北沢敬二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北澤 敬二郎(きたざわけいじろう、1889年(明治22年)5月28日 - 1970年(昭和45年)10月25日昭和期の実業家。元住友本社常務理事。大丸元社長・会長。

来歴・人物[編集]

山形県米沢市出身。米沢尋常中学興譲館(現在の山形県立米沢興譲館高等学校)、一高を経て、1914年(大正3年)に東京帝国大学法科大学を卒業後、住友総本店に入社。アメリカプリンストン大学への留学を経て、住友電線支配人、住友倉庫専務、住友生命専務を歴任。1931年(昭和16年)に住友本社常務理事となる。

しかし、敗戦後の1946年(昭和21年)に財閥解体で理事を辞任し、翌1947年(昭和22年)には公職追放の憂き目に遭った。

その後、大丸百貨店の顧問となり、副社長を経て、1950年(昭和25年)に当時・第2代大丸社長の里見純吉の要請で第3代社長に就任。

1954年(昭和29年)に東京駅八重洲に東京店を出店し、京阪神三店舗の増築、香港タイなどの海外出店するなど売上高世界一のデパートへ成長させた。1963年(昭和38年)に会長に就任する。

関西経済連合会設立に尽力したほか、毎日放送、新大阪ホテル(現・リーガロイヤルホテル)などの取締役、関西学院大阪女子学園各理事、懐徳堂記念会理事長、大阪日米協会会長をそれぞれ務めた。

1963年(昭和38年)藍綬褒章1965年(昭和40年)イタリア共和国功労勲章コメンダトーレ、1970年(昭和45年)勲一等瑞宝章を受章。

関連項目[編集]


先代:
里見純吉
大丸社長
第3代:1950年 - 1963年
次代:
井狩彌治郎