杉原左右一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
杉原 左右一
生誕 1945年????
日本の旗 日本 和歌山県
研究機関 関西学院大学
出身校 関西学院大学
プロジェクト:人物伝

杉原 左右一(すぎはら そういち、1945年 - )は、日本統計学者関西学院大学商学部教授

1945年11月和歌山県に生まれ、まもなく尼崎市に移る。関西学院中学部・高等部を経て1964年関西学院大学理学部入学。物理学科で数学を専攻し1968年に卒業。その後、同大学大学院商学研究科へ進学。統計学を研究し1970年商学修士取得。1973年の博士課程単位取得後、同大学商学部にて専任講師に就任。1977年に助教授、1983年に教授に昇任。1987年には商学博士号取得。同大学にて学生部長(1994年~1996年度)、商学部長(2000~2001年度)、総合教育研究室長(2002~2006年度)、図書館長(2007年度)を歴任し、2008年4月から2011年3月まで関西学院大学学長。同大学卒で初めての理系出身の学長である。

著書[編集]

  • 杉原左右一: 統計学 晃洋書房 ISBN 978-4771013902
  • 杉原左右一: 『時系列の統計的研究』(1984年1月、東洋経済新報社刊) [1]

脚注[編集]

学職
先代:
平松一夫
2002年4月-2008年3月
関西学院大学学長
2008年4月 - 2011年3月
次代:
井上琢智
2011年4月-2014年3月