカではニューイングランド植民地軍が占領したロワイヤル島(現ケープ・ブレトン島)のルイブール要塞がフランスに返還された。

関連項目[編集]