小寺武四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小寺 武四郎(こでら たけしろう、1912年7月9日 - 2004年7月23日)は、日本の経済学者。第10代学校法人関西学院院長、元関西学院大学学長および経済学部教授。 専門は金融論、国際金融論。日本金融学会第5代会長[1]

大日本紡績(後のユニチカ)社長・小寺源吾の四男[2]。 実弟はユニチカ社長を務めた小寺新六郎。元関西学院高等商業学部教授・小寺敬一は叔父[3]

経歴[編集]

  • 1912年 兵庫県神戸市葺合区熊内町に生まれる。
  • 1932年 関西学院中学部卒業、関西学院大学予科入学
  • 1934年 関西学院大学予科卒業、関西学院大学商経学部入学
  • 1937年 関西学院大学商経学部卒業
  • 1938年 京都帝国大学経済学部へ関西学院の委託生となる(1942年3月まで)
  • 1939年 関西学院大学商経学部助手となる
  • 1942年 関西学院大学商経学部講師(「東亜金融論」担当)
  • 1946年 関西学院大学経済学部講師(「国際金融論」ほか担当)
  • 1946年 経済学部助教授
  • 1952年 経済学部教授
  • 1958年 経済学博士の学位を受ける
  • 1959年 神戸大学大学院経済学研究科講師も務める(以後、不連続ながら継続)
  • 1969年 関西学院大学学長代行(~1970年まで)
  • 1970年 関西学院大学学長(~1974年まで)
  • 1974年 文部省大学設置審議会委員(~1976年まで)
  • 1978年 再び関西学院大学学長(~1981年まで)
  • 1981年 関西学院大学を停年退職、関西学院大学名誉教授の称号を受ける
  • 2004年 肺炎のため死去(92歳)

主要著作[編集]

著書[編集]

  • 『国際通貨論――国際決済の諸問題』、関書院、1957年
  • 『金融論入門』、東洋経済新報社、1969年
  • 『私立大学とその財政』、大学問題叢書4、日本私立大学連盟、1979年
  • ケインズと賃金・雇用・利子』、有斐閣、1980年
  • 『国際金融論入門』、東洋経済新報社、1985年
  • ケインズ経済学と金融』、日本経済評論社、1989年
  • 『1980年代の金融と経済』、日本経済評論社、1992年
  • 『1990年代の金融と経済』、日本経済評論社、2000年

共訳書[編集]

  • (汐見三郎、大前朔郎と共訳)H・ゴードン・ヘイズ『消費・貯蓄・雇用』、東洋経済新報社、1953年
  • (安部栄造と共訳)I・V・チャンドラー『貨幣理論入門』、関書院、1958年

監訳書[編集]

  • (町永昭五、内橋吉朗、山崎誉雄共訳)J・アッシュハイム『金融政策の理論』、東洋経済新報社、1964年
  • (原正治、中園史彦、奥野博幸共訳)R・L・ハーン『特別引出権と開発金融』、日新書房、1973年
  • (春井久志、久保田哲夫、土井省悟共訳)H・ロバート・ヘラー『国際金融経済論』、東洋経済新報社、1979年

書評[編集]

  • 佐波宣平著『再保険の発展』、商学論究、第17号、1939年
  • 西藤雅夫著『保険学新論』、商学論究、第26号、1942年
  • J・R・ヒックス著『景気循環論』、経済学論究、第5巻1号、1951年
  • 田中金司著『金本位制の回顧と展望』、経済学論究、第6巻4号、1953年
  • 安田信一著『貨幣本質論序説』・新庄博著『貨幣論』、経済学論究、第7巻4号、1954年
  • イーゴン・ゾーメン著『自由為替レート――理論と論争』、金融ジャーナル、1963年
  • 矢尾次郎著『貨幣的経済理論の基本問題』、経済学論究、第16巻4号、1963年
  • 「国際流動性に関するハロッドハンセンの新著」、経済学論究、第19巻4号、1966年
  • 則武保夫、藤田正寛編『現代金融論の新傾向』、国民経済雑誌、第130巻6号、1974年
  • 田中金司先生喜寿記念論文集編集委員会編『現代金融論』、経済学論究、第29巻1号、1975年
  • 「経済学者の三つのタイプ」(柴田敬著『転換期の経済学』書評)、評論、1979年

記念出版[編集]

  • (小寺武四郎博士古希記念出版)内橋吉朗編『金融の理論と実際』、春秋社、1984年

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 学会紹介 : 日本金融学会”. www.jsmeweb.org. 2018年10月5日閲覧。
  2. ^ 関西学院事典
  3. ^ 小寺敬一 (関西学院事典)” (日本語). 2018年10月8日閲覧。

外部リンク[編集]

学職
先代:
武藤誠(事務取扱)
1969年3月-1969年5月
関西学院院長(代行)
1969年5月-1973年4月
次代:
小寺武四郎
1973年4月-1973年9月
先代:
小寺武四郎(代行)
1969年3月-1969年5月
関西学院院長
1973年4月-1973年9月
次代:
玉林憲義(事務取扱)
1973年10月-1974年2月
先代:
古武弥正
1966年-1969年
関西学院大学学長(代行)
1969年-1970年
次代:
小寺武四郎
1970年-1974年
先代:
小寺武四郎(代行)
1969年-1970年
関西学院大学学長
1970年-1974年
次代:
西治辰雄
1974年-1975年
先代:
久保芳和
1975年-1978年
関西学院大学学長
1978年-1981年
次代:
城崎進
1981年-1985年
その他の役職
先代:
館龍一郎
1982年-1988年
日本金融学会会長
1988年-1992年
次代:
花輪俊哉
1992年-1994年