渥美健夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渥美 健夫(あつみ たけお 1919年7月24日 - 1993年10月14日)は、日本実業家官僚。元鹿島建設(鹿島)名誉会長。

妻伊都子は元鹿島建設会長鹿島守之助の長女。長男直紀の妻美恵子は元首相中曽根康弘の二女。

来歴・人物[編集]

東京兵庫県人の実業家渥美育郎の長男として生まれる。東京府立一中旧制浦和高校を経て、1943年東京帝国大学法学部政治学科卒業。同年、商工省入省。商工省から経済安定本部、新制・通商産業省を経て1951年、岳父の鹿島守之助に請われ常務として鹿島建設入社。専務、副社長を経て1966年、社長に就任。1978年、会長に。のちに、相談役名誉会長。1993年10月14日死去。享年74。

1991年アジア・西太平洋建設業協会国際連盟に功績を称えられ、「渥美賞」が設けられた。

家族・親族[編集]

系譜[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
00中曽根康弘00
 
 
 
000美智子000
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小林儀一郎
 
蔦子
 
 
 
美恵子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
渥美健夫
 
 
 
渥美直紀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
永富敏夫
 
(永富)鹿島守之助
 
 
伊都子
 
 
 
渥美雅也
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
石川六郎
 
 
 
 
 
 
 
 
(葛西)鹿島精一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
卯女
 
 
ヨシ子
 
 
 
 
 
 
鹿島岩蔵
 
糸子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
平泉渉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三枝子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鹿島昭一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
梁瀬次郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
弘子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
稲山嘉寛
 
稲山孝英
 
 

参考文献[編集]

  • 早川隆 『日本の上流社会と閨閥』 角川書店 1983年 149-152頁
  • 『CD現代日本人名録 物故者編1901-2000』
  • 神一行 『閨閥特権階級の盛衰の系譜角川書店 2002年 290-291頁、297-298頁

外部リンク[編集]

先代:
鹿島守之助
鹿島建設社長
第6代:1966年 - 1978年
次代:
石川六郎
先代:
鹿島卯女
鹿島建設会長
第4代:1978年 - 1984年
次代:
石川六郎
先代:
前田又兵衞
日本建設業団体連合会会長
第3代:1975年 - 1981年
次代:
野地紀一
先代:
竹中錬一
建築業協会理事長
第4代:1968年 - 1975年
次代:
野地紀一