今田恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

今田 恵(いまだ めぐみ、1894年8月26日 - 1970年11月25日)は、心理学者哲学者、文学博士。関西学院大学名誉教授。関西学院第6代院長。ウィリアム・ジェームズの研究で知られる。山口県佐波郡三田尻村(現・防府市)生まれ[1]。子は今田寛[2]

略歴[編集]

  • 1917年 - 関西学院神学部卒業
  • 1922年 - 東京帝国大学卒業
  • 1922年 - 関西学院専門部文学部教授
  • 1934年 - 関西学院大学法文学部教授
  • 1940年 - 関西学院大学法文学部長
  • 1946年 - 関西学院大学文学部長
  • 1950年 - 関西学院 第6代院長
  • 1954年 - 関西学院 理事長( - 1960年)
  • 1956年 - 文学博士(京都大学 論文 ジエームズ心理学の生成とその根本思想)
  • 1962年 - 定年退職。
  • 1965年 - 関西学院大学名誉教授

著書[編集]

  • 『宗教々育応用児童心理学』(日曜世界社、1933年)
  • 『宗教心理学』(日本メソヂスト日曜学校局、1934年)
  • 『日本メソヂスト宗教教育叢書 第9巻』(日本メソヂスト日曜学校局、1934年)
  • 『学齢期の子供の心理』(新生堂、1934年)(母親教育シリーズ ; 6)
  • 『心理学』(育芳社、1939年)
  • 『宗教心理學』(文川堂書房、1946年)
  • 『婦人の科学的教養』(聖光社、1947年)
  • 『ウィリアム・ジェームズ』(養徳社、1949年)
  • 『アメリカ哲学の源流 : ジェームスとその思想』(養徳社、1951年)
  • 『心理学』(岩波書店、1952年)
  • 『心理学講座 第1-4巻』(中山書店、1954年)日本応用心理学会 編
  • 『ジェームズ心理学 : その生成と根本思想』(弘文堂、1957年)(関西学院大学研究双書 ; 第2篇)
  • 『現代の心理学』(岩波書店、1958年)(岩波全書)
  • 『心理学史』(岩波書店、1962年)
  • 『人間理解と心理学』(創元社、1967年)

訳本[編集]

  • 『ジェームス心理学,ウィリアム・ジェームス 著』(岩波書店、1927年)(心理学名著叢書 ; 1)
  • 『心理学 上巻 ウィリアム・ジェームズ著』(岩波書店、1949年)
  • 『心理学 下巻 ウィリアム・ジェームズ著』(岩波書店、1949年)
  • 『世界大思想全集 哲学・文芸思想篇 ウィリアム・ジェイムズ著』(河出書房、1956年)
  • 『ジェームズ James,William』(河出書房、1956年)
  • 『現代心理学入門 1 : 児童心理学H.マッセン 著』(岩波書店、1966年)
  • 『人格心理学 上G.W.オルポート著』(誠信書房、1968年)
  • 『人格心理学 下G.W.オルポート著』(誠信書房、1968年)
  • 『児童心理学 ポール・H・マッセン著』(岩波書店、1966年)
  • 『人格心理学 下G.W.オルポート著』(誠信書房、1968年)
  • 『児童心理学 ポール・H・マッセン著』(岩波書店、1966年)
  • 『スズメと私 : 愛の記録12年 クレア・キップス 著』(創元社、1970年)

論文[編集]

  • 『基礎心理学-未完』(人文論究、1976年)
  • 『心理学的自伝(今田恵教授退任記念号)』(人文論究、1965年)
  • 『心理学という「科学」』(神學研究、1964年)
  • 『心理学における主体性の消長』(人文論究、1962年)
  • 『no title』(心理学史、1962年)
  • ブランスウィックの「心理学の概念的構成(Egon Brunswik, Conceptual Framework of Psychology)理解のために』(人文論究、1960年)
  • 『宗教と心理学』(神學研究、1959年)
  • 『アウターブリッジ先生年譜』(神學研究、1959年)
  • 『故山本保教授追悼記古武弥正 , 今田恵 , 實方清』(人文論究、1956年)
  • 『ウィリアム・ジェームズの心理學の生成』(人文論究、1956年)
  • 『故志賀勝教授追悼の記(故志賀勝教授追悼號) 今田恵 , 片山正直 , 實方清』(人文論究、1955年)
  • 『人間性の探求 : 心理學的問題として』(人文論究、1954年)
  • 『Recent Psychological Thinking in Japan (Psychology and Education)』(人文論究、1954年)
  • 『心理学遍歴』(人文論究、1954年)
  • 『宗教心理学の新時代 : 私の最初の心理学の先生に献ぐ』(神學研究、1953年)
  • 『行動主義の展開』(人文論究、1952年)
  • 『自殺の心理』(ニューエイジ、1950年)
  • 『宗教とは何か--その心理的背景』(哲学雑誌、1950年)
  • 『態度の心理とその一般心理学的背景』(心理学研究、1949年)
  • 『現代心理学の動向--アメリカ心理学を中心として』(季刊大学、1948年)

脚注[編集]

  1. ^ 関西学院事典
  2. ^ 関西学院事典

参考文献[編集]

  • 大泉溥 編 『日本心理学者事典』 クレス出版、2003年、129頁。ISBN 4-87733-171-9