小寺源吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小寺 源吾(こでら げんご、1879年明治12年)9月7日 - 1959年昭和34年)6月15日)は日本の実業家大日本紡績元社長。旧姓は西松[1]

経歴[編集]

岐阜県出身。小寺成蔵の養子となった[2]1903年4月、慶應義塾大学理財科を卒業[3]。同年尼崎紡績に入社[1]1918年、大日本紡績取締役となる[1]1936年、社長に就任[1]1946年9月、会長に就任[4]。同年12月に辞任[4]。この間、日華産業代表取締役、日本レイヨン新日本レイヨン、国策パルプ各取締役、日伯綿花、大阪商事各監査役、興銀参与理事。日経連大阪商工会議所顧問などを務めた。

人物[編集]

趣味は園芸、書画[2]。宗教は真宗大谷派[2]。兵庫県在籍[2]。族籍は兵庫県平民[5]1916年分家して一家を創立した[5]

四男は経済学者の小寺武四郎[6]、六男はユニチカ社長の小寺新六郎[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 小寺 源吾とはコトバンク。2016年9月20日閲覧。
  2. ^ a b c d 『人事興信録 第13版上』コ29頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年9月19日閲覧。
  3. ^ 『慶応義塾総覧 大正3年』175頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年9月20日閲覧。
  4. ^ a b ニチボー(株)『ニチボー75年史』(196602)。
  5. ^ a b 『人事興信録 7版』こ45頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年9月19日閲覧。
  6. ^ 関西学院事典
  7. ^ ユニチカ編・通史編 第5章 オイルショック下“嵐の船出”

参考文献[編集]

  • 慶応義塾編『慶応義塾総覧 大正3年』慶応義塾、1914年。
  • 人事興信所編『人事興信録 7版』人事興信所、1925年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版上』人事興信所、1941年。

関連項目[編集]