小寺源吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小寺 源吾(こでら げんご、1879年明治12年)9月7日 - 1959年昭和34年)6月15日)は日本の実業家大日本紡績元社長。兵庫県及岐阜県士族・資産家 (財産種別 : 株式・其他の有価証券・土地) [1]小寺成蔵 (初代大垣商工会議所代議員[2]、美濃実業銀行の中心人物[3]、大阪電気分銅会社社長辞任後同社平取締役、尼崎紡績会社監査役)の養子。住吉村 (兵庫県)の小寺源吾本邸からさほど遠くない所に、広荘・華麗なスペイン風西洋館の居[4] (御影 (神戸市)) を構えていた小寺敬一 (関西学院高等商業学部教授・関西学院短期大学商科教授) の養兄。旧姓は西松[5]。養家・小寺家共々岐阜県出身。

経歴[編集]

岐阜県出身。兵庫県及岐阜県士族・小寺成蔵 (1852年6月出生、初代大垣商工会議所代議員[6]、美濃実業銀行の中心人物[7]、大阪電気分銅会社社長辞任後同社平取締役、尼崎紡績会社監査役)[8][9][10]の養子となった[11]1903年4月、慶應義塾大学理財科を卒業[12]。同年尼崎紡績に入社[5]1918年、大日本紡績取締役となる[5]1936年、社長に就任[5]1946年9月、会長に就任[13]。同年12月に辞任[13]。この間、日華産業代表取締役、日本レイヨン新日本レイヨン、国策パルプ各取締役、日伯綿花、大阪商事各監査役、興銀参与理事。日経連大阪商工会議所顧問などを務めた。

人物[編集]

趣味は園芸、書画[11]。宗教は真宗大谷派[11]。兵庫県在籍[11]。族籍は兵庫県平民[14]1916年分家して一家を創立した[14][15]。広い本邸は、住吉村 (兵庫県)、近所には、すぐ南に、同じ岐阜県出身の元東京海上火災専務・元川崎造船社長・元文部大臣・甲南大学等の創立者である平生釟三郎邸 (現・甲南学園 平生記念館)[16]、すぐ北に、阪急御影駅南東横の一等地の広大な敷地を美しい御影石の塀で取り囲んである朝日新聞社創業家村山家本邸 (その敷地の一部が香雪美術館) があり、一方では、ヴォーリズ設計の西洋館の別邸 (現・太田酒造貴賓館) は、深江文化村と呼ばれた地区にあった。

四男は経済学者・関西学院大学院長・日本金融学会第5代会長の小寺武四郎[17]、六男はユニチカ社長の小寺新六郎。旧小寺源吾本邸からさほど遠くない所に位置する武田資料館 (銜艸居、旧武田薬品工業創業家本邸)[18] の北隣に、広壮・華麗なスペイン風西洋館の居[19]を構えていた小寺成蔵長男・小寺敬一 (関西学院高等商業学部教授・関西学院短期大学商科教授、超富裕層) の甥に当たる[20][21]。旧小寺源吾本邸・旧小寺敬一邸については、阪神間モダニズムの記事参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 時事新報社第三回調査全国五拾万円以上資産家 (兵庫県の七(人員十名通計七十六名)”. www.lib.kobe-u.ac.jp. 2018年10月9日閲覧。
  2. ^ 竹内治彦「明治・大正期の岐阜県大垣市の産業発展にみる特殊性と一般性」岐阜経済大学論集 50(2) 10 (2017) / 初代大垣商工会議所代議員・小寺成蔵”. gku-repository.gifu-keizai.ac.jp. 2018年10月8日閲覧。
  3. ^ 小寺敬一 (関西学院事典) : 小寺成蔵長男”. www.kwansei.ac.jp. 2018年10月5日閲覧。
  4. ^ 神戸・御影の小寺邸 : ヴォーリスを訪ねて”. gipsymania.exblog.jp/amp. 2018年10月7日閲覧。
  5. ^ a b c d 小寺 源吾とはコトバンク。2016年9月20日閲覧。
  6. ^ 竹内治彦「明治・大正期の岐阜県大垣市の産業発展にみる特殊性と一般性」岐阜経済大学論集 50(2) 10 (2017) / 初代大垣商工会議所代議員・小寺成蔵”. gku-repository.gifu-keizai.ac.jp. 2018年10月8日閲覧。
  7. ^ 小寺敬一 (関西学院事典) : 小寺成蔵長男”. www.kwansei.ac.jp. 2018年10月5日閲覧。
  8. ^ 小寺敬一 (関西学院事典) : 小寺成蔵長男”. www.kwansei.ac.jp. 2018年10月5日閲覧。
  9. ^ 神戸・御影の小寺邸 : ヴォーリスを訪ねて”. gipsymania.exblog.jp/amp. 2018年10月6日閲覧。
  10. ^ 武田資料館 : レトロな建物を訪ねて / 「銜艸居」-生家は英国風の洋館 (私の履歴書) / 武田薬品工業創業家武田邸・小寺邸”. gipsypapa.exblog.jp. 2018年10月5日閲覧。
  11. ^ a b c d 『人事興信録 第13版上』コ29頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年9月19日閲覧。
  12. ^ 『慶応義塾総覧 大正3年』175頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年9月20日閲覧。
  13. ^ a b ニチボー(株)『ニチボー75年史』(196602)。
  14. ^ a b 『人事興信録 7版』こ45頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年9月19日閲覧。
  15. ^ 旧小寺源吾別邸 : 近代建築Watch” (日本語). hardcandy.exblog.jp. 2018年10月5日閲覧。
  16. ^ 平生記念館 - 甲南大学” (日本語). www.konan-u.ac.jp. 2018年10月17日閲覧。
  17. ^ 関西学院事典
  18. ^ 武田資料館 : レトロな建物を訪ねて / 「銜艸居」-生家は英国風の洋館 (私の履歴書) / 武田薬品工業創業家武田邸と小寺邸”. gipsypapa.exblog.jp. 2018年10月5日閲覧。
  19. ^ 神戸・御影の小寺邸 : ヴォーリスを訪ねて”. gipsymania.exblog.jp/amp. 2018年10月7日閲覧。
  20. ^ 小寺敬一 (関西学院事典)” (日本語). 2018年10月8日閲覧。
  21. ^ ヴォーリズ六甲山荘が素晴らしすぎて… / 昭和9年に関西学院高等商業学部教授であった小寺敬一氏の別荘として建てた…”. www.hankyu.co.jp. 2018年10月8日閲覧。

関連項目[編集]

岐阜県出身の人物一覧

慶應義塾大学の人物一覧

ユニチカに関係する人物

参考文献[編集]

  • 慶応義塾編『慶応義塾総覧 大正3年』慶応義塾、1914年。
  • 人事興信所編『人事興信録 7版』人事興信所、1925年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版上』人事興信所、1941年。

関連項目[編集]